Jump to content 日本-日本語

ソフトウェア  >  セキュリティ

HP IceWall Identity Manager

HP IceWall Identity Managerとは > 求められているアイデンティティ・マネージメント

IceWall Identity Manager

IceWall Identity Managerとは
IceWall Identity Managerとは
特長
機能
製品諸元
基本構成図
動作環境
参考価格
関連情報
サポート
導入サービス
技術レポート
IceWallニュース
デモセンター
カタログ
認証技術開発センター・
  認証コンサルティング
関連製品
IceWall ソフトウェア
IceWall SSO
IceWall MFA
IceWall Federation
IceWall MCRP
IceWall Remote Configuration Manager
IceWall QFS
お問い合わせ・資料請求
お問い合わせ
お見積もり・資料請求
パートナー一覧
IceWallサイトマップ
日本ヒューレット・パッカード セキュリティページ
日本ヒューレット・パッカード メールニュース
サイトマップ
Webからのお問い合わせ、資料ダウンロードはこちら
※IceWall SSO は株式会社SCCとの共同開発製品です。
コンテンツに進む
( Last Update : 2008.05.12)

求められている
アイデンティティ・
マネージメント

≫ Identity Manager
とは

≫ 特長

≫ 機能

  情報漏洩対策、内部統制、コンプライアンス対応、ITの運用統合化により、ID管理は、見直されてきています。
利便性の高いWebアプリケーションによって業務効率が向上する一方、アプリケーションの数は急激に増加しています。
そのため各アプリケーションや業務で管理されているID管理を統合化し、パスワードの同期やIDの追加・削除を一元的に行う必要があり、早急かつ効率的に統合管理インフラを構築することが求められます。
効率的なID管理を実現するためには、認証基盤で管理しているレポジトリを軸に構築するのがもっとも効率的です。

認証基盤を軸としたID管理

  認証基盤配下の「1つの認証データベース」に認証情報及びユーザ属性を整理・統合することにより、効率的なID管理を実現できます。

認証基盤を軸としたID管理

統合認証DBを一部DBとのみ連携設定を行なうことで、効率的なID管理を実現できます。

認証基盤のない管理

全てのアプリケーション毎に連携設定が必要です。
このような管理ではアプリケーション毎にバラバラのアクセスコントロールで、監査証跡が取れません。また管理コストもかかります。
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項