日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:ACL エディタ
第2章:会計情報ユーティリティ
第3章:ディスク構造分析ユーティリティ
第4章:監査分析ユーティリティ
第5章:登録ユーティリティ
第6章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第7章:バックアップ・ユーティリティ
第8章:CDDVDユーティリティ
第9章:EFIユーティリティ
第10章:Error Log Viewer
第11章:InfoServer
第12章:インストール・ユーティリティ
第13章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第14章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第15章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第16章:Monitor
第17章:MSAユーティリティ
第18章:Point-to-Point
第19章:PCSI
第20章:SASコントローラ
第21章:SCA Control Programユーティリティ
第22章:Show Clusterユーティリティ
第23章:System Generationユーティリティ
第24章:System Managementユーティリティ
第25章:USB構成ユーティリティ
第26章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録B:ACL エディタのカスタマイズ
付録C:プログラマのための会計情報
付録D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録H:MONITOR におけるレコード形式
付録I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録K:システム・パラメータ
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引



SPAWN

サブプロセスを作成し,LATCP セッションを終了せずに DCL コマンドを実行できるようにします。LATCP の SPAWN コマンドは,DCL の SPAWN コマンドと似ています。

LATCP セッションに戻るには,DCL の LOGOUT コマンドを入力してサブプロセスを終了するか,または DCL の ATTACH コマンドにより, LATCP を実行しているプロセスにターミナルを戻します。


形式

SPAWN [DCL コマンド]


パラメータ



DCL コマンド

DCL コマンドを指定します。指定した DCL コマンドは,サブプロセスで実行されます。DCL コマンドが終了すると,制御は LATCP に戻ります。

DCL コマンドを指定しない場合,サブプロセスが作成されます。ここで,DCL コマンドを実行できます。このサブプロセスを終了するか,または DCL の ATTACH コマンドで親プロセスに戻ることにより, LATCP セッションを続行できます。


説明

SPAWN コマンドの動作は,DCL の SPAWN コマンドとまったく同じです。 LATCP セッションを終了せずに,印刷キューの作成,デバイス保護の変更,メールへの応答などの DCL コマンドを実行できます。

キャプティブ・アカウントで LATCP を実行している場合,このコマンドで DCL にアクセスすることはできません。


LATCP> SPAWN
$

DCL レベルでサブプロセスを作成しています。DCL コマンドを実行できます。ログアウトするかまたは DCL の ATTACH コマンドを実行すれば,LATCP プロンプトに戻ります。



ZERO COUNTERS

ローカル・ノードが保持しているリンク・カウンタ,ノード・カウンタ,サービス・カウンタを再設定します。このコマンドを使用するためには,OPER 特権が必要です。

形式

ZERO COUNTERS


パラメータ



なし

修飾子



/LOG

/NOLOG (省略時の設定)

カウンタが再設定されたことを確認するメッセージを表示するかどうかを指定します。省略時の設定では,メッセージは表示されません。

/LINK[=リンク名]

再設定したいカウンタに対応する,ローカル・ノード上のリンクを指定します。リンク名を指定しない場合,リンク LAT$LINK のカウンタが再設定されます。

/NODE[=ノード名]

再設定したいカウンタに対応するノードを指定します。ノード名を指定しない場合,使用中のローカル・ノードのカウンタが再設定されます。

/PORT=ポート名

カウンタを再設定したい (ローカル・ノード上の) ポートを指定します。

/SERVICE=サービス名

再設定したいカウンタに対応する,ローカル・ノード上のサービスを指定します。

説明

カウンタを再設定します。リンク・カウンタ,ノード・カウンタ,サービス・カウンタを再設定できます。/LINK,/NODE,/SERVICE のいずれかを指定してください。

LATCP> ZERO COUNTERS/SERVICE=LTVM
LATCP> SHOW SERVICE LTVM /COUNTERS
 
Service Name:  LTVM 
 
Seconds Since Zeroed:          9 
Connections Attempted:         0    Connections Accepted:          0 
Connections Completed:         0    Connections Rejected:          0 
Password Failures:             0 

LTVM というサービスのカウンタを再設定しています。 ZERO COUNTERS コマンドがどのようにカウンタを再設定するかが, SHOW SERVICE コマンドにより表示されています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項