Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

サービス

Cloudera Apache HBase トレーニング

HPE教育サービス

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書

おトクな受講権

HPE Training Credits

一社向け研修

一社向け研修サービス

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HPE認定プロフェッショナル・プログラム

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HPE education world wide

教育サービスサイトマップ

サイトマップ

本社会場で受講しよう!昼食無料、リフレッシュできます
HPE教育サービス ガイド発行しました
HPE教育サービス紹介動画
Training Credits DirectPlusにてオンライン販売中
コンテンツに進む
At a glance
スケジュールと申し込み ビッグデータ研修コース
コースお申込フォーム
コースコード H1L73S
日数(開始時間〜終了時間) 3日間 (9:30〜17:30)
実施方法 ・クラスルーム (新宿LC)
1社研修・オンサイト研修
受講料 268,000円(税抜)

★受講前にアカウントの作成をお願いします!★
このトレーニングではテキストや演習手順書などを電子データ(PDFやファイル形式)で提供します。
そのために事前のアカウント登録が必要となります。
こちらの手順書(PDF)に従って受講日の前の週の木曜日までにアカウント登録をお願いします。
手順書 PDF(1.23 MB)
アカウント情報は、講義初の教材のダウンロードの際に必要です。
登録を使用したメールアドレスとパスワードはお忘れにならないようお願いします。


コースの特徴

  • 日本語で実施いたします。テキスト、演習、認定試験ともに日本語に翻訳済です。

コースの概要

大規模な分散データストアとして注目されるApache HBaseを3日間で学習できるトレーニングコースです。
Apache HBaseはデータの高速な読み書き、大規模にスケールアウトできる特性を持っており、大量のデータの格納とアクセス、それらに対して秒間あたり数10万操作を行うためにApache HBaseは開発されています。

このコースで学習する内容
  • HBaseクラスタのコンポーネント
  • HBaseはいつ使うべきか、使わないべきか
  • HBaseテーブルを直接操作するためにHBaseシェルを使用する方法
  • 効率的なデータストレージとリカバリのために最適なHBaseスキーマを設計するには
  • Java APIを使用してHBaseに接続する方法
  • HBaseのクラスタをどのように設定するか
  • HBaseクラスタをどのように運用するか、パフォーマンスのボトルネックの特定と解決
ハンズオン演習:
知識の構築と講義の確認をするために、コース全体を通してハンズオン演習が用意されています。

前提知識

  • H1L71S Cloudera Apache Hadoop 開発者向けトレーニング
    または既にHadoopのアーキテクチャとAPIに精通しており、基本的なアプリケーションを記述した経験がある方
  • データベースの知識とスキーマ設計の経験があることを推奨しますが必須ではありません。

主な対象者

リアルタイムに大量のデータを格納、アクセスしたいエンジニアおよび管理者

コース目的

このコースを修了すると以下のことができるようになります。:
  • HBaseのインストールと管理
  • クライアントのプログラムを開発

コースの説明

このコースでは以下のトピックを扱います: (内容は変更となる場合がございます)
  • はじめに
  • Hadoop入門
  • HBaseののコンセプト
  • HBaseの管理API
  • HBaseからデータにアクセスする:パート1
  • HBaseからデータにアクセスする:パート2
  • HBaseのアーキテクチャ:パート1
  • HBaseのアーキテクチャ:パート2
  • インストールと設定
  • HBaseでの行キーの設計
  • HBaseでのスキーマの設計
  • HBaseのエコシステム
  • まとめ
※本コースはCloudera社主催コースです。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項