日本-日本語

製品 >  HP Integrity サーバー >  OpenVMS

HP OpenVMS Common Internet File System

Windowsドメインとの統合環境を実現

HP OpenVMS Common Internet File System (CIFS) based on Samba

» 日本語ドキュメント 
» HP OpenVMS CIFS V1.2 ECO1 のダウンロード 
» CRTL ECO キットのダウンロード 
» 日本語ファイル名サポートパッチキットのダウンロード 
» Advance Server for OpenVMS からの移行 
» HP OpenVMS CIFS FAQ - よくあるご質問 
HP OpenVMS Common Internet File System (CIFS) は、 OpenVMS と Windows クライアントとの間で ファイル機能と印刷機能をシームレスに相互運用可能な環境を実現します。

OpenVMS CIFS のファイル・サービスおよびプリント・サービスは、 Samba.org のオープンソース・ソフトウェアである Samba をベースにしています。 OpenVMS Alpha および OpenVMS Integrity プラットフォーム上で動作し、 Linux や UNIX 環境で動作する Samba と同等の機能を提供します。

OpenVMS CIFS V1.2 は、OpenVMS Integrity/Alpha V8.3 以上をサポートします。 また、クライアントとしてWindows 2000 以降をサポートします。

OpenVMS CIFS は、ホスト・サーバー上で動作する業界標準のTCP/IPプロトコルを利用します。これにより、 OpenVMS ホスト・システムが Microsoft Windows クライアントあるいはサーバーと通信して、 リモートでのプリント・サービス、ファイル・サービス、および認証サービスを提供することができます。 CIFS により、複数のコンピュータが同時にリモート・アクセスすることが可能です。 CIFS は、Microsoft Windows の ファイル・アクセスおよびプリンター・アクセスのための SMB (Server Message Block) プロトコルを使用してTCP/IP上で動作します。

なお、CIFS と同様の機能を提供する製品として Advanced Server for OpenVMS がリリースされていますが、この製品を OpenVMS Integrity へポーティングする計画はありません。 OpenVMS Alpha 用の Advanced Server は引き続きサポートされます。

最新情報

HP CIFS V1.2 ECO1

HP OpenVMS CIFS V1.2 ECO1 は Samba V3.0.28a をベースに機能の追加、バグの修正、 PDC マイグレーションサポートおよび改善が行われています。

HP OpenVMS CIFS の機能全般については 『HP OpenVMS CIFS ソフトウェア仕様書』 を、 また HP OpenVMS CIFS V1.2 ECO1 で提供する新機能については、 『HP OpenVMS CIFS V1.2 ECO1 リリース・ノート』 を参照してください。

日本語ドキュメント

HP OpenVMS Common Internet File System V1.2 ECO1 日本語ドキュメント

HP OpenVMS CIFS V1.2 ソフトウェア仕様書   PDF
HP OpenVMS CIFS V1.2 ECO1 リリース・ノート HTML PDF
HP OpenVMS CIFS V1.2 ECO1 管理者ガイド HTML PDF
HP OpenVMS CIFS V1.2 移行ガイド HTML PDF

 

HP CIFS V1.2 ECO1 キットのダウンロード

HP OpenVMS CIFS V1.2 ECO1 のキットは、OpenVMS Integrity の OE Update メディア、あるいは OpenVMS Alpha の Software Product Library のメディアに含まれていますが、下記からダウンロードすることも可能です。 また、最新のパッチも下記のダウンロードサイトから入手可能です。

なお、ECO1 キットはフルキット(V1.2キットの差し替え)です。 ECO1 キットのインストールに際して、V1.2 のインストールは必要ありません。

ダウンロードサイトの下の方に Alpha用とIntegrity用の CIFS Patch がありますので、ご利用のシステムの方をダウンロードしてください。

» HP OpenVMS CIFS V1.2 ECO1 キット・ダウンロード USサイト


OpenVMS CIFS V1.2 ECO1 は、 OpenVMS Integrity/Alpha V8.3 以降でサポートされます。

インストレーション手順については、『HP CIFS 管理者ガイド』 を参照してください。 また、パッチは必須ですので、ECO1キットをインストールした後に適用してください。


CRTL ECO キットのインストール

OpenVMS CIFS V1.2 ECO1 をインストールする前に、OpenVMS の CRTL (C ランタイムライブラリ) の ECO キットのインストールが必要です。

CRTL の ECOキット(もしくは UPDATE ECOキットに含まれています)は、HPE Support Center の[パッチ管理]からダウンロードしてください。

»  HPE Support Center

パッチ管理 (Patch management) から OpenVMS を選択し、 CRTL の ECO キット (ACRTL) を選択してダウンロードします。 必要なパッチキットの詳細は、『HP OpenVMS CIFS V1.2 ECO1 リリース・ノート』を参照してください。

なお、CRTL の ECO キットは現在リリースされている最新の累積パッチ (UPDATE Consolidated Patch Kit) に含まれていますので、こちらをインストールしてもかまいません。 つまり、OpenVMS の最新パッチが適用されている環境であれば、CRTL ECO キットのインストールは必要ありません。


日本語ファイル名のサポートについて

日本語ファイル名を正しく処理できない場合があり、パッチが提供されています。

このパッチは CIFS V1.2 ECO1 用のパッチキット PS002 に含まれており、 上記の CIFS V1.2 ECO1 キットのダウンロードサイトの Download Patches for Alpha and Integrity Servers のセクション からダウンロード可能です。このパッチは必須ですので、ECO1キットをインストールした後に適用してください。


LDAP を利用した外部認証について

ACME LDAP を利用すると、OpenVMS システムと Windows システムが混在するネットワーク環境で、 LDAP に準拠したディレクトリサーバーによる外部認証が可能になります。 詳細は ACME LDAP の製品情報を参照してください。

 

Advanced Server から CIFS への移行ツール

HP OpenVMS CIFS Version 1.2 Migration Kit は、 同じノード内あるいは異なるノード間でHP Advanced Server for OpenVMS (Advanced Server) 環境から HP OpenVMS CIFS 環境へデータを移行するのに利用します。 Advanced Server がメンバーサーバーあるいはプライマリ・ドメインコントローラ (PDC) として構成されている場合にデータを移行できます。

移行可能なデータについては、『HP OpenVMS CIFS 移行ガイド』 を参照してください。

移行ツールは下記からダウンロード可能です。

» HP OpenVMS CIFS V1.2 Migration Kit ダウンロード USサイト
   (ダウンロードの際に、ライセンス同意書の確認とユーザー登録が必要です。)

移行ツールのインストール方法については 『HP OpenVMS CIFS Version 1.2 移行ガイド』 を参照してください。


その他の情報

» CIFS FAQ - よくあるご質問
» CIFS USサイト USサイト
» Samba.org 最新情報 USサイト

 

プライバシー ご利用条件・免責事項