アナリストホワイトペーパー
概要:

「サービスとしてのオンプレミス」(オンプレミスのキャパシティオンデマンド) は、組織のIT利用に対するアプローチを改善するのに最適であると、IDCが報告しています。
このサービスは、データセンターでクラウドと同等のアジリティと簡素化を実現するとともに、IT部門がデジタルビジネスの実現に向けて自己改革できるようにします。資本支出モデルから変更可能なコスト構造に移行できるほか、利用状況/成長に応じた支払い機能を利用してIT as a Serviceを提供できるなどのメリットがあります。
全体としては、LOBにパブリッククラウドと同等の環境を提供しながら、制御することができます。IDCは新しいIDC Technology Spotlight: 『デジタルビジネスのイノベーションに最適な「as-a-Service」IT利用モデル (英語)』において、デジタルビジネスへのITトランスフォーメーションを促進するという点で、こうしたアプローチ、具体的にはHPEフレキシブルキャパシティサービスの価値を分析しています。