At a glance
スケジュールと申し込み Microsoft University Server製品、その他Server製品関連研修コース スケジュール
コースお申込フォーム
コースコード H0MD2S
日数(開始時間〜終了時間) 2日間 (9:30〜17:30)
実施方法 ・クラスルーム (新宿LC)
受講料 ¥110,000(税抜)

コースの概要

このコースは、オンプレミスに展開されたLync Server 2013とExchange Onlineとの連携によるエンタープライズVoIP環境におけるボイスメール機能を実装する方法を学習します。
このコースの演習では、グローバルIPアドレスや商用CAから発行された電子証明書を使用してOffice 365との接続を行います。また擬似的な電話回線を利用して、外部からの電話着信時のExchange Onlineへのボイスメール ルーティングを体験することができるため実戦的なスキルを効率よく習得することができます。

学習目標

  • Lync Server 2013とExchange Onlineの連携に必要な要素を理解する

前提条件

  • 「マスタリング Lync Server 2013 〜コア テクノロジー編〜」(H9P94S) 受講済みまたは同程度
  • 「マスタリング Lync Server 2013 〜エンタープライズ VoIP編〜」受講済みまたは同程度

主な対象者

  • Microsoft Lync Server 2013とExchange Onlineのハイブリット環境を導入予定のシステム管理者

コースの説明

1. Lync Server コンポーネントの理解
・代表的なサーバーの役割
・自動サインイン
・名前解決


2. Office 365 の初期構成
・サブスクリプションの登録
・カスタムドメインの構成
・DNS の構成


3. Office 365 ユーザーの構成
・Active Directory 同期
・ライセンスの割り当て
・顔写真の構成


4. Lync Server ハイブリッド環境の構成
・DNS の構成
・Lync Server トポロジの構成
・証明書の構成
・エッジサーバーの展開
・リモート ユーザーアクセス


5. リバース プロキシの構成
・Application Request Routing の概要
・サーバー証明書の構成
・リバースプロキシの構成


6. エンタープライズ VoIP の構成
・エンタープライズ VoIP の構成要素
・エンタープライズ VoIP のコンポーネント
・トポロジの構成
・エンタープライズ VoIP の構成


7. Exchange Online UM 連携
・Exchange Online UM の機能概要
・Exchange Online UM の構成要素
・Exchange Online UM と Lync Server 連携


実習/演習/ デモ内容
Lab1. 演習環境のセットアップ
Lab2. Office 365 の初期構成
Lab3. ユーザーの構成
Lab4. Lync Server 2013の構成
Lab5. リバースプロキシの構成
Lab6. エンタープライズ VoIPの構成
Lab7. Exchange Online UMの構成


※本コースはトレノケート株式会社主催コースです。