日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:移行プロセスの概要
第 2 章:移行方法の選択
第 3 章:アプリケーションの移行
第 4 章:再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章:ページサイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章:共用データの整合性の維持
第 7 章:アプリケーションデータ宣言の移植性の確認
第 8 章:アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章:OpenVMS I64コンパイラ
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS VAX から OpenVMS I64 への
アプリケーションの移行


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 移行プロセスの概要
第 2 章 移行方法の選択
第 3 章 アプリケーションの移行
第 4 章 再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章 ページ・サイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章 共用データの整合性の維持
第 7 章 アプリケーション・データ宣言の移植性の確認
第 8 章 アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章 OpenVMS I64 コンパイラ
付録 A アプリケーション評価チェックリスト
  用語集
  索引
 
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 移行プロセスの概要
     1.1     VAX システムと I64 システムの互換性
     1.2     ユーザ作成デバイス・ドライバ
     1.3     移行プロセス
     1.4     移行の手段
     1.5     弊社から提供される移行サポート
         1.5.1         移行評価サービス
         1.5.2         アプリケーション移行の詳細分析と設計サービス
         1.5.3         システム移行の詳細分析および設計サービス
         1.5.4         アプリケーション移行サービス
         1.5.5         システム移行サービス
第 2 章
2 移行方法の選択
     2.1     移行のための棚卸し
     2.2     移行方法の選択
     2.3     どの移行方法が可能か?
     2.4     再コンパイルするかトランスレートするかの判断
         2.4.1         アプリケーションのトランスレート
         2.4.2         ネイティブ・イメージとトランスレートされたイメージの混在
     2.5     再コンパイルに影響を与えるコーディングの様式
         2.5.1         VAX MACRO アセンブリ言語
         2.5.2         特権コード
         2.5.3         VAX アーキテクチャ固有の機能
     2.6     アプリケーションで VAX アーキテクチャに依存する部分の識別
         2.6.1         データ・アラインメント
         2.6.2         浮動小数点演算
         2.6.3         データ型
         2.6.4         データへの共用アクセス
         2.6.5         ページ・サイズに関する検討
         2.6.6         マルチプロセッサ・システムでの読み取り/書き込み操作の順序
         2.6.7         VAX プロシージャ呼び出し規則への明示的な依存
         2.6.8         VAX の例外処理メカニズムへの明示的な依存
             2.6.8.1             動的な条件ハンドラの設定
             2.6.8.2             シグナル・アレイとメカニズム・アレイ内のデータのアクセス
         2.6.9         VAX AST パラメータ・リストの変更
         2.6.10         VAX 命令の形式と動作への明示的な依存
         2.6.11         VAX 命令の実行時作成
     2.7     VAX システムと I64 システムの間で互換性が維持されない部分の識別
第 3 章
3 アプリケーションの移行
     3.1     移行環境の設定
         3.1.1         ハードウェア
         3.1.2         ソフトウェア
     3.2     アプリケーションの変換
         3.2.1         再コンパイルと再リンク
             3.2.1.1             ネイティブ I64 コンパイラ
             3.2.1.2             OpenVMS I64 用の VAX MACRO--32 コンパイラ
             3.2.1.3             I64 の開発ツール
         3.2.2         トランスレーション
     3.3     システム・クラッシュの分析
         3.3.1         System Dump Analyzer
         3.3.2         Crash Log Utility Extractor
     3.4     基準情報を得るための VAX 上でのアプリケーションのテスト
     3.5     移行したアプリケーションのテスト
         3.5.1         VAX テストのI64 へのポーティング
         3.5.2         新しい I64 テスト
         3.5.3         潜在的なバグの発見
     3.6     移行したアプリケーションのソフトウェア・システムへの統合
     3.7     特定の種類のコードの変更
         3.7.1         条件付きコード
             3.7.1.1             MACRO のソース
             3.7.1.2             BLISS のソース
             3.7.1.3             Cのソース
             3.7.1.4             既存の条件付きコード
         3.7.2         VAX アーキテクチャに依存しているシステム・サービス
             3.7.2.1             SYS$GOTO_UNWIND
             3.7.2.2             SYS$LKWSET と SYS$LKWSET_64
         3.7.3         VAX アーキテクチャに依存するその他の機能を含むコード
             3.7.3.1             初期化されたオーバレイ・プログラム・セクション
             3.7.3.2             条件ハンドラでの SS$_HPARITH の使用
             3.7.3.3             メカニズム・アレイ構造体
             3.7.3.4             VAX のオブジェクト・ファイル形式への依存
         3.7.4         浮動小数点データ型を使用するコード
             3.7.4.1             LIB$WAIT に関する問題と解決策
         3.7.5         コマンド・テーブル宣言に関する注意
         3.7.6         スレッドを使用するコード
             3.7.6.1             スレッド・ルーチン cma_delay および cma_time_get_expiration
         3.7.7         アラインされていないデータを含むコード
         3.7.8         OpenVMS VAX の呼び出し規則に依存するコード
         3.7.9         特権コード
             3.7.9.1             SYS$LKWSET と SYS$LKWSET_64 の使用
             3.7.9.2             SYS$LCKPAG と SYS$LCKPAG_64 の使用
             3.7.9.3             ターミナル・ドライバ
             3.7.9.4             保護されたイメージ・セクション


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項