日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:概論
第 1 章:日本語SMG (SMG$)の概要
第 2 章:日本語 SMG の出力操作
第 3 章:日本語 SMG 入力操作
第 4 章:日本語 SMG の高度な機能
第 5 章:フォーリン・ターミナルのサポート
第 6 章:日本語 SMG を使用したプログラム開発
第 7 章:日本語 SMG ルーチンの呼び出しの例
第 2 部:リファレンス・セクション
第 8 章:日本語 SMG リファレンス
コマンド一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 OpenVMS
日本語画面管理ライブラリ 利用者の手引き


目次 索引




Set Absolute Cursor Position ルーチンは,仮想ディスプレイの仮想カーソルを指定位置に移動させます。

形式

SMG$SET_CURSOR_ABS display-id [,start-row] [,start-column]


戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value



引数



display-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


仮想カーソルの位置を指定する仮想ディスプレイの識別子。 display-id 引数は,仮想ディスプレイの識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_VIRTUAL_DISPLAY ルーチンによって与えられます。

start-row

OpenVMS 用法 longword_signed
データ型 longword (signed)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


仮想カーソルが移動される行。 start-row 引数は,行の位置を格納した符号付きロングワードのアドレスです。この引数を省略した場合は,カーソルは現在の行に置かれます。

start-column

OpenVMS 用法 longword_signed
データ型 longword (signed)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


仮想カーソルが移動されるカラム。 start-column 引数は,カラム位置を格納した符号付きロングワードのアドレスです。この引数を省略した場合は,カーソルは現在のカラムに置かれます。


説明

SMG$SET_CURSOR_ABS ルーチンは,仮想カーソルを仮想ディスプレイの指定位置に移動させます。

戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVCOL カラム位置が誤っています。
SMG$_INVDIS_ID display-id 引数が誤っています。
SMG$_INVROW 行の位置が誤っています。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。




Set the Cursor Mode ルーチンは,物理カーソルをオンまたはオフに設定し,ジャンプ・スクロールまたは連続スクロールを選択します。

形式

SMG$SET_CURSOR_MODE pasteboard-id [,flags]


戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value



引数



pasteboard-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


ペーストボード識別子。 pasteboard-id 引数は,ペーストボード識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_PASTEBOARD ルーチンによって与えられます。

flags

OpenVMS 用法 mask_longword
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


スクロール属性とカーソル属性を指定するビット・マスク(省略可能)。 flags 引数は,フラグを格納した符号なしロングワードのアドレスです。 flags 引数に対して指定できる値は次のとおりです。

SMG$M_CURSOR_OFF 物理カーソルを消去する。
SMG$M_CURSOR_ON 物理カーソルを表示する。
SMG$M_SCROLL_JUMP ジャンプ・スクロール。
SMG$M_SCROLL_SMOOTH 連続スクロール。


説明

SMG$SET_CURSOR_MODE ルーチンはカーソルを表示または消去し,ジャンプ・スクロールと連続スクロールのいずれかを選択します。漢字ターミナルがこれらの機能を備えていない場合には,このルーチンを実行しても無効です。

戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVARG 引数に誤りがあります。
SMG$_INVPAS_ID pasteboard-id 引数に誤りがあります。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。




Move Cursor Relative to Current Position ルーチンは,仮想ディスプレイ内の現在の仮想カーソルの位置から指定された行数およびカラム数だけ,仮想カーソルを移動します。

形式

SMG$SET_CURSOR_REL display-id [,delta-row] [,delta-column]


戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value



引数



display-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


仮想カーソルを移動する仮想ディスプレイを指定します。 display-id 引数は,仮想ディスプレイ識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_VIRTUAL_DISPLAY ルーチンによって与えられます。

delta-row

OpenVMS 用法 longword_signed
データ型 longword (signed)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


仮想カーソルを移動する行数を指定します。delta-row 引数は,移動する行数を格納した符号付きロングワードのアドレスです。この引数を省略した場合には,仮想カーソルは現在の行位置から移動しません。 delta-row 引数が正の値の場合には,仮想カーソルは指定された行数だけ下に移動します。 delta-row 引数が負の値の場合には,仮想カーソルは指定された行数だけ上に移動します。

delta-column

OpenVMS 用法 longword_signed
データ型 longword (signed)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


仮想カーソルを移動するカラム数を指定します。 delta-column 引数は,移動するカラム数を格納した符号付きロングワードのアドレスです。この引数を省略した場合には,仮想カーソルは現在のカラム位置から移動しません。 delta-column 引数が正の値の場合には,仮想カーソルは指定されたカラム数だけ右に移動します。delta-column 引数が負の値の場合には,仮想カーソルは指定されたカラム数だけ左に移動します。


説明

SMG$SET_CURSOR_REL ルーチンは,現在の仮想カーソルの位置をもとに,指定された行数およびカラム数だけ仮想カーソルを移動します。 delta-row 引数および delta-column 引数の指定に従ってカーソルを移動した結果,カーソルが仮想ディスプレイの外部に移動する場合には,SMG$_INVROW または SMG$_INVCOL が戻されます。

戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVARG 引数に誤りがあります。
SMG$_INVCOL delta-column 引数の値が誤っているため,カーソルを仮想ディスプレイの外部に移動しようとしました。
SMG$_INVDIS_ID display-id 引数に誤りがあります。
SMG$_INVROW delta-row 引数の値が誤っているため,カーソルを仮想ディスプレイの外部に移動しようとしました。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。




Set Default State ルーチンは,キー・テーブルに対して現在の省略時の状態を設定するか,または現在の省略時の状態を戻します。

形式

SMG$SET_DEFAULT_STATE key-table-id [,new-state] [,old-state]


戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword(unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value



引数



key-table-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword(unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


省略時の状態を設定または検索するキー・テーブルを指定します。 key-table-id 引数は,キー・テーブル識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_KEY_TABLE ルーチンによって与えられます。

new-state

OpenVMS 用法 char_string
データ型 character string
アクセス read only
受け渡し方 by descriptor


キー・テーブル全体に対する新しい省略時の状態を指定します。 new-state 引数は,新しい状態文字列を示すディスクリプタのアドレスです。指定された状態名は,使用する前に大文字に交換され,後続する空白は削除されます。

old-state

OpenVMS 用法 char_string
データ型 character string
アクセス write only
受け渡し方 by descriptor


指定されたキー定義テーブルの既存の省略時状態名が書き込まれます。 old-state 引数は,既存の状態文字列が書き込まれる文字列を示すディスクリプタのアドレスです。


説明

SMG$SET_DEFAULT_STATE ルーチンは,キー定義テーブル全体に対して省略時の状態名を設定するか,または現在の省略時の状態名を戻します。キー定義テーブル全体に対する省略時の状態を変更すれば,新しい機能集合に対してキーパッド・キーを使用できます。キー定義テーブルは SMG$READ_COMPOSED_LINE ルーチンで使用できます。

戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVKTB_ID key-table-id 引数に誤りがあります。
SMG$_INVSTANAM 状態名に誤りがあります。
LIB$_INVSTRDES 文字列ディスクリプタに誤りがあります。




Create Display Scrolling Region ルーチンは,仮想ディスプレイ内に仮想スクロール領域を作成します。

形式

SMG$SET_DISPLAY_SCROLL_REGION display-id [,start-row][,end-row]


戻り値



OpenVMS 用法 cond_value
データ型 longword (unsigned)
アクセス write only
受け渡し方 by value



引数



display-id

OpenVMS 用法 identifier
データ型 longword (unsigned)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


スクロールが実行される仮想ディスプレイを指定します。 display-id 引数は,仮想ディスプレイ識別子を格納した符号なしロングワードのアドレスです。

この引数は SMG$CREATE_VIRTUAL_DISPLAY ルーチンによって与えられます。

start-row

OpenVMS 用法 longword_signed
データ型 longword (signed)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


仮想スクロール領域の1行目を指定します。start-row 引数は,開始行番号を格納した符号付きロングワードのアドレスです。この引数を省略した場合には,ディスプレイの 1 行目が使用されます。

end-row

OpenVMS 用法 longword_signed
データ型 longword (signed)
アクセス read only
受け渡し方 by reference


仮想スクロール領域の最後の行を指定します。end-row 引数は,終了行番号を格納した符号付きロングワードのアドレスです。この引数を省略した場合には,仮想ディスプレイの最後の行が使用されます。


説明

SMG$SET_DISPLAY_SCROLL_REGION ルーチンは,指定された開始行と終了行を使用して,指定された仮想ディスプレイ内に仮想スクロール領域を作成します。 start-row 引数と end-row 引数を省略した場合には,仮想ディスプレイ全体がスクロール領域になります。このルーチンはペーストボードの表示を変更せず,また仮想カーソルの位置も変更しません。

SMG$SET_DISPLAY_SCROLL_REGION ルーチンを使用すれば,仮想ディスプレイの一部をスクロール領域として定義できます。日本語 SMG では,スクロール操作は以下の方法で実行されます。スクロール領域の一番下の行に書き込むために SMG$PUT_LINE ルーチンを呼び出した場合には,仮想ディスプレイはただちに上にスクロールされるわけではありません。仮想ディスプレイをただちに上にスクロールした場合には,スクロール領域の一番下の行は絶対に使用できなくなります。このため,SMG$PUT_LINE ルーチンを次に呼び出すまで,スクロール要求は "格納" されます(スクロール要求を格納しなければならないのは,行全体を書き込むルーチン,たとえば,SMG$PUT_LINE ルーチンなどを次に呼び出すまでです)。

SMG$PUT_LINE ルーチンを呼び出した後,SMG$SET_CURSOR_ABS ルーチンや SMG$PUT_CHARS ルーチンなどの別のルーチンを呼び出した場合には,格納されているスクロール要求は破棄され,スクロール領域の一番下の行に書き込まれるテキストは既存の行の上に重ね書きされます。


戻される状態値

SS$_NORMAL 正常終了。
SMG$_INVDIS_ID display-id 引数に誤りがあります。
SMG$_INVARG end-row 引数が start-row 引数より小さいか,または等しい値です。
SMG$_INVROW 行番号が誤っています。
SMG$_WRONUMARG 引数の数が誤っています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項