At a glance
スケジュールと申し込み クラウド/OpenStack®研修コース
コースお申込フォーム
コースコード H0LT0S
日数(開始時間〜終了時間) 2日間 (10:00〜18:00)
実施方法 ・クラスルーム (本社)
受講料 140,000円(税抜)

コースの概要

人気の構成管理ツールAnsibleを使って業務を効率化したい、Ansibleで何が出来るのか詳しく知りたい、という方のためのAnsible入門コースです。
手順書を使った手作業のシステム構築から、スクリプトを使った自動構築へ移行し、いわゆるInfrastructure as Codeを実現できるようになります。

カタログデータシート(PDF:122KB)

前提知識

Linuxコマンドラインの基本操作(テキストエディタの使用も含む)ができること。
もしくは、 UNIX/Linuxユーザ基礎かLinuxシステム管理受講程度。
Ansibleの知識は不要です。

主な対象者

  • Ansibleを使って業務の効率化を図りたい方
  • Ansibleで何が可能になるのかを知りたい方

コースの目的

構成管理ツールAnsibleで何が出来るのかを理解する。 Ansibleの動作原理を理解する。
Ansible使った業務効率化が出来るようになる。

■システム環境
CentOS 7
Ansible 2.2

コースの説明

コースの改善、品質向上のため、内容は予告無く変更されることがあります。

1. Ansibleの概要
  • 構成管理とInfrastructure as Codeについて
  • Ansibleとは
  • Ansibleの基本機能
  • Ansibleのユースケース
2.Ansibleの基礎
  • Ansibleの構成要素
  • Ansibleインストール
  • ターゲットノードの準備
  • Ansible(アドホック)コマンドによる実装
3.プレイブックの文法
  • インベントリの基礎
    • ホストのグループ化
    • インベントリ変数のファイル分割
  • Playbookの基礎
    • YAMLについて
    • Playbookの文法(変数,条件判断やループなどディレクティブの取り扱い)
    • Jinja2 Templateについて
4.Linux初期セットアップの自動化
  • OSの初期設定
    • パッケージ管理
    • ユーザー管理
    • リゾルバ管理
  • ロールの概要
    • OS初期設定のロール化
5.アプリケーションデプロイメント
  • ロールを使用したアプリケーション(Nginx / Mysql / Application)のデプロイと設定
  • アプリケーションの運用
6.Ansibleの活用
  • クラウドAPIの利用
  • AnsibleのTIPS