Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

サービス

コース詳細

HPE教育サービス

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書

おトクな受講権

HPE Training Credits

一社向け研修

一社向け研修サービス

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HPE認定プロフェッショナル・プログラム

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HPE education world wide

教育サービスサイトマップ

サイトマップ

本社会場で受講しよう!昼食無料、リフレッシュできます
HPE教育サービス ガイド発行しました
HPE教育サービス紹介動画
Training Credits DirectPlusにてオンライン販売中
コンテンツに進む
コースコード コース名
H0AJ6S
実用構成で学ぶ!ルータ/スイッチ基礎 〜演習で身に付く小規模ネットワーク構築〜
日数   受講料
3日間( 9:30 〜 17:30 ) ¥180,000(税抜)
カテゴリ名  
ネットワーク研修コース
スケジュール
スケジュール表はこちらから
≫ コースお申込フォームへ
概要
このコースでは、初期設定状態のルータとスイッチの実機を目の前に用意して、ケーブル接続、VLANの設定、擬似インターネットへの接続、さらには冗長構成というように、徐々に構成を高度にしながら企業ネットワークを構築していきます。
講義と演習を交互に行い、座学の内容をすぐに実機演習で確認できるため、実務に役立つスキルを着実に身につける事ができます。
ネットワークの構築・運用・設計をされる方はもちろん、ネットワークに関連するソフトウェア開発やサーバ構築を行う方にとっても、スイッチ・ルータを用いたネットワーク全般を体系的に学習していただくことができるコースです。

このコースを終了すると以下のことができるようになります。
  • 社内ネットワークを構築する
    • VLANの用途を説明できる
    • レイヤ3スイッチを使用したVLAN間ルーティングを設定できる
    • ルーティングテーブルを読み、内容を説明できる

  • インターネットと接続するためのネットワークを構築する
    • スタティックルーティングの設定ができる
    • NATの仕組みを理解し、設定ができる
    • パケットフィルタリングの仕組みを理解し、設定ができる

  • 冗長化ネットワークを構築する
    • RIPの動作を説明できる
    • OSPFの動作を説明でき、設定・確認ができる
    • VRRP/HSRPの動作を説明でき、設定・確認ができる
    • スパニングツリーの必要性、動作が説明でき、パラメータの設定ができる
    • 802.1D/802.1wの相違を理解し、適用できる
    • リンクアグリゲーションの仕組みを説明し、設定できる
前提条件
・「コンピュータネットワーク技術」コースを受講済みと同程度
・ネットワーク機器およびTCP/IPに関する基礎知識 (レイヤ2スイッチ・ルータの違いを説明できる、172.16.1.2/24 の意味を説明できる)
対象者
  • ネットワーク技術者
    • 前提コースを受講済みで実機構築をしてステップアップしたい方
    • CCNA/CCNPを全部学習するほど時間が取れないので、最低限必要な内容を効率よく学習したい方

  • サーバ管理者
    • サーバ仮想化環境でVLANやレイヤ2スイッチの知識が必要になったが、まずはベーシックな構成がどのようなものかを実機で学習したい方

  • 社内IT担当者
    • 企業用ネットワークの基本構成を知りたい方
コース内容
  1. ネットワーク機器の概要
     - ネットワークの利用例
     - ネットワーク機器の機能

  2. レイヤ2スイッチ
     - MACアドレステーブルの学習
     - VLAN

  3. VLAN間ルーティング
     - IEEE802.1Qタグ
     - レイヤ3スイッチを使用したVLAN間ルーティング

  4. インターネットとの接続とスタティックルーティング
     - スタティックルーティング
     - ダイナミックルーティング
     - スタティックルーングとダイナミックルーティングの併用

  5. NAT
     - スタティックNAT
     - NAPT(IPマスカレード)

  6. セキュリティ
     -パケットフィルタリング
     -ステートフルインスペクション

  7. ダイナミックルーティング(RIP/OSPF)
     - RIPによるルーティングテーブルの作成

     - OSPFによるルーティングテーブルの作成
     - OSPFネイバー
     - OSPFのメトリック
     - OSPFエリア

  8. デフォルトゲートウェイの冗長化(VRRP/HSRP)
     - VRRP/HSRPの概要
     - Masterルータ /Activeルータの選出
     - 正常時の通信と 障害時の切り替わり

  9. スパニングツリー
     - スパニングツリー(STP) (IEEE802.1D)
     - ブロックポート選出の仕組み
     - ラピッドスパニングツリー(RSTP)(IEEE802.1w)

  10. リンクアグリゲーション

  11. 仮想スイッチ

    実習/演習内容詳細
    ・ソフトウェア/ハードウェア
       シスコシステムズ社のルータ・スイッチ
       ISR1921 1台
       Catalyst 3560 2台
       Catalyst 2960 1台
       ※2人1Pod(上記4台)で演習を行います。

    実習/演習/ デモ内容
       Lab1. コンソールアクセスの方法とCisco IOSの基本操作
       Lab2. VLAN
       Lab3. VLAN間ルーティング
       Lab4. 疑似インターネットへの接続とスタティックルーティング
       Lab5. NAT
       Lab6. セキュリティ
       Lab7. OSPF
       Lab8. HSRP
       Lab9. STP/RSTP
       Lab10. リンクアグリゲーション(オプション演習)

※本コースはトレノケート株式会社主催コースです。

>>TOPへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項