IceWall MFAとは

IceWall MFAは、アプリケーションやクラウドサービスを改修せずに、 多要素認証*(Multi Factor Authentication)で認証を強化できるソリューションです。

* 2つの要素で認証を行う場合は「2要素認証」とも呼ばれます。

1.種々の標準化された認証方式に対応
FIDO*1準拠の認証デバイス
「FIDO U2F セキュリティキー」等の標準デバイスが使用可能
ワンタイムパスワード
OATH準拠*2のHW/SWトークンが使用可能
統合Windows認証
Windowsドメインにログインしているクライアントからの認証を統合します。
その他、認証プラグインモジュールの追加で各種認証方式に対応可能
*1 FIDO=Fast IDentity Online。業界団体"FIDO Alliance"が、新たに策定しようと進めている、生体認証などを利用したパスワードに替わる新しいオンライン認証の標準規格です。
*2 OATH=Open AuTHentication。主にワンタイムパスワードで利用されるオープンな認証仕様です。 従来のOTPソリューション/トークンの多くが各ベンダー特有のアルゴリズムに依存するのに対し、OATH対応のトークンは多様なベンダーから選択が可能です。
2.アプリケーションの改修を行うことなく、Webシステムを容易に多要素認証化

IceWall MFAがWebアプリやクラウドサービスへのログインを代行します。 Webアプリやクラウドサービスの改修は不要なので、 広い範囲のWebアプリやクラウドサービスを容易に多要素認証化することができます。


3.各システムの用途に応じて認証ポリシーを調整可能

各アプリの認証要件に応じて複数の認証方法の組合せを選択可能です。


企業システムの認証に関する様々な課題を解決

リモートアクセス(VPN, VDI)の認証セキュリティ強化に!

外部からの攻撃にさらされやすく、パスワードだけだと脆弱なリモートアクセスシステムも IceWall MFAによる認証強化で不正侵入をブロック可能です。


クラウド利用時の認証強化に!

ベンダー側の仕様によって認証の強度が決まってしまうクラウドサービスも、 IceWall MFAなら企業のポリシーに従った認証ポリシーの設定が可能です。


様々な重要データを扱うシステムの認証強化に!

FinTech, マイナンバー, J-SOXを見据えたシステムなど、様々な重要データを 扱うシステムを、アプリ改変することなく認証強化できます。


種々の3rd Party 認証方式との容易な連携
~プラグイン仕様公開によるパートナーエコシステム

テクノロジーパートナー各社が提供する様々な認証方式と、プラグインによって容易に連携可能
  • テクノロジーパートナー各社が提供する各種認証方式とIceWall MFAを連携させるための“プラグイン”仕様を公開します。
  • テクノロジーパートナーは、公開された仕様に基づいて プラグイン ソフトウェアを開発すれば、自社の独自認証を IceWall MFAの認証方式として利用可能です。
  • 種々の認証方式を統合可能な「認証プラットフォーム」として利用可能です。

 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-268-186(日本ヒューレット・パッカード カスタマー・インフォメーションセンター)
03-5749-8279(携帯電話・PHSから)

受付時間: 月曜日~金曜日 9:00-19:00
土曜日 10:00-17:00
(日曜、祝祭日、5月1日、年末年始など日本ヒューレット・パッカードの休業日を除く)


本フォームは法人のお客様のみを対象とさせていただいております。フリーメールご入力によるお申し込みはお断りしております。


  • 製品資料のご請求
  • 製品説明のご依頼
  • 評価版お貸出のご依頼
  • お見積のご依頼 お見積ご希望の場合、ヒアリングが必要なため数営業日以内に電話等でコンタクトを取らせていただきます。

本フォームを送信いただいた方全員に、自動返信メールにてPDF版のダウンロードURLをご案内いたします。