日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:ACL エディタ
第2章:会計情報ユーティリティ
第3章:ディスク構造分析ユーティリティ
第4章:監査分析ユーティリティ
第5章:登録ユーティリティ
第6章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第7章:バックアップ・ユーティリティ
第8章:CDDVDユーティリティ
第9章:EFIユーティリティ
第10章:Error Log Viewer
第11章:InfoServer
第12章:インストール・ユーティリティ
第13章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第14章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第15章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第16章:Monitor
第17章:MSAユーティリティ
第18章:Point-to-Point
第19章:PCSI
第20章:SASコントローラ
第21章:SCA Control Programユーティリティ
第22章:Show Clusterユーティリティ
第23章:System Generationユーティリティ
第24章:System Managementユーティリティ
第25章:USB構成ユーティリティ
第26章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録B:ACL エディタのカスタマイズ
付録C:プログラマのための会計情報
付録D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録H:MONITOR におけるレコード形式
付録I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録K:システム・パラメータ
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

Alpha システムと Integrity システムでは,MSCP サーバのローカル・バッファ・エリアに割り当てるページレット数を指定します。

MSCP_CMD_TMO (D)

MSCP_CMD_TMO は,OpenVMS MSCP サーバが MSCP コマンドの時間切れを検出するために使用する秒数です。 MCSP サーバは,組み込みタイマの示す約40秒と MSCP_CMD_TMO パラメータの示す秒数を加えた時間以内にコマンドを終了させる必要があります。

MSCP_CMD_TMO の省略時の値 0 は,通常,適切です。 0 を指定すると,OpenVMSの以前のリリース (以前のリリースには,MSCP_CMD_TMOシステム・パラメータはありません)の動作と同じになります。 0 以外の値を設定すると,MSCP コマンドが時間切れになるまでの時間が長くなります。

コマンド時間切れエラーがクライアント・ノードのログに記録される場合には, OpenVMS サーバでこのパラメータの値を 0 以外の値に設定すると,ログに記録されるエラーの数を削減できます。このパラメータの値を大きくすると,クライアント MSCP コマンドの時間切れの発生数を削減し,不良デバイスを検出するのに必要な時間が長くなります。

コマンド時間切れのエラーの数を削減しなければならない場合には,初期値を 60 に設定してください。時間切れエラーが継続的にログに記録される場合には,この値を 20 秒刻みで大きくしてください。

MSCP_CREDITS

1 つのクライアント・システムからアクティブ状態にすることができる未実行入出力要求の数を指定します。

省略時の値は現在 32 です。システムで利用できるメモリが非常に制限されている場合を除き,これらの値を増やさないでください。

MSCP_LOAD (A)

システムのブート時における MSCP サーバのローディングを制御します。次のいずれかの値を指定します。

説明
0 MSCP サーバをロードしない。省略時の値。
1 MSCP サーバをロードし,MSCP_SERVE_ALL パラメータの指定に従ってディスクをサーブする。



MSCP_SERVE_ALL

MSCP_SERVE_ALL は,OpenVMS Cluster でサーブするディスクを制御するビット・マスクです。ディスクは,ビット 3 が 1 の値ではない限り,その割り当てクラスにかかわらずサーブされます。

OpenVMS バージョン 7.2 から,サービング・タイプがビット・マスクとして実装されるようになりました。システムが実行するサービング・タイプを指定する場合,次に示す表で必要なタイプを探し,その値を指定してください。なかには,システム・ディスクとしてサーブし,かつ,ローカルに接続するディスクとしてもサーブするなどのように, 2 種類のサービング・タイプを指定するシステムもあるでしょう。そのような組み合わせを指定するには,各タイプの値を加算し,その合計を指定してください。

OpenVMS のバージョン 7.1-x や,それよりも前のオペレーティング・システムが稼働しているシステムを含む,バージョンが混在したクラスタでは,利用可能なすべてのディスクをサーブすることは,システムの (バージョン 7.2 よりも前の) ノード割り当てクラスに一致しない割り当てクラスを持つディスク以外のすべてのディスクをサーブすることに制限されています。この種のサービングを指定するには,値 9 (ビット 0 とビット 3 を設定する) を使用してください。

次の表は,それぞれのビットで制御されるサービング・タイプとその 10 進数の値を説明しています。

ビットと,
設定されたときの値
説明
ビット 0 (1) 利用可能なすべてのディスク (ローカルに接続されたディスク,および,HS x コントローラと DSSI コントローラに接続されたディスク) をサーブする。 (ALLOCLASS パラメータで設定される) システムの割り当てクラスとは異なる割り当てクラスを持つディスクも,ビット 3 が設定されていないのであれば,サーブされる。
ビット 1 (2) ローカルに接続された (HS x や DSSI 以外に接続された) ディスクをサーブする。
ビット 2 (4) システム・ディスクをサーブする。これが省略時の設定である。この設定は,クラスタ内の他のノードが,このシステムのシステム・ディスクがサーブできることに依存している場合,重要である。この設定によって,システムに異常が発生しているリモート・システム・ディスクに対して,別のシステムが入出力を完了させようとしているときに発生しがちな,あいまいな競合問題が防止される。
ビット 3 (8) ビット 0 によって指定されたサービングを制限する。 (ALLOCLASS パラメータによって設定された) システムの割り当てクラスとは違う割り当てクラスを持つディスク以外のすべてのディスクがサーブされる。

これはバージョン 7.2 よりも前の動作である。クラスタの中に, OpenVMS 7.1- x やそれよりも前のバージョンのシステムがあり,利用可能なすべてのディスクをサーブしようとしている場合,このビットとビット 0 を設定した,値 9 を指定する必要がある。

サービング・タイプがビット・マスクで実装されるようになったものの,ビット 0 とビット 1 で指定される,0,1,2 の値はこれまでと同じ意味を持ちます。

0 --- ディスクをまったくサーブしない (以前の OpenVMS での省略時の値)。
1 --- 利用可能なすべてのディスクをサーブする。
2 --- ローカルに接続された (HSx や DSSI 以外に接続された) ディスクだけをサーブする。

MSCP_LOAD システム・パラメータが 0 である場合,MSCP_SERVE_ALL は無視されます。

MULTIPROCESSING

システム同期イメージのローディングを制御します。

次のいずれかの値を指定します。

説明
0 ユニプロセシング同期イメージ SYSTEM_SYNCHRONIZATION_UNI.EXE をロードする。
1 CPU タイプが SMP の可能なタイプであり, 2 つ以上の CPU がシステムに用意されている場合には,フルチェック・マルチプロセシング同期イメージ SYSTEM_SYNCHRONIZATION.EXE をロードする。それ以外の場合には,ユニプロセシング同期イメージをロードする。
2 システム構成や用意されている CPU とは無関係に,常にフルチェック・バージョン SYSTEM_SYNCHRONIZATION.EXE をロードする。
3 CPU タイプが SMP の可能なタイプであり,2 つ以上の CPU がシステムに用意されている場合には,最適化ストリームライン・マルチプロセシング・イメージ SYSTEM_SYNCHRONIZATION_SPC.EXE をロードする。

  • Alpha システムと Integrity システムでは,このイメージは, SYSTEM_SYNCHRONIZATION_MIN.EXE

それ以外の場合には,ユニプロセシング同期イメージ SYSTEM_SYNCHRONIZATION_UNI.EXE をロードする。省略時の値は 3 である。

4 システム構成や用意されている CPU とは無関係に,常にストリームライン・マルチプロセシング・イメージ SYSTEM_SYNCHRONIZATION_MIN.EXE をロードする。

SYSTEM_CHECK パラメータを 1 に設定すると, MULTIPROCESSING を 2 に設定する効果があります。

MULTITHREAD (D,A)

MULTITHREAD はカーネル・スレッドの可用性を制御します。次のいずれかを指定します。

説明
0 スレッド・マネージャのアップコールと複数カーネル・スレッドの作成がどちらも禁止される。
1 スレッド・マネージャのアップコールは許可される。複数カーネル・スレッドの作成は禁止される。
2〜256 (Alpha および Integrity) スレッド・マネージャのアップコールと複数カーネル・スレッドの作成はどちらも許可される。指定する値は, 1 つのプロセスに対して生成できるカーネル・スレッドの最大数を表す。

MULTITHREAD の最大値は 256 です。

MVSUPMSG_INTVL (D)

(Alpha および Integrity) システムは,ファイバ・チャネル・ディスク・デバイスに対するマウント・チェックが 1 回の処理で終了し,マウント・チェックがそれほど頻繁に発生しない場合,マウント・チェック開始メッセージと終了メッセージを抑制します。 MVSUPMSG_NUM とこのパラメータがこの制限を確立します。

システムは,MVSUPMSG_INTVL 秒内に,特定のファイバ・チャネル・ディスク・デバイスに対する一連の MVSUPMSG_NUM マウント・チェックが通知されなかった後,マウント・チェック・メッセージを発行します。

このパラメータがゼロである場合,すべてのマウント・チェック・メッセージが通知されます。

MVSUPMSG_NUM (D)

(Alpha および Integrity) システムは,ファイバ・チャネル・ディスク・デバイスに対するマウント・チェックが 1 回の処理で終了し,マウント・チェックがそれほど頻繁に発生しない場合,マウント・チェック開始メッセージと終了メッセージを抑制します。 MVSUPMSG_INTVL とこのパラメータがこの制限を確立します。

システムは,MVSUPMSG_INTVL 秒内に,特定のファイバ・チャネル・ディスク・デバイスに対する一連の MVSUPMSG_NUM マウント・チェックが通知されなかった後,マウント・チェック・メッセージを発行します。

このパラメータがゼロである場合,すべてのマウント・チェック・メッセージが通知されます。

MVTIMEOUT (D, Alpha システムおよび Integrity システムで A)

1 つのディスク・ボリュームに対してマウント・チェックを続行する,秒数による時間です。指定時間内にボリュームが回復しない場合,そのボリュームに対する未実行の入出力動作は異常終了します。

NET_CALLOUTS (D)

NET_CALLOUTS は通常,0 に設定します。値が 255 の場合には,アクティブ・サーバへの新しいプロキシ接続を割り当てる操作は実行されません。その場合には,新しいプロセスを起動して,LOGINOUT.EXE 内のインストレーション・セキュリティ・ポリシー・コールアウト・モジュールを起動しなければなりません。1〜254 の値は今後使用するために確保されています。

NISCS_CONV_BOOT

リモート・システムに対し,会話形式のブートを許可するかどうかを制御します。省略時の値の 0 は,会話形式のブートを許可しません。

NISCS_LOAD_PEA0

システムのブート時に,NI-SCS ポート・ドライバ PEDRIVER をロードするかどうかを制御します。省略時の値の 0 は, PEDRIVER をロードしません。

NISCS_MAX_PKTSZ (Alpha システムおよび Integrity システムで A)

ローカル・エリア・ネットワーク (LAN) 上で NISCA によって送信される最大パケット内で,ユーザ・データ領域の上限サイズをバイト単位で指定します。

NISCS_MAX_PKTSZ によって,システム管理者はネットワーク通信パス上でクラスタ通信に使われるパケット・サイズを変更できます。 PEDRIVER は自動的にメモリを割り当てて,システムに接続されている任意の仮想サーキットが使用可能な最大のパケット・サイズをこのパラメータで設定されている上限までサポートします。 OpenVMS Alpha と OpenVMS Integrity では,性能の最適化のため,省略時の値は OpenVMS が現在サポートしている最大パケット・サイズです。

PEDRIVER は,NISCS_MAX_PKTSZ を使って LAN パケット内で送信するデータの最大量を次のように計算しています。

LAN パケット・サイズ <= LAN ヘッダ (パッドされたイーサネット形式) 
                        + NISCS_MAX_PKTSZ 
                        + NISCS チェックサム (データ検査が有効である場合のみ) 
                        + LAN CRC または FCS 

PEDRIVER が自動的に使用する実際のパケット・サイズは,次の理由から,NISCS_MAX_PKTSZ の制限よりも小さくなる可能性があります。

  • LAN パスごとに,ローカルとリモートの LAN アダプタおよびそれを仲介する LAN デバイスを含む,2 つのノードの間の LAN パスが,制限値よりも少ないサイズしか運搬できないと PEdriver が判断した場合。
    言い換えると,ラージ・パケットを使用できるのは,ラージ・パケットの LAN デバイスによってエンド・ツー・エンドに接続されたラージ・パケットの LAN アダプタを備えたノードのみになります。ラージ・パケット LAN に接続されていてもイーサネット・セグメントを含むエンド・ツー・エンド・パスを持つノードのパケット・サイズは,イーサネット・パケットのサイズ (1498 バイト) に制限されます。

  • 性能のため,非ページング・プールのルックアサイド・リストからパケットを割り当てられるように,パケット・サイズの上限に対して PEDRIVER がさらに制限を設けている場合。

実際のメモリ割り当てには,実際の LAN パケット・サイズに加えて, PEDRIVER と LAN ドライバで使用される必須データ構造のオーバヘッドも含まれます。

次の表は,指定された LAN タイプでサポートされる最大パケット・サイズを使用するのに必要な最小の NISCS_MAX_PKTSZ 値を示しています。

LAN のタイプ NISCS_MAX_PKTSZ の最小値
イーサネット 1498
FDDI 4382 (バージョン 7.3 より前)
4396 (バージョン 7.3 以降)
ギガビット・イーサネット 8192
ATM 7606

一部のギガビット・イーサネット・アダプタの最大パケット・サイズは, NISCS_MAX_PKTSZ の最大値 (8192 バイト) よりも大きいことに注意してください。ギガビット・イーサネット上のジャンボフレーム (イーサネット用として記載されているものより大きいパケット・サイズ) を有効にする方法については,LAN_FLAGS パラメータを参照してください。

NISCS_PORT_SERV (A,D)

PEDRIVER ポート・サービスのフラグ・ビットを指定します。

  • ビット 0 と 1 (16 進ビットマスク値 3) をオンにすると,データ・チェックが有効になります。

  • ビット 2 (16 進ビットマスク値 4) をオンにすると,圧縮をサポートしているノードへのすべての仮想チャネル (VC) でデータ圧縮が有効になります。

その他のビットは今後の使用のため予約されています。

OpenVMS バージョン 7.3-1 から,SCACP コマンド SET VC/CHECKSUMMING を使用して,特定のノードへの VC のデータ・チェックを指定することができます。これは実行中のシステムで行うことができます (詳細については,本書の SCACP に関する記述を参照してください)。

OpenVMS Version 8.3 以降, SCACP コマンド SET VC/COMPRESSION を使用して,特定のノードに対して VC でデータ圧縮を指定することができます。 SCACP を使用して,実行中のシステムにおいてデータチェックあるいはデータ圧縮のどちらを有効にすることも可能です (詳細は『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』の SCACP についての章を参照してください)。

また,OpenVMS Version 8.3 以降, NISCS_PORT_SERV は動的なシステム・パラメータとなり,このパラメータの設定変更にシステム・リブートは必要なくなりました。さらに,このパラメータは,設定されるノードと,クラスタの他のノードの間のすべての仮想サーキットに適用されます。

NOAUTOCONFIG (D)

システムのブート時にすべてのデバイスを自動的に構成するかどうかを制御します。省略時の値 0 では,すべてのデバイスをシステムが自動的に構成します。このパラメータを 1 に設定する (自動構成を禁止する) のは,デバッグのときだけにしてください。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

NOCLUSTER

NOCLUSTER は,システムのブート時にページ読み込みクラスタ化を禁止するかどうかを制御します。NOCLUSTER を 1 に設定する (ページ読み込みクラスタ化を禁止する)のは,デバッグのときだけにしてください。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

NOPGFLSWP

許可されている場合,NOPGFLSWPはページ・ファイルへのスワッピングを禁止します。

この特殊パラメータは弊社が使用するものであり,予告なく変更される可能性があります。弊社からの依頼がある場合を除いて,このパラメータは変更しないでください。

NPAGECALC

非ページング動的メモリの初期時サイズをシステムが自動的に計算するかどうかを制御します。

インストール後またはアップグレード後の初回のブート時にのみ, NPAGECALC の省略時の値は 1 に設定されます。 NPAGECALC の値が 1 のとき,システムは NPAGEVIR システム・パラメータと NPAGEDYN システム・パラメータの初期値を計算します。この計算値は,システム内の物理メモリの量を基にしています。

NPAGECALC の計算は,ユーザが確認した,または SYSBOOT プロンプトで設定した NPAGEVIR と NPAGEDYN の値を減らすことはありません。むしろ,NPAGECALC の計算がこれらの値を増やす場合もあります。

AUTOGEN は NPAGECALC を 0 に設定します。システム・パラメータ NPAGEDYN および NPAGEVIR 用に改良された値を AUTOGEN が決定した後は,NPAGECALC の値は常に 0 にしてください。

NPAGEDYN (A,F,G,M)

非ページング動的プールのサイズをバイト単位で指定します。この数値は整数のページ数に切り捨てられます。このパラメータが設定するのは,非ページング・プール・サイズの初期値です。プール・サイズは動的に増加することができます。

このパラメータを設定する場合,まず省略時の値を使用し,実際に使用している空間量を DCL の SHOW MEMORY/POOL/FULL コマンドで監視します。

物理メモリが潤沢でない OpenVMS VAX システムで,もし NPAGEDYN が物理メモリの 10%を越えた場合,あるいは NPAGEVIR が物理メモリの 33 パーセントを越えた場合, AUTOGEN はレポートに警告メッセージを記録します。

AUTOGEN は,算出する NPAGEDYN の値を物理メモリの 20 パーセントに, NPAGEVIR の値を物理メモリの 50 パーセントに制限します。これらのAUTOGENの算出する値は,物理メモリが16MB以下のほとんどのワークステーションやシステムで妥当な数値です。もし,システムがさらに大きなメモリを必要とする場合, AUTOGENの算出した値を越える値を MODPARAMS.DAT に書き込んでください。

NPAGERAD (G)

(Alpha および Integrity) NPAGERAD は,ベース RAD (リソース・アフィニティ・ドメイン) 以外の RAD 用に割り当てられる非ページング・プールの合計バイト数を指定します。 RAD のないプラットフォームでは NPAGERAD は無視されます。全 RAD 用の非ページング・プールの合計量は NPAGEDYN が指定することに注意してください。

また,OpenVMS システムは,各 RAD 用のページを指定した値よりも偶数値のページに切り上げる可能性があることにも注意してください。これによって,ベース RAD が小さすぎる非ページング・プールを持つことが防止されます。たとえば,ハードウェアが 4 つの RAD を備えた AlphaServer GS160 であるとします。

NPAGEDYN = 6291456 バイト 
NPAGERAD = 2097152 バイト 

この場合,OpenVMS システムは合計で約 6,291,456 バイトの非ページング・プールを割り当てます。この量のとき,システムはベース RAD 以外の RAD の間で 2,097,152 バイトを分割します。次に,残りの 4,194,304 バイトをベース RAD に割り当てます。

  注意
実際にはシステムは各 RAD で偶数ページに切り上げます。また,ベース RAD が NPAGEDYN の値と 4M バイトよりも小さな値に割り当てられることはありません。

バージョン 7.3-1 よりも前の OpenVMS システムの AlphaServer GS シリーズ・プロセッサでは,システム管理者は増えている NPAGEDYN が減らないプール拡張を頻繁に経験していました。この問題は NPAGERAD をその省略値の 0 のままにしたことが原因でした。

OpenVMS バージョン 7.3-1 からは,NPAGERAD が 0 (省略時の設定) のとき,システムは次の計算式で NPAGERAD に使用する値を計算します。

                  ベース RAD メモリ 
   NPAGEDYN * (1- --------------- ) 
                   合計メモリ 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項