Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ

サービス

コース詳細

HPE教育サービス

キャンペーン情報

キャンペーン一覧

定期コース

全コース一覧
製品別コースフロー
コーススケジュール
取得可能資格一覧
カタログデータシート
コースお申込
受講規定
お取引条件書

おトクな受講権

HPE Training Credits

一社向け研修

一社向け研修サービス

eラーニングソリューション

e-ラーニング・サービス

会場案内

よくあるご質問(FAQ)

認定試験

HPE認定プロフェッショナル・プログラム

パートナー関連サイト

イベント・セミナー情報

HPE education world wide

教育サービスサイトマップ

サイトマップ

本社会場で受講しよう!昼食無料、リフレッシュできます
HPE教育サービス ガイド発行しました
HPE教育サービス紹介動画
Training Credits DirectPlusにてオンライン販売中
コンテンツに進む
コースコード コース名
H0AC0S LM リーダーシップマネジメント
メンバーの充実感と生産性を高めるリーダーシップスキル
日数   受講料
2日間( 9:00 〜 18:00 ) ¥98,000(税抜)
カテゴリ名  
プロフェッショナルスキル研修コース
スケジュール
スケジュール表はこちらから
≫ コースお申込フォームへ
概要
グローバル規模での厳しい競争や急速に変化するビジネス環境の中でパフォーマンスの追及に精一杯で、望まれる人材の育成や必要とされる組織内・組織間の連携などが思うように進まず、閉塞感が強くなってきている、という企業や組織が増えてきているのではないでしょうか?
その中で中間管理職や、その部下も疲弊してきている、ということはありませんか?
持続的成長を遂げている企業の多くは、『働き甲斐のある会社』と社員から評価されています。『働き甲斐のある会社』で働く社員は、『会 社とマネジメントを信頼し、自分の仕事に自信と誇りを持ち、一緒に働いている人たちとの連帯感を強く感じている』とも言われています。「LM:リーダーシップ・マネジメント」では、部下が主体的かつ自主的に仕事に取り組み、仕事上の成果と仕事から得る満足感や充実感を高める(その結果、自分の仕事に自信と誇りを持つ)ために欠くことのできないリーダーシップの概念やスキルを体系的に修得していきます。また、部下一人ひとりがいきいきと仕事に取り組み、他のメンバーとの連帯感が感じられる職場を作るための概念やスキルについても学習します。
前提条件
事前調査:「LS リーダーシップ調査」
次の2点の調査結果から参加者のリーダーシップ発揮度合を把握します。結果はコース中に、参加者に直接渡されます。
● リーダーシップの5要素
● 部門の満足度
対象者
管理者・部門責任者
コース内容
  1. オリエンテーション
    • プログラムの目的、進め方、期待成果の共有を行なう。また、管理者の在り方の考察や異なる部下への接し方による結果の違いの検討を行ない、管理者として目指すべき姿やプログラムのキーワードを理解する

  2. リーダーシップ
    • 周囲で起きている環境の変化とそれにより管理者が受ける影響、管理者が注意を傾注すべき2つの部下や部門の生産性の軸と充実感の軸)、さらに自発性の高いメンバーから構成される「生産性との高い職場作りに有効なリーダーシップの5要素について理解する(事前調査結果返却)

  3. 企業目的
    • 企業目的が果たす役割や企業目的と整合性のとれた部門目的や部門ビジョンの共有の重要性を理解したうえで、演習を通じて部門目的や部門ビジョンの作成を体験し、その手順を理解する

  4. 目標
    • 目的を追求するには具体的な目標が必要になる。ここでは目標が果たす役割や良い目標の基準、目標の達成に不可欠な指標とその基準などについて確認する

  5. 言動管理
    • 部下の動機付けを効果的に行なうための言動マネジメントと、そのメカニズムや活用方法を演習を通じて学ぶ

  6. フィードバック
    • 意味ある「フィードバック」を与えることの重要性を理解すると同時に、短い時間の中でも望ましい言動に対して部下の自覚を促し、部下自らが望ましい言動の維持・強化に努めるよう促すためのフィードバックや望ましくない言動を自覚させ、部下自らがその改善にあたることを援助するためのフィードバックのスキルについて修得する

  7. 支援
    • 適切な支援を与えることの重要性と、部下のパフォーマンスの障害を分析し、その障害を取り除くためのスキルを修得する。また部下の行動変容を促すために部下の行動の「帰結のバランス」を変更する手法を修得する

  8. 奨励
    • 部下の努力に対する正当な評価として、意味のある奨励を効果的に与えることの重要性を理解し、そのためのスキルを修得する

  9. 行動計画
    • このプログラムを通じて学んだ知識・スキルを職場で実践・適用するための行動計画を立てる

※本コースはウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社主催コースです。

このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項