日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:ACL エディタ
第2章:会計情報ユーティリティ
第3章:ディスク構造分析ユーティリティ
第4章:監査分析ユーティリティ
第5章:登録ユーティリティ
第6章:AUTOGENコマンド・プロシージャ
第7章:バックアップ・ユーティリティ
第8章:CDDVDユーティリティ
第9章:EFIユーティリティ
第10章:Error Log Viewer
第11章:InfoServer
第12章:インストール・ユーティリティ
第13章:LAN制御プログラム・ユーティリティ
第14章:LAT制御プログラム・ユーティリティ
第15章:ログ・マネージャ制御プログラム・ユーティリティ
第16章:Monitor
第17章:MSAユーティリティ
第18章:Point-to-Point
第19章:PCSI
第20章:SASコントローラ
第21章:SCA Control Programユーティリティ
第22章:Show Clusterユーティリティ
第23章:System Generationユーティリティ
第24章:System Managementユーティリティ
第25章:USB構成ユーティリティ
第26章:XA Gateway Control Programユーティリティ
付録A:ACLエディタのキーパッド編集コマンド
付録B:ACL エディタのカスタマイズ
付録C:プログラマのための会計情報
付録D:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 段階チェック
付録E:ANALYZE
/DISK_STRUCTURE
- 使用量ファイル
付録F:セキュリティ監査メッセージの形式
付録G:BACKUP 修飾子の組み合わせ方
付録H:MONITOR におけるレコード形式
付録I:HP OpenVMS I64 シリアル・マルチプレクサのサポート
付録J:SHOW CLUSTER キーパッド・コマンド
付録K:システム・パラメータ
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル


目次 索引



/USAGE[=ファイル指定]

ディスク使用量会計ファイルも出力するかどうかを指定します。

形式

/USAGE
[=ファイル指定]


説明

ファイル指定の一部または全部を省略すると,ANALYZE/DISK_STRUCTURE は,省略時のファイル指定である USAGE.DAT を使用します。このファイルは,現在の省略時のディレクトリに格納されます。

$ ANALYZE/DISK_STRUCTURE DBA1:/USAGE
$ DIRECTORY USAGE
 
Directory DISK$DEFAULT:[ACCOUNT]
 
USAGE.DAT;3
 
Total of 1 file.
 

最初のコマンドは,ディスク使用量会計ファイルを出力します。コマンド行に出力ファイル指定がないので,省略時のファイル名とディレクトリである [ACCOUNT]USAGE.DAT が使用されます。DIRECTORY コマンドは,すべての省略時の情報を表示します。この例の OpenVMS Alpha デバイス MDA2000: は, SET VOLUME コマンドで ODS-2 から ODS-5 に変換されています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項