日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMSマニュアル
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:インストールに関する注意事項
第2章:関連製品に関する注意事項
第3章:一般ユーザ向けの注意事項
第4章:システム管理に関する注意事項
第5章:プログラミングに関する注意事項
第6章:ハードウェアに関する注意事項
付録A:インターロックされたメモリ命令の使用
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.4 リリース・ノート【翻訳版】


目次 索引

第 6 章
6 ハードウェアに関する注意事項
     6.1     USB デバイスのサポート
     6.2     MP コンソールと BMC コンソールの制約事項 (Integrity のみ)
         6.2.1         入力デバイス,出力デバイス,およびエラー・デバイスの制約事項
         6.2.2         削除キーへの Ctrl/H の再マッピング
     6.3     AlphaServer 2100
         6.3.1         コンソール表示
         6.3.2         SCSI コントローラの制限事項
     6.4     AlphaServer 8200/8400: FRU テーブル・エラー
     6.5     AlphaServer ES47/ES80/GS1280 システム
         6.5.1         ES47/ES80/GS1280 ソフト・パーティションでの INIT コンソール・コマンドの使用
         6.5.2         RAD のサポート
         6.5.3         ライセンス要件
         6.5.4         STOP/CPU およびシャットダウン動作
         6.5.5         MBM での時刻の設定
     6.6     AlphaServer GS シリーズ・システム
         6.6.1         AlphaServer GS80/160/320 システム: デバイスの制限事項
         6.6.2         OpenVMS Galaxy ライセンスの実行
         6.6.3         ライセンスのインストール
         6.6.4         AlphaServer GS60/GS60E/GS140 複数 I/O ポート・モジュール構成の制限事項
     6.7     AlphaStation 200/400: ISA_CONFIG.DAT の変更が必要
     6.8     AlphaStation 255: PCI 構成の制限事項
     6.9     ATI RADEON 7000 グラフィック (Integrity のみ)
         6.9.1         Integrity でのグラフィック・サポート
         6.9.2         RADEON 7000 ではハードウェア・アクセラレーション 3D グラフィックはサポートされていない
     6.10     ATI RADEON 7500 グラフィック
         6.10.1         リソースの要件
         6.10.2         DECW$OPENGLSHR_RADEON.EXE を DECW$MESA3DSHR_RADEON.EXE にリネーム
         6.10.3         サポートの制限事項
         6.10.4         高リフレッシュ・レートでの画像への影響
         6.10.5         OpenGL は IEEE 演算のみをサポート
         6.10.6         グラフィック・コンソール (OPA0) に出力する際に DECwindows サーバがハングアップ
         6.10.7         モニタは初期化時に接続されていなければならない
         6.10.8         ブート・リセットの推奨 (Alpha のみ)
         6.10.9         オーバレイ・プレーンはサポートされない
         6.10.10         単一カラーマップのみサポート
         6.10.11         すべてのウィンドウで同じビット深度
         6.10.12         読み取り/書き込みカラー・マップのピクセル深度
         6.10.13         backing store と save unders は 3D ウィンドウをサポートしていない
         6.10.14         スレッドの制限事項
         6.10.15         シングル・バッファ・ビジュアルがサポートされていない
         6.10.16         カラー・インデックス・モードでの 3D がサポートされていない
         6.10.17         タイマ・メカニズム
     6.11     DECwindows X11 ディスプレイ・サーバ (Alpha のみ)
         6.11.1         S3 マルチヘッド・グラフィック
     6.12     DIGITAL Modular Computing Components (DMCC)
         6.12.1         Alpha 5/366 および 5/433 PICMG SBC の制限事項
         6.12.2         SRM コンソールの更新
     6.13     Digital Personal Workstation: OpenVMS V7.3-1 およびそれ以降のブート
     6.14     I/O 負荷が重い場合,LUN が多数あるデュアル・コントローラ HSGnn に障害が発生することがある
     6.15     Open3D グラフィックのライセンス方式の変更
     6.16     OpenVMS 用の PowerStorm 300/350 PCI グラフィック・サポート
     6.17     RFnn DSSI ディスク・デバイスとコントローラ・メモリのエラー
     6.18     RZnn ディスク・ドライブの考慮事項
         6.18.1         RZ25M と RZ26N ディスク・ドライブ: 推奨事項
         6.18.2         RZ26N および RZ28M ディスク: 推奨ファームウェア・サポート
         6.18.3         RZ26L および RZ28 ディスク: マルチホストで使用するために必要なファームウェア
             6.18.3.1             ファームウェア・リビジョン・レベル 442 の必要条件
             6.18.3.2             ファームウェア・リビジョン・レベル 442 のインストール手順
     6.19     sx1000 Integrity Superdome
     6.20     ZLX グラフィック・ボードのサポート
     6.21     OpenVMS デバイス・ドライバの再コンパイルと再リンク
         6.21.1         Alpha および VAX の SCSI デバイス・ドライバ
         6.21.2         OpenVMS Alpha デバイス・ドライバ
     6.22     MON バージョンのデバイス・ドライバの処理
     6.23     スレッド単位のセキュリティが Alpha デバイス・ドライバに与える影響
     6.24     OpenVMS Alpha ドライバのデバイス IPL の設定
     6.25     CRCTX ルーチンの機能の強化
     6.26     アダプタについての注意事項
         6.26.1         Fibre Channel の EFI ドライバとファームウェアの要件
         6.26.2         複数の Fibre Channel ブート・エントリを使用したブート
付録 A
付録 A インターロックされたメモリ命令の使用 (Alpha のみ)
     A.1     必要なコード・チェック
     A.2     コード分析ツール (SRM_CHECK) の使用
     A.3     規則に準拠していないコードの特徴
     A.4     コーディングの必要条件
     A.5     コンパイラのバージョン
     A.6     ALONONPAGED_INLINE または LAL_REMOVE_FIRST によるコードの再コンパイル
索引
索引
1-1 サポートされている DECwindows Motif のバージョン
1-2 エントリ・クラスの Integrity サーバ用のファームウェア・バージョン
4-1 クラスタ互換性のために必要なパッチ・キット
4-2 クラスタの互換性のために必要なパッチ・キット
4-3 Galaxy の定義
4-4 TFF 文字フォールバック・テーブル
5-1 Macro-32 の新しいビルトイン
6-1 デバイス記述ブロックの変更点
6-2 サポートされるマイクロコードのレベル
6-3 DSSI ディスク・デバイスのマイクロコードを更新するコマンド
6-4 リビジョン・レベル 442 ファームウェアの互換性
A-1 OpenVMS コンパイラのバージョン

目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項