日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:移行プロセスの概要
第 2 章:移行方法の選択
第 3 章:アプリケーションの移行
第 4 章:再コンパイルと再リンクの概要
第 5 章:ページサイズの拡大に対するアプリケーションの対応
第 6 章:共用データの整合性の維持
第 7 章:アプリケーションデータ宣言の移植性の確認
第 8 章:アプリケーション内の条件処理コードの確認
第 9 章:OpenVMS I64コンパイラ
付録 A :アプリケーション評価チェックリスト
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS VAX から OpenVMS I64 への
アプリケーションの移行


目次 索引



アプリケーションの各モジュールで,アーキテクチャ間の互換性が維持されない部分を識別するには,まず I64 コンパイラを使用して,モジュールのテスト・コンパイルを実行します。このときに役立つ診断用コンパイラ・スイッチについての説明は,各言語プロセッサのマニュアルを参照してください。

多くのモジュールはエラーなしにコンパイルし,実行できます。しかし,エラーが発生した場合には,モジュールを変更しなければなりません。

HP コンパイラは,移植に関する問題を見つけるのに役立つメッセージを出力します。たとえば,MACRO--32 コンパイラでは, /FLAG 修飾子でいくつかのオプションを指定できます。どのオプションを指定したかに応じて,アラインされていないスタックおよびメモリ参照,実行時コード生成 (自己変更コードなど),ルーチン間の分岐,その他のさまざまな条件が報告されます。

HP Fortran コンパイラの /CHECK 修飾子は,ユーザが指定したさまざまなオプションに関するメッセージを出力します。

注意

モジュールを単独でエラーなしに実行できる場合でも,アプリケーションの他の部分と一緒に実行したときにだけ,同期に関する問題が発生する可能性があります。

再コンパイルおよび再リンクした後,モジュールを正しく実行できない場合には,以下の方法を使用して,I64 システムでプログラムを正しく実行するために,どの部分を変更しなければならないかを評価します。

  • ソース・コードの確認
    移行プロセスのこの段階でコードを再確認すれば,多くの問題を前もって解決でき,この後の移行段階で多くの時間と作業を節約できます。コードを確認するには, 付録 A に示したチェックリストを使用し,さらに 第 4 章 に示したガイドラインに従ってください。移行に関するこれらの問題点は, 第 2.5 節 にまとめられています。
    アプリケーション全体のコードを直接確認することが現実的でない場合には,自動的な検索処理を使用すると便利です。たとえば,DCL の SEARCH コマンドとエディタを組み合わせて使用して,アーキテクチャへの依存を検出することができます。

  • 初期のテスト・コンパイルでコンパイラが生成したメッセージの確認
    コンパイラは次の情報を提供します。

    • VAXコンパイラと I64 コンパイラの違い

    • データ・アラインメント

    コンパイラによっては,VAX アーキテクチャと Intel Itanium アーキテクチャのその他の違いも検出します。

  • VEST を使用したイメージの分析
    プログラムを再コンパイルおよび再リンクする場合でも,分析ツールとしてVEST を使用できます。この結果, I64 システムでプログラムをもっとも効率よく実行するのに必要な変更作業に関して,役立つ多くの情報が得られます。たとえば,VEST は以下の問題を検出するのに役立ちます。

    • アラインされていない静的データ (構造体のアラインされていないフィールドも含めたデータ宣言) とアラインされていないスタック操作

    • 浮動小数点データ型の参照 (H 浮動小数点とD 浮動小数点)

    • パック 10 進数の参照

    • 特権コード

    • 標準的でないコーディング様式

      • システム・サービスを使用しない,OpenVMS データまたはコードの参照

      • 初期化されていない変数

    • 同期に関するある種の問題,たとえば,インターロック命令のマルチプロセス使用

    ただし,VEST は一部の問題を検出できません。次の例を参照してください。

    • アラインされていない変数 (動的に作成された構造体内の変数)

    • 同期に関する問題の大部分

  • PCA (Performance and Coverage Analyzer) の使用によるイメージの実行
    PCA は次の問題を検出できます。

    • 実行時アラインメント・フォルト

    • アプリケーションのどの部分がもっとも頻繁に実行され,性能に大きく影響するか

アプリケーションのすべてのイメージを I64 システムでエラーなしに実行できた場合には,イメージを組み合わせて実行し,イメージ間の同期に関する問題が発生しないかどうかをテストしなければなりません。テストについての詳細は, 第 3.5 節 を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項