日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:ACL エディタ
第2章:会計情報ユーティリティ
第3章:ディスク構造分析ユーティリティ
第4章:監査分析ユーティリティ
第5章:登録ユーティリティ
第6章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第7章:バックアップ・ユーティリティ
第8章:CDDVDユーティリティ
第9章:EFIユーティリティ
第10章:Error Log Viewer
第11章:InfoServer
第12章:インストール・ユーティリティ
第13章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第14章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第15章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第16章:Monitor
第17章:MSAユーティリティ
第18章:Point-to-Point
第19章:PCSI
第20章:SASコントローラ
第21章:SCA Control Programユーティリティ
第22章:Show Clusterユーティリティ
第23章:System Generationユーティリティ
第24章:System Managementユーティリティ
第25章:USB構成ユーティリティ
第26章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録B:ACL エディタのカスタマイズ
付録C:プログラマのための会計情報
付録D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録H:MONITOR におけるレコード形式
付録I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録K:システム・パラメータ
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引

第 21 章
SCA Control Program ユーティリティ (SCACP)



SCA Control Program (SCACP) ユーティリティは,クラスタ通信の監視と管理を行うために設計されています。このユーティリティは,Systems Communications Architecture (SCA) に由来しています。 SCA は,OpenVMS Cluster システムにある複数のノードが協調できる通信メカニズムを定義します。

SCA は次のことを行います。

  • ノードにあるリソース間のデータ共有を管理する。

  • 異なる Integrity サーバ,Alpha コンピュータあるいは VAX コンピュータ上で実行される SYSAP (システム・アプリケーション) を結び付ける。

従来,LAN クラスタ・ポート情報は System Dump Analyzer (SDA) ユーティリティで,可用性マネージャ管理ツールを使用することでのみ利用可能でした。 LAN デバイスの PEdriver の起動と停止を行う機能は, SYS$EXAMPLES:SYS$LAVC_START_BUS.EXE と SYS$LAVC_STOP_BUS.EXE から提供されていました。 LAN デバイスや個別のチャネルの使用に優先順位を設定する方法は存在していませんでした。

SCACP は,クラスタ管理データの収集およびクラスタ通信の管理制御について代替方法を提供します。 OpenVMS バージョン 7.3 では, LAN パスの SCA 使用を管理する SCACP の機能が導入されました。 OpenVMS バージョン 7.3-1 からは, SCAPCP を使用して OpenVMS Cluster インターコネクトすべてを管理できます。

OpenVMS Version 8.4 以降では,クラスタ通信に IP (Internet Protocol) を使用することができます。 OpenVMS cluster over IP (IP Cluster Interconnect とも呼ばれます) は,クラスタ通信に LAN に加えて TCP/IP を使用する機能です。クラスタ通信プロトコルを実現する PEdriver は,クラスタ通信に UDP (User datagram protocol) を使用します。

21.1.1 SCACP に関連する用語

SCACP に関連する用語の定義をこれ以降で説明します。

ノード間の SCA 通信メカニズムは,システム通信サービス (SCS) のポートとサーキットによって定義されます。

  • SCS ポート とは, SCA 通信サービスを提供するデバイスのことです。

  • SCS サーキット とは, OpenVMS Cluster ノードの間で信頼性のあるポート・ツー・ポート通信接続を使用して標準化されたサービス群を提供する SCS ポート層接続のことです。

2 つのポート間でサーキットが形成されると,それらのノード内の SYSAP 間で SCS サービスを使用する通信を確立できます。クラスタでは,それぞれのポートが対応する他のすべてのリモート・ポートとのサーキットを保持します。

サーキットは,次の標準化された SCS サービスとともに SCS 層を提供します。

  • データグラム配信

  • メッセージ配信

  • データ読み取りおよび書き込み操作のブロック

  注意
パスサーキット の用語の使用法には多少の相違があります。

  • SCA アーキテクチャ仕様と OpenVMS コードは, サーキット を示すために パス という用語を使用します。

  • SHOW CLUSTER ユーティリティと他の OpenVMS ユーティリティは, SCA でパスと呼ぶものを示すために サーキット という用語を使用します。

  • SCACP は,前述の SHOW CLUSTER の説明に従い, サーキット という用語も使用します。



仮想サーキット (VC) とは,信頼性のあるポート・ツー・ポート通信を提供するサーキット内のインターコネクト固有のトランスポート層接続です。つまり,VC は,インターコネクト固有の信頼性のあるデータ配信に関連するサーキットの詳細です。

サーキットでは次のことが保証されます。

  • 重複または損失のないメッセージの配信

  • メッセージの順序立った管理

サーキットと仮想サーキットの概念は密接に関連しており, SHOW CLUSTER ではサーキットの内部処理のビューが表示されないので,通常は両者を区別する必要はありませんでした。しかしながら,SCACP はこの内部のビューを提供するので,区別が必要です。 Cluster over IP が有効な場合,仮想サーキットはクラスタ通信のチャネルを LAN と IP の両方で構成することができます。

OpenVMS バージョン 7.3 から, LAN ポート間のサーキットの基となる VC に関する情報の管理と表示に SCACP が使用されています。 SCACP はサーキットと VC について異なるタイプの情報を表示できるので, SCACP のコマンドではサーキットと VC を区別する必要があります。

LAN クラスタ通信は,データグラム・サービスを提供している LAN ハードウェア経由で通信を行う NI-SCA トランスポート・プロトコルで仮想サーキットを作成します。

Cluster over IP は, UDP プロトコルを使用して IP ネットワーク経由で通信するために NI-SCA 転送プロトコルを使用する仮想サーキットを作成します。

チャネル とは,2 つの LAN デバイス間の論理的な通信パスです。 2 つのノードの間にある各チャネルは,ローカルとリモートのデバイスのペアと接続しているネットワークによって決定されます。 たとえば,それぞれ 2 つの LAN デバイスを備えている 2 つのノードは,最大 4 つのチャネルを確立できます。特定の仮想サーキットが運ぶメッセージは, 2 つのノードに接続されているいずれのチャネルを経由しても送信できます。

LAN クラスタ・ドライバである PEdriver は,LAN アダプタ (デバイス) とネットワーク接続を定義するチャネルを使った信頼性のある仮想サーキットを構築します。その後,これらの VC を使って SCS へのサーキットを提供します。

OpenVMS Version 8.4 以降では,Cluster over IP のサポートにより,チャネルは 2 つの IP インタフェース間の論理パスでもあります。 2 つのノードの間にある各チャネルは,ローカルとリモートのデバイスのペアと接続しているネットワークによって決定されます。 たとえば,それぞれ 2 つの LAN デバイスを備えている 2 つのノードは,最大 4 つのチャネルを確立できます。同様に,それぞれが 2 つの IP インタフェースを持つ 2 つのノード (たとえばノード A では IE0 および IE1,ノード B では WE0 および WE1) は,最大 4 つのチャネル (IE0-WE0,IE0-WE1,IE1-WE0,IE1-WE1) を確立することができます。特定の仮想サーキットが伝送するメッセージは,この 2 つのノードを接続しているいずれかのチャネルを経由して送信できます。

IP クラスタ・ドライバである PEdriver は,IP インタフェースとネットワーク接続を定義するチャネルを使った信頼性のある仮想サーキットを構築します。その後,これらの VC を使って SCS へのサーキットを提供します。

チャネルと仮想サーキットは次の点で異なります。

  • チャネルはデータグラム・サービスを提供する LAN あるいは IP パスです。 LAN では IEEE 802.3 プロトコルが使用され,IP ベースの通信では UDP (ユーザ・ダイアグラム・プロトコル) が使用されます。

  • NI-SCA ポート・ツー・ポート仮想サーキットは,チャネル上に階層化されており,ノード間でエラーのないパスを提供します。

OpenVMS Cluster シと言えます。仮想サーキットは LAN および IP の両方のチャネルを持つと言えます。システム内のノード間には,複数のチャネルが存在できますが,一度に 2 つのノード間に存在できるのは 1 つの LAN/IP ベースの仮想サーキットのみです。

  注意
仮想サーキットは LAN および IP の両方のチャネルを持つことができ, LAN と同様に IP を使用して 2 つのノードが通信できます。



ここでは,SCA サーキットとポートに利用可能な新しい機能,および SCS 動的負荷クラスへの新しいサポートについて説明します。

OpenVMS バージョン 7.3-1 から,SCS 接続のために使用すると選択したサーキット経由で管理制御を実施できます。この制御により,最も高い負荷クラス値のサーキットの自動選択を無効にできます。

自動サーキット選択を無効にするには,管理優先順位値を特定のサーキットまたは SCA ポートに割り当てます (サーキットの現在の優先順位値は,ローカル・ポートの管理に割り当てられた優先順位と,そのサーキットに割り当てられた管理優先順位値の合計です)。

接続は,最も高い優先順位のサーキットに割り当てられます。複数のサーキットに最も高い優先順位値がある場合,最も高い負荷クラスのサーキットが選択されます。

サーキットの現在の優先順位を変更すると,次のいずれか 1 つの影響があります。

  • サーキットの新しい現在の優先順位値が別のサーキットの現在の優先順位よりも高い場合,接続は現在の優先順位の高い方のサーキットに移動します。

  • 同様に,サーキットの新しい現在の優先順位値が別のサーキットの現在の優先順位よりも低い場合,接続は現在の優先順位が最も高いサーキットに移動します。

重要: サーキット管理の優先順位はクローズで失われる

サーキットがクローズすると,常にサーキットの管理優先順位設定は失われます。これは,サーキットがクローズするたびにサーキットに関する情報を含むデータ構造の割り当てが解除されるためです。サーキットが再度オープンされると,データ構造は省略時の値で初期化されます。つまり,サーキット管理優先順位は VC のクローズ間で通知されることはありません。



SCACP では,VC ごとにチェックサム機能を有効または無効にすることができます。たとえば,ディザスタ・トレラント・クラスタでは,リモート・サイトにあるノードへの VC でのチェックサム機能のみを有効にして,パケットの破壊を原因とする LAN/IP デバイスのチェックサム機能の失敗がリモート・サイトに通知されないようにすることも考えられます。

OpenVMS バージョン 7.3-1 よりも前のバージョンでは, SCS サーキットの負荷クラスは,ポートに事前に設定された負荷クラス値によってのみ決定されていました。その結果,ギガビット・イーサネット・サーキット経由では, CI または DSSI サーキットが選択されていました。 OpenVMS バージョン 7.3-1 からは,PEdriver が,基となっている LAN/IP パスまたは現在使用中のパスの性能を反映して,その SCS サーキットの負荷クラス値を動的に更新します。

サーキットの優先順位が同一である場合,サーキットの負荷クラスを変更すると,次のいずれか 1 つの影響があります。

  • サーキットの新しい負荷クラス値が別のサーキットの現在の負荷クラスよりも高い場合,接続は負荷クラス・サーキットの高い方に移動します。

  • 同様に,サーキットの新しい負荷クラス値が別のサーキットの負荷クラスよりも低い場合,接続は負荷クラスが最も高いサーキットに移動します。



21.1.3 クラスタ・ポートとサーキットの管理

V7.3-1 から,SCACP は 1 つのクラスタ・インターコネクトのローカル・ポートとそのリモート・ポートとのサーキットに関する情報を表示する機能を提供しています。

SCACP ポートとサーキットのデータは,ポートとサーキット経由で管理制御を実施するために必要な情報を提供するために用意されています。 SCACP は,ポートとサーキットについて SHOW CLUSTER が提供する豊富なデータを置き換えるためのものではありません。 SHOW CLUSTER ユーティリティと SCACP ユーティリティは,クラスタ通信の管理を行うため,ともに使用することを目的としています。

SCACP ポートとサーキットのデータは,次の内容を示します。

  • SCACP ポート・データは特定ポートの特性についての概要を示します。

  • SCACP サーキット・データはクラスタ内の他のノードとの SCS 通信の特性と状態を示します。

また,優先順位値を個々のポートやクラスタに割り当てることでクラスタ通信を管理することもできます。詳細については,SET CIRCUIT と SET PORT のコマンド説明を参照してください。

21.1.4 LAN/IP クラスタ・ポートの管理

LAN/IP クラスタ・ポートを管理するには,共通のポート・コマンドとサーキット・コマンドを使用できます。 LAN/IP ポート VC,チャネル,クラスタ・ノードのLAN デバイス,およびクラスタ・ノードの IP インタフェースに対するコマンドも存在します。

  • VC データは,ローカルとリモートの PEdriver ポート間のサーキットの基となっている NI-SCA トランスポート層接続の特性と処理に関する詳細な内部情報を表示します。

  • チャネル・データは,各 LAN/IP 通信パスの特性を示し,各チャネルが仮想サーキットで使用するのにどのように適しているのかを示します。

  • LAN デバイス・データは,低いレベルのローカル LAN デバイス特性,カウンタ,およびエラーを示します。

  • IP インタフェース・データは,低いレベルの IP インタフェース特性,カウンタ,およびエラーを示します。

SCACP では,チャネルと LAN/IP デバイスの優先順位を設定できます。また,SCACP は LAN デバイスあるいは IP インタフェース上の PEdriver の起動と停止ができます。

PEdriver イベント・トレース機能の使用

LAN/IP クラスタ・ポート・ドライバである PEdriver には,定義された各イベントの少量の情報を収集し,それを仮想サーキットまたはチャネルに関連付けられたバッファに保存する イベント・トレース機能があります。特定の仮想サーキットやチャネルに関連しないイベントは,グローバルな PEdriver トレース・バッファに保存されます。

イベント・トレース・データは,デバッグ,ダンプ分析の実行,および PEdriver 処理の詳細な側面の確認を行うときに使われます。

  注意
TRACE コマンドは,OpenVMS Engineering 部門の指示の下, OpenVMS Engineering 部門および弊社のサービス担当の使用に限定されています。トレース用コマンドとその出力は,今後のリリースで変更する可能性があります。



SCACP を使用すると,クラスタ通信の問題を診断できます。『OpenVMS Cluster システム』の付録「NISCA プロトコルのトラブルシューティング」にはクラスタ管理者とネットワーク管理者が SCACP や他のツールを使ってネットワークに関連するクラスタ通信の問題を正確に把握できるトラブルシューティング手法が説明されています。

21.1.6 関連資料

この章で説明するトピックの補足情報については,次のマニュアルを参照してください。

  • 『OpenVMS Cluster システム』

  • 『OpenVMS Cluster 構成ガイド』



21.2 SCACP の使用方法の概要

SCA Control Program (SCACP) は,特定の特権クラスタ通信管理機能を実行するクラスタ管理ユーティリティです。


形式

RUN SYS$SYSTEM:SCACP

SCACP を起動するには,DCL プロンプトで次のコマンドを入力します。

$ RUN SYS$SYSTEM:SCACP

SCACP は次のプロンプト表示します。このプロンプトでは,標準的な DCL の構文規則を使用して SCACP コマンドを入力できます。

SCACP> 

SCACP を終了して DCL コマンド・レベルに戻るには, SCACP> プロンプトで EXIT コマンドを入力するか, Ctrl/Z を押します。

  注意
OpenVMS Version 7.3 以降では, SCACP のコマンドを入力するためには SYSPRV 特権が必要です。

SCACP では,以下の特権も必要です。

  • 情報を表示したり,SCACP の実行に影響を与えるコマンド (SHOW, HELP,SPAWN,EXIT など) を入力するためには,最低の DISPLAY 特権が必要です。

  • クラスタ通信操作を変更するコマンド (SET,START,および STOP) を実行するためには,SYSPRV 特権が必要です。


$ CREATE COUNT.COM
SHOW LAN_DEVICE/COUNTERS
SPAWN WAIT 00:01:00
@COUNT
[Ctrl/Z]
$ RUN SYS$SYSTEM:SCACP
SCACP> @COUNT

この例では,デバイス・カウンタを 1 分ごとに表示するコマンド・プロシージャ COUNT.COM を作成して実行しています。



SCACP コマンドには,次のタイプの機能が用意されています。

  • 表示

  • ポート選択

  • サーキット選択

  • チャネル操作と選択

  • LAN デバイス/IPインタフェースの操作と選択

  • トレース

  • その他 : ヘルプ,計算,SPAWN,および終了

SCACP コマンドを 表 21-1 に示します。

表 21-1 SCACP コマンド
コマンド 機能
SCACP 表示コマンド修飾子
SHOW CHANNEL PEdriver チャネル情報を表示する。
SHOW CHANNEL/LAN PEDRIVER LAN チャネル情報を表示する。
SHOW CHANNEL/IP PEDRIVER IP チャネル情報を表示する。
SHOW CIRCUIT (ノード名) このノードと他のクラスタ・ノードの間のすべての仮想サーキットに関する情報を表示する。
SHOW LAN_DEVICE PEdriver LAN デバイス情報を表示する。
SHOW PORT LAN ポートである PEA0 を含むノード上のすべての SCA ポートに関する情報を表示する。
SHOW VC PEdriver 仮想サーキット情報を表示する。
SCACP 操作コマンド
SET CHANNEL PEdriver チャネル管理オプションの設定をユーザに許可する。
SET CIRCUIT 選択したサーキットの管理優先順位値の設定をユーザに許可する。
SET PORT 選択したポートの管理優先順位値の設定をユーザに許可する。
SET VC PEdriver 仮想サーキット・オプションの設定をユーザに許可する。
SCACP LAN デバイス操作コマンド
SET LAN_DEVICE PEdriver LAN デバイス管理オプションを設定する。
START LAN_DEVICE 指定された LAN デバイスで PEdriver を起動する。
STOP LAN_DEVICE 指定された LAN デバイスで PEdriver を停止する。
SCACP IP デバイス操作コマンド
SET IP_INTERFACE IP インタフェース管理優先順位パラメータを設定する。
SHOW IP_INTERFACE PEdriver デバイス IP インタフェース・データを表示する。
START IP_INTERFACE IP インタフェース上の PEdriver を起動する。
STOP IP_INTERFACE IP インタフェース上の PEdriver を停止させる。
SCACP トレース・コマンド
これらのコマンドは,弊社の使用のために予約されています。
SET TRACE PEdriver イベント・トレース・オプションを設定する。
SHOW TRACE PEdriver イベント・トレース・オプションを表示する。
START TRACE PEdriver イベント・トレースを開始する。
STOP TRACE PEdriver イベント・トレースを停止する。
SCACP のその他のコマンド
CALCULATE SET コマンドで OpenVMS Cluster の通信を制御するために使用する値を計算する。
HELP ヘルプ・データを表示する。
RELOAD PEdriver が PE$IP_CONFIG.DAT ファイルの IP ユニキャスト・アドレスをリフレッシュし,リストに基づいて hello パケットを送信する。この機能は,IP クラスタにノードが追加され,クラスタ通信に IP ユニキャストが使用される場合に使用されます。既存のすべてのメンバは,クラスタに参加する新しいノードの IP アドレスを持っていなければなりません。このルールは,新しいノードがクラスタ通信用に IP チャネルだけを持つ場合にのみ適用されます。
SPAWN [コマンド] SPAWN してコマンドを実行する。
@ファイル名 コマンド・ファイルを実行する。
EXIT SCACP を終了する。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項