日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:ACL エディタ
第2章:会計情報ユーティリティ
第3章:ディスク構造分析ユーティリティ
第4章:監査分析ユーティリティ
第5章:登録ユーティリティ
第6章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第7章:バックアップ・ユーティリティ
第8章:CDDVDユーティリティ
第9章:EFIユーティリティ
第10章:Error Log Viewer
第11章:InfoServer
第12章:インストール・ユーティリティ
第13章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第14章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第15章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第16章:Monitor
第17章:MSAユーティリティ
第18章:Point-to-Point
第19章:PCSI
第20章:SASコントローラ
第21章:SCA Control Programユーティリティ
第22章:Show Clusterユーティリティ
第23章:System Generationユーティリティ
第24章:System Managementユーティリティ
第25章:USB構成ユーティリティ
第26章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録B:ACL エディタのカスタマイズ
付録C:プログラマのための会計情報
付録D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録H:MONITOR におけるレコード形式
付録I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録K:システム・パラメータ
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

Alpha システムおよび Integrity システムにおいて,システム・サービス $CREPRC (プロセスの作成) または DCL の RUN (プロセス) コマンドで作成したプロセスに対し,最小ページレット・ファイル・クォータを設定します。

PQL_MPRCLM (D,G)

システム・サービス $CREPRC (プロセスの作成) または DCL の RUN (プロセス) コマンドで作成したプロセスに対し,サブプロセス最小値を設定します。

PQL_MTQELM (D,G)

システム・サービス $CREPRC (プロセスの作成) または DCL の RUN (プロセス) コマンドで作成したプロセスに対し,最小タイマ・キュー・エントリ数を設定します。

PQL_MWSDEFAULT (A,G)

システム・サービス $CREPRC (プロセスの作成) または DCL の RUN (プロセス) コマンドで作成したプロセスに対し,省略時の最小ワーキング・セット・サイズを設定します。

この値は,AUTHORIZE でユーザに対して設定した値 (この値より小さい値) より優先します。

PQL_MWSEXTENT (A,D,G)

システム・サービス $CREPRC (プロセスの作成) または DCL の RUN (プロセス) コマンドで作成したプロセスに対し,ワーキング・セットの最小超過値を設定します。

この値は,AUTHORIZE でユーザに対して設定した値 (この値より小さい値) より優先します。

PQL_MWSQUOTA (A,D,G)

システム・サービス $CREPRC (プロセスの作成) または DCL の RUN (プロセス) コマンドで作成したプロセスに対し,最小ワーキング・セット・クォータを設定します。

この値は,AUTHORIZE でユーザに対して設定した値 (この値より小さいて値) より優先します。

PRCPOLINTERVAL (D, Alpha システムおよび Integrity システムで A)

他のノード上において,接続マネージャ・ディスクや大容量記憶制御プロトコルディスクなどのシステム通信サービス (SCS) アプリケーションを検索する場合のポーリング間隔を秒数で指定します。すべての検索対象ノードが,各時間間隔でポーリングされます。

新しいシステムやサーバを認識する速度が上がると,ポーリング・オーバヘッドが高くなります。

PRIORITY_OFFSET

PRIORITY_OFFSET は,1 つのプロセスが現在のプロセスを先取りするために,スケジューラによって必要とされる優先順位の差を指定します。たとえば,値が 2 の場合には,現在のプロセスが優先順位 1 で実行されているときに,優先順位 2 または優先順位 3 のプロセスは現在のプロセスを先取りできません。しかし,優先順位が 4 以上のプロセスは,現在のプロセスを先取りできます。このメカニズムは,通常の優先順位 (0〜15) のプロセスに対してだけ影響します。省略時の値は 0 です。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

PROCSECTCNT (A,G)

プロセスが格納できるセクション記述子数を設定します。各セクション記述子により,プロセス・ヘッダの固定部が 32 バイト増えます。

実行するあらゆるセクションの中で最大のイメージ・セクション数を超える値を設定します。この最大数は,イメージのリンケージ・メモリ割り当てマップで示されます。

PU_OPTIONS

PU_OPTIONS は弊社が使用するために予約されています。

QDSKINTERVAL

ディスク・クォーラム・ポーリング間隔を秒数で指定します。省略時の値は 3 です。

QDSKVOTES

クラスタ内のクォーラム・ディスクが提供するボート数を指定します。

QUANTUM (D,M, Alpha システムおよび Integrity システムで A)

次を定義します。

  • プロセッサ時間 :   あるプロセスから,同じ優先順位を持つ計算可能な別のプロセスに制御が渡されるまでの最大プロセッサ時間

  • バランス・セットの常駐性 :  計算状態のプロセスが二次記憶デバイスにスワップ・アウトされるまでの最小サービス量



RAD_SUPPORT (G)

(Alpha のみ) RAD_SUPPORT では,AlphaServer GS160 システムなど, RAD (リソース・アフィニティ・ドメイン) をサポートするシステム上で RAD 対応コードの実行を許可します。 RAD は共通アクセス属性を備えたハードウェア・コンポーネント群 (CPU,メモリ,および入出力) です。 OpenVMS RAD の機能の詳細については,『OpenVMS Alpha パーティショニングおよび Galaxy ガイド』を参照してください。

RAD_SUPPORT パラメータでは次のようにビットが定義されています。

 
RAD_SUPPORT (default is 79; bits 0-3 and 6 are set) 
___________________________________________________ 
 
 3   2 2   2 2         1 1 
 1   8 7   4 3         6 5         8 7         0 
+-----+-----+-----------+-----------+-----------+ 
|00|00| skip|ss|gg|ww|pp|00|00|00|00|0p|df|cr|ae| 
+-----+-----+-----------+-----------+-----------+ 
 
Bit 0 (e): Enable    - Enables RAD support 
 
Bit 1 (a): Affinity  - Enables Soft RAD Affinity (SRA) scheduling 
                       Also enables the interpretation of the skip 
                       bits, 24-27. 
 
Bit 2 (r): Replicate - Enables system-space code replication 
 
Bit 3 (c): Copy      - Enables copy on soft fault 
 
Bit 4 (f): Fault     - Enables special page fault allocation 
                       Also enables the interpretation of the 
                       allocation bits, 16-23. 
 
Bit 5 (d): Debug     - Reserved to HP 
 
Bit 6 (p): Pool      - Enables per-RAD non-paged pool 
 
Bits 7-15:           - Reserved to HP 
 
Bits 16-23:          - If bit 4 is set, bits 16-23 are interpreted 
                       as follows: 
 
Bits 16,17 (pp): Process = Pagefault on process (non global) 
                           pages 
Bits 18,19 (ww): Swapper = Swapper's allocation of pages for 
                           processes 
Bits 20,21 (gg): Global  = Pagefault on global pages 
Bits 22,23 (ss): System  = Pagefault on system space pages 
 
Encodings for pp, ww, gg, ss: 
Current  (0) - allocate PFNs from the current CPU's RAD 
Random   (1) - allocate PFNs using the "random" algorithm 
Base     (2) - allocate PFNs from the operating system's "base" RAD 
Home     (3) - allocate PFNs from the current process's home RAD 
 
If bits 16-23 are 0, the defaults for pp, ww, gg, ss are interpreted 
as follows: 
 
    Process = home RAD 
    Swapper = current RAD (also sets home RAD for process) 
    Global  = random RAD 
    System  = base RAD 
 
Bits 24-27:   - If bit 1 is set, bits 24-27 are interpreted 
                as a skip count value (power of 2). Example: If 
                bits 24-27 contain a 3, the skip count is 8. 
                If bits 24-27 contain a 5, the skip count is 32. 
                If bits 24-27 are 0, the default of 16 is used 
                as the skip count. 
 
Bits 28-31:   - Reserved to HP 
 

OpenVMS RAD 機能の使用についての詳細は,『OpenVMS Alpha Galaxy and Partitioning Guide』を参照してください。

RECNXINTERVAL (D, Alpha システムおよび Integrity システムで A)

リモート・システムへの再接続を試みるポーリング間隔を秒数で指定します。

RESALLOC

リソースの割り当てチェックを行うかどうかを制御します。省略時の値 0 は,リソースの割り当てチェックを禁止します。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

RESHASHTBL (A,F,M)

ロック管理リソース名ハッシュ・テーブルのエントリ数を定義します。各エントリは,4 バイトを使用します。チューニングの典型的な目標は, RESHASHTBL パラメータを,システム上で使用されているリソースの合計数の約 4 倍の値にすることです。メモリに制約があるシステムや,ロッキングの速度がそれほど重要でないシステムのマネージャは,このテーブルのサイズをこれよりも小さい値に設定することができます。

RJOBLIM (D)

同時にシステムで使用できるリモート・ターミナルの最大数を定義します。

RMS_CONPOLICY (D)

RMS_CONPOLICY は,競合の高い書き込み共有ファイルを扱うために使用されるポリシーを指定します。この動的パラメータは,ロック変換と新しいロック要求の間の公平さを保証するために使用できます。

指定可能な値は次のとおりです。

説明
NEVER (省略時の値) システムでアクセスする書き込み共有ファイルに対して公平さを向上させる,より高いオーバヘッド・オプションを使用しない。最小限のオーバヘッド。
SOMETIMES システムでアクセスされる有効になったグローバル・バッファを備えた書き込み共有ファイルに対する,より公平なバケット・アクセスのために使用する (ただし,オーバヘッドは高い)。
ALWAYS システムでアクセスされる書き込み共有ファイルすべてに対する,より公平なバケット・アクセスのために使用する (ただし,オーバヘッドは高い)。

このシステム・パラメータを DCL コマンド SET RMS_DEFAULT/SYSTEM/CONTENTION_POLICY=値で設定し,パラメータを DCL コマンド SHOW RMS_DEFAULT で表示することができます。

RMSD* (D)

RMSD1,RMSD2,RMSD3,RMSD4,RMSD5,RMSD6,およびRMSD7 は,弊社の使用のために予約された特殊パラメータです。

RMS_DFLRL (D)

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社から指示した場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

RMS_DFMBC (A,D)

RMS_DFMBC は,レコード入出力操作の場合にだけ省略時のマルチブロック・カウントを指定します。ただし,count は各入出力バッファに対して割り当てるブロック数です。

このシステム・パラメータは,DCL の SET RMS_DEFAULT/SYSTEM コマンドを使用して設定でき,SHOW RMS_DEFAULT コマンドを使用して表示できます。

RMS_DFMBFIDX (A,D)

索引順編成ディスク動作における,省略時の RMSマルチバッファ数を指定します。この値は,VMS RMS が各索引編成ファイルに割り当てる入出力バッファ数です。順次アクセスの場合,一部のインデックス・バケットがメモリに残る程度に大きい値を設定すれば,性能を向上させることができます。

このシステム・パラメータは,DCL の SET RMS_DEFAULT/SYSTEM コマンドを使用して設定でき,SHOW RMS_DEFAULT コマンドを使用して表示できます。

RMS_DFMBFREL (A,D)

相対ディスク動作における,省略時の RMS マルチバッファ数を指定します。この値は, VMS RMS が各相対編成ファイルに割り当てる入出力バッファ数です。

このシステム・パラメータは,DCL の SET RMS_DEFAULT/SYSTEM コマンドを使用して設定でき,SHOW RMS_DEFAULT コマンドを使用して表示できます。

RMS_DFMBFSDK (A,D)

順編成ディスク動作における,省略時の RMS マルチバッファ数を指定します。この値は,RMS が順編成ディスク・ファイルに割り当てる入出力バッファ数です。

通常は省略時の値を使用すれば適切です。しかし,先読み操作や後書き操作を使用する場合には,この値を大きくすると,性能を向上できます。

このシステム・パラメータは,DCL の SET RMS_DEFAULT/SYSTEM コマンドを使用して設定でき,SHOW RMS_DEFAULT コマンドを使用して表示できます。

RMS_DFMBFSMT (A,D)

磁気テープ動作における,省略時の RMS マルチバッファ数を指定します。この値は,VMS RMS が磁気テープ・ファイルに割り当てる入出力バッファ数です。

このシステム・パラメータは,DCL の SET RMS_DEFAULT/SYSTEM コマンドを使用して設定でき,SHOW RMS_DEFAULT コマンドを使用して表示できます。

RMS_DFMBFSUR (A,D)

ユニット・レコード・デバイスにおける,省略時のマルチバッファ数を指定します。

このシステム・パラメータは,DCL の SET RMS_DEFAULT/SYSTEM コマンドを使用して設定でき,SHOW RMS_DEFAULT コマンドを使用して表示できます。

RMS_DFNBC (A,D)

リモート・ファイル,順編成ファイル,索引順編成ファイル,相対編成ファイルへのネットワーク・アクセスで使用する,省略時のブロック数を指定します。

ネットワーク・ブロック数は,データの送受信に使用する入出力バッファに RMS が割り当てるブロック数です。ただし,リモート・ファイルへのアクセスに使用するバッファ・サイズは,RMS とリモート・ファイル・アクセス・リスナ (FAL) との間で交渉されます。2 つのサイズの内,小さいバッファ・サイズが選択されます。

したがって,この値は使用されているネットワーク・バッファ・サイズの上限です。リモート・ファイルとの間で転送できるレコード・サイズの上限でもあります。すなわち,転送できる最大レコードは, RMS_DFNBC に 512 バイトを掛けた値以下となります。

このシステム・パラメータは,DCL の SET RMS_DEFAULT/SYSTEM コマンドを使用して設定でき,SHOW RMS_DEFAULT コマンドを使用して表示できます。

RMS_EXTEND_SIZE (D)

書き込み時にファイルが拡張するブロック数を指定します。各ファイルの終端で無駄になるディスク空間と,大量拡張の頻度を抑えることによる性能向上とのバランスをとる値を設定してください。小さいディスク・クォータを使用する場合には,ディスク・クラスタ・サイズなどの小さい数値を指定し,ユーザのディスク・クォータが使用されないようにします。 0 を指定すると,VMS RMS は大量の超過値を割り当て,ファイルがクローズしたときに実際の使用量に戻します。

このシステム・パラメータは,DCL の SET RMS_DEFAULT/SYSTEM コマンドを使用して設定でき,SHOW RMS_DEFAULT コマンドを使用して表示できます。

RMS_FILEPROT

エラー・ログ,オペレータ・ログ,ジョブ・コントローラなどのシステム・プロセスに使用する,省略時のファイル保護を指定します。ジョブ・コントローラが作成したプロセスに使用する省略時のファイル保護も指定します (会話型プロセスとバッチ・プロセスの両方)。

プロセスは,そのプロセスを作成したプロセスの省略時のファイル保護を必ず継承するので,RMS_FILEPROT が省略時のファイル保護を指定する対象は,ログイン・コマンド・プロシージャや会話型セッションで DCL の SET PROTECTION/DEFAULT を実行しないユーザだけです。

保護はマスクで表します。保護マスクの指定方法については,『OpenVMS System Services Reference Manual』のシステム・サービス $CRMPSC の説明を参照してください。省略時のマスクは,次の保護を表す 64,000 (10 進) または FA00 (16 進) です。

(S:RWED,O:RWED,G:RE,W:) 



RMS_HEURISTIC (D)

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社から指示した場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

RMS_PATH_TMO

各プロセスの RMS パス・キャッシュは, DVI+DID+name を新しい DVI+DID に変換するエントリを保持します。これらはディレクトリ・パスの探索を大きくスピードアップします。通常のディレクトリ検索を示すキャッシュ・エントリは,各ボリューム・ディスマウント時およびディレクトリ削除または名前変更のたびに記録されるボリューム・ディレクトリ・シーケンス番号メカニズム (UDB$L_DIRSEQ) によって無効となります。しかし,論理名あるいはシンボリック・リンクの変更によって解釈に影響するシンボリック・リンクを示すキャッシュ・エントリを無効にするための便利なメカニズムは存在しません。陳腐化したキャッシュ・エントリを削除する唯一の方法はタイムアウトによるものです。このパラメータはシステムワイドのキャッシュ・タイムアウトです。特殊な値として以下のものがあります。

      1 = don't keep cache entries 
     -1 = keep cache entries forever 



RMS_PROLOGUE (D)

索引編成ファイルの作成時に RMS が使用する省略時のプロローグを指定します。省略時の値 0 では,ファイルの特性にもとづいて RMS がプロローグを決定します。 2 を指定した場合はプロローグ 2 または 1,3 を指定した場合はプロローグ 3 が使用されます。RMS プロローグについては,『OpenVMS Record Management Services Reference Manual』を参照してください。

RMS_SEQFILE_WBH (D)

(Alpha および Integrity) RMS_SEQFILE_WBH では,共用されていないシーケンシャル・ディスク・ファイルが書き込みアクセスを指定されたイメージ入出力に対してオープンされる場合,このファイルに対するシステム省略値として RMS 後書き機能を有効にできます。次に示すのは可能な設定です。

設定 説明
0 (省略時の設定) 後書き機能を有効にしない。RAB$L_ROP の RAB$V_WBH を設定することで,ユーザが後書きを要求する場合にのみ,後書きを使用する以前の動作を保持する。
1 少なくとも 2 つのローカル・バッファの割り当てを含み,システムの省略時の設定として後書き機能を有効にする。



S0_PAGING

S0_PAGING はシステム・コードのページングを制御します。

  • ビット 0 をセットすると,すべての Exec コードとデータのページングが禁止されます。

  • ビット 1 をセットすると,すべての RMS コードとデータのページングが禁止されます。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

S2_SIZE

(Alpha および Integrity) S2_SIZE は S2 空間に対して確保される M バイト数です。この値は,XFC (拡張ファイル・キャッシュ) に必要なサイズは含みません。

SAVEDUMP

ダンプ・ファイルがページ・ファイルに保存される場合には,SAVEDUMP はダンプ・ファイルを分析するまで,ページ・ファイルを保存するかどうかを指定します。省略時の値は 0 であり,その場合はページ・ファイルは保存されません。値が 1 の場合は,ページ・ファイルに書き込んだダンプは, SDA ユーティリティを使用してコピーまたは解放されるまで,保存しなければなりません。

SCHED_FLAGS (D)

弊社が使用するために予約されている特別な DYNAMIC パラメータです。

SCH_HARD_OFFLD (D)

スケジューラのハード・オフロード・パラメータは CPU ビットマスク・パラメータです。各ビットは CPU ID に対応します。ビットがオンの場合,プロセスにその CPU に対するハード・アフィニティが設定されていないかぎり, OpenVMS のスケジューラは,この CPU にプロセスをスケジューリングしません。さらに,PRIMARY 機能の要件を備えたプロセスはプライマリ CPU に対応するビットを無視します。

SCH_SOFT_OFFLD (D)

スケジューラのソフト・オフロード・パラメータは CPU ビットマスク・パラメータです。各ビットは CPU ID に対応します。ビットがオンの場合,OpenVMS のスケジューラは,この CPU にプロセスをスケジューリングしないように試みます。ただし,アイドル状態の CPU が他にない場合は,この CPU にプロセスがスケジューリングされます。

SCSBUFFCNT (A,F,G)

VAXシステムにおいて,システムのすべてのシステム通信アーキテクチャ (SCA) に対して設定されているバッファ記述子の数を指定します。SCAデバイスがシステムで設定されていない場合には,このパラメータは無視されます。一般的にデータ転送では,バッファ記述子が必要です。したがって,バッファ記述子の数によって,同時入出力数が制限されます。さまざまな性能モニタによって,指定された作業付加に対してバッファ記述子が不足していることが報告された場合は,このパラメータの値を大きくしてください。VAXシステムの場合のみ,AUTOGENはこのパラメータの値をフィードバックします。

Alpha システムおよび Integrity システムでは,システム通信サービス (SCS) バッファは必要に応じて割り当てられ, SCSBUFFCNTは弊社が使用するために予約されています。

SCSFLOWCUSH (D)

リモート・システム通信サービス (SCS) が新しい受信バッファの存在を SCS に通知し始める受信バッファの下限を指定します。各接続について,SCS は受信バッファ数を調べ,リモート SCS に通知します。ただし,新しい受信バッファそれぞれについて SCS がこの作業を行う必要はありません。リモート SCS に通知した数値が SCSFLOWCUSH 近くまで低下している場合は,新しい受信バッファの存在をリモート SCS に通知します。

省略時の値は,ほとんどのシステムにおいて適切です。システム通信アーキテクチャ (SCA) ポートが設定されていないシステムでは,このパラメータは無視されます。

SCSI_ERROR_POLL (D)

イニシエータが SCSI デバイスをアクセスしているときにエラーが発生した場合,そのエラーは他のすべてのイニシエータに対してラッチされ,他のイニシエータがそのデバイスを次にアクセスするまで,エラーのラッチが解除されたり,エラーが報告されることはありません。そのため,他のイニシエータが適切な時期にデバイスにアクセスしなければ,エラーの報告が大幅に遅れ,混乱を引き起こす可能性があります。

SCSI_ERROR_POLL の目的は,OpenVMS が,SCSI Test Unit Ready コマンドを 1 時間ごとに各 SCSI ディスクへ送信し,ラッチされたエラーがラッチ解除されすぐに報告されるようにすることです。 SCSI_ERROR_POLL のデフォルト値は 1 です。ただし,ユーザは 0 を設定して,エラー・ポーリング動作を停止させることもできます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項