Jump to content 日本-日本語

ソフトウェア  >  セキュリティ

サイボウズのクラウドサービス基盤
「cybozu.com」との認証連携方法

IceWall ソフトウェア

認証技術開発センター・
認証コンサルティング
サポート
導入サービス
お客様事例
技術レポート
カタログ
デモセンター
IceWallニュース
お問い合わせ
IceWall製品サイト一覧
IceWall ソフトウェア
IceWall SSO
IceWall MFA
IceWall Identity Manager
IceWall Federation
IceWall MCRP
IceWall Remote Configuration Manager
IceWall QFS
   
IceWall サイトマップ
English
IceWall SSO(English)
IceWall Federation(English)
IceWall Remote Configuration Manager(English)
日本ヒューレット・パッカード セキュリティページ
日本ヒューレット・パッカード メールニュース
サイトマップ
Webからのお問い合わせ、資料ダウンロードはこちら
※IceWall SSO は株式会社SCCとの共同開発製品です。
コンテンツに進む

はじめに

本レポートでは、サイボウズのクラウドサービス基盤である「cybozu.com」とHP IceWall SSOとの認証連携方法と、その検証結果に関して記述します。

cybozu.comとは?

cybozu.comはグループウェア/コラボレーションソフトを開発・販売するサイボウズ株式会社の提供するクラウドサービス基盤です。情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を構築し、クラウドサービス基盤(サーバー及びOS)の運用について、ISO/IEC 27001:2005 の認証を取得しています。(認証番号:IS 577142 認証登録日:2011/11/10)

cybozu.comの特徴

すぐにつかえる
お申し込み後、すぐに利用が開始できます。
お申し込みから最短5分でお客様専用の環境を用意し、必要な時にすぐに利用開始できます。 また、各サービスの画面は社員全員が使えるように設計されており、導入したその日から運用開始することが可能です。

モバイル対応
複雑なネットワーク設定や追加料金なしで、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末からの接続を行えます。スマートフォン向けには、専用アプリケーション「サイボウズ KUNAI」を用意。快適な操作性で、スケジュールやワークフロー機能を利用できます。

安心のクラウドサービス
常に最新バージョンのサービスをサイボウズが管理するデータセンターでご利用いただけます。バックアップや障害対応など、サーバーの運用作業は不要です。バックアップや冗長化をデータセンターに任せることで、データ消失などのリスクも低減できます。

cybozu.com でSAMLの認証連携ができるメリット

業務用のアプリケーションが社内に複数存在する場合、シングルサインオンを導入することがあります。近年クラウドサービスが普及し、社内環境と社外にあるクラウド環境といったようにネットワークをまたぐ複数の環境を利用することが増えています。

「cybozu.com」の提供するグループウェア機能は、企業内の情報系システムの入り口として利用頻度が高く、認証を簡略化させることによって利用促進を図ることができます。
SAMLはB2Bサービスにおける認証技術のデファクトスタンダードとなっています。SAMLをサポートすることで、上述のような社内とcybozu.comとのシングルサインオンを実現することができると同時に、多様なサービスとのシングルサインオンを可能にしています。

SAMLとは?

Security Assertion Markup Language (SAML) とは、異なるセキュリティドメイン間で認証情報を連携するための、XMLベースの標準仕様です。SAML認証を設定すると、社内のIdentity Provider(IdP)に登録されたユーザーアカウントで、cybozu.comにシングルサインオン(SSO)できます。 cybozu.comはSAML 2.0に対応し、Service Provider(SP)として動作します。

ここではSAML認証を使用したSSOの流れ、およびcybozu.comの設定手順を説明します。

本ページでは、構築済みのIdPとしてHP Ice Wall SSO とcybozu.comをSAML認証で連携する方法を説明します。

SAML認証を使用したSSOの流れ

SAML認証を有効にすると、cybozu.comはSP InitiatedなSSOを行います。

SAMLリクエストとSAMLレスポンスには、次のバインディングを使用します。
SAMLリクエスト:HTTP Redirect Binding
SAMLレスポンス:HTTP POST Binding

cybozu.comがユーザーを認証する流れは、次のとおりです。
  1. ユーザーがcybozu.comにアクセスする。
  2. cybozu.comがSAMLリクエストを生成する。
  3. ユーザーが、SPからSAMLリクエストを受け取る。
  4. IdPがユーザーを認証する。
  5. IdPがSAMLレスポンスを生成する。
  6. ユーザーが、IdPからSAMLレスポンスを受け取る。
  7. cybozu.comがSAMLレスポンスを受け取り、検証する。
  8. SAMLレスポンスの内容に問題がない場合は、ユーザーがcybozu.comにログインした状態になる。

Identity Providerとcybozu.comをSAML認証で連携する

IdPとcybozu.comをSAML認証で連携するには、IdPとcybozu.comの両方で設定を行います。

IdPにcybozu.comを登録する
cybozu.comをSPとして設定するため、IdPに次の情報を登録します。
IdPとなるHP IceWall Federationでの設定方法は後述しますが、ここでは登録に必要な情報を記述します。
  • cybozu.comのエンドポイントURL:https://(お客様が指定したドメイン名).cybozu.com/saml/acs
  • エンティティID:https://(お客様が指定したドメイン名).cybozu.com
    URLの最後に"/"(スラッシュ)をつけないでください。
  • ユーザーを識別する要素:NameID
cybozu.comをSPとして登録する際に、メタデータファイルを使用することもできます。
メタデータファイルを入手するには、「cybozu.com共通管理」の「ログインのセキュリティ設定」画面で「SAML認証を有効にする」を選択し、[Service Providerメタデータのダウンロード」をクリックします。


■cybozu.comでSAML認証を設定する

cybozu.comでSAML認証を有効化し、IdPの情報を設定します。

手順:
  1. 「cybozu.com共通管理」画面の「セキュリティ」の[ログイン]をクリックします。
  2. 「SAML認証を有効にする」を選択します。
  3. 必要な項目を設定します。
    • Identity ProviderのSSOエンドポイントURL(HTTP-Redirect) SAMLリクエストの送信先を設定します。
    • cybozu.comからのログアウト後に遷移するURL cybozu.comからログアウトした後に表示される、IdPのURLを設定します。
    • Identity Providerが署名に使用する公開鍵の証明書
      RSAかDSAのアルゴリズムで生成された、公開鍵の証明書ファイルを添付します。
      X.509形式の証明書のみ利用できます。
  4. [保存]をクリックします。
  5. SAML認証を使用してログインするユーザーのログイン名を確認します。 cybozu.comのユーザーのログイン名に、NameIDに関連付けた値が登録されているかどうかを確認します。
  6. SAML認証を使用してcybozu.comにSSOできるかどうかを確認します。 次の操作ができれば、設定は完了です。
    • cybozu.comにアクセスすると、IdPの認証に成功し、ログイン後の画面が表示される。
    • ログイン後の画面で、右上のユーザー名 > [ログアウト]の順にクリックすると、正常にログアウトできる。
■HP IceWall Federation を設定する

IdP側として、HP IceWall SSOのバックエンドに配置したHP IceWall Federationで、cybozu.comの情報を設定します。

事前準備:
「HP IceWall Federation Version 3.0 導入ガイド」に従って、IWFA 連携モジュールが導入されているものとします。

手順:
「HP IceWall Federation Version 3.0ユーザーズマニュアル」に従って、必要な項目を設定します。 以下の設定例では、HP IceWall SSOにログインするユーザーのログイン名をNameIDにて、cybozu.comのユーザーのログイン名と関連付けるようにしています。

環境に応じて、IWFA 連携モジュール設定ファイル(iwidp.conf)の以下の値を編集します。 詳細については「HP IceWall Federation Version 3.0 リファレンスマニュアル」を参照してください。

Identity ProviderのエンティティIDを設定します。
ISSUER= https://(IceWall Federationのドメイン名)
例:https://sso.yourcompany.com

Service ProviderのエンティティIDを設定します。
SP_ENTITY_ID=https://(お客様が指定したドメイン名).cybozu.com
URLの最後に"/"(スラッシュ)をつけないでください。

Service ProviderのSSOエンドポイントURL(HTTP-POST) SAMLレスポンスの送信先を設定します。 ACS_URL= https://(お客様が指定したドメイン名).cybozu.com/saml/acs


■アクセス方法

ユーザーがHP IceWall SSOにログインしていない状態でcybozu.comにアクセスする場合、 https://(お客様が指定したドメイン名).cybozu.com/ にアクセスすると自動的にHP IceWall SSOのログイン画面が表示されます。ログイン・パスワードを入力して認証が完了すると自動的にcybozu.comの画面に移行し、サービスを利用することができます。
ユーザーが先に他のアプリケーションを使用していて、HP IceWall SSOへのログインが完了している状態でcybozu.comにアクセスすると、ログイン画面が表示せずにそのままcybozu.comを使用できます。

cybozu.comに関するお問い合わせ

サイボウズ株式会社 インフォメーションセンター
contactus@cybozu.co.jp

HP IceWall Federation の設定方法やHP IceWall SSOについてのお問い合わせはこちらをご覧ください。
≫ HP IceWall ソフトウェア ソリューション連携一覧ページへ
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項