日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMSマニュアル
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1部:新機能
第1章:V8.4の新機能概要
第2章:一般ユーザ機能
第3章:仮想化機能
第4章:性能の強化
第5章:耐障害性およびクラスタ機能
第6章:ストレージ・デバイスとI/Oのサポート
第7章:セキュリティ機能
第8章:システム管理機能
第9章:プログラミング機能
第10章:関連製品の新機能
第2部:英文ドキュメント
第11章:ドキュメントの概要
第12章:ドキュメントの提供形態
第13章:マニュアルの説明
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.4 新機能説明書


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 部 OpenVMS Version 8.4 の新機能
第 1 章 HP OpenVMS Version 8.4 の新機能の概要
第 2 章 一般ユーザ機能
第 3 章 仮想化機能
第 4 章 性能の強化
第 5 章 耐障害性およびクラスタ機能
第 6 章 ストレージ・デバイスと I/O のサポート
第 7 章 セキュリティ機能
第 8 章 システム管理機能
第 9 章 プログラミング機能
第 10 章 関連製品に関する新機能
第 2 部 OpenVMS の英語版ドキュメント
第 11 章 OpenVMS 英語版ドキュメントの概要
第 12 章 OpenVMS の英語版ドキュメント (印刷およびオンライン)
第 13 章 OpenVMS のドキュメントの説明
  索引
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 部
第 1 部 OpenVMS Version 8.4 の新機能
第 1 章
1 HP OpenVMS Version 8.4 の新機能の概要
  1.1   新機能の概要
第 2 章
2 一般ユーザ機能
  2.1   オペレーティング環境モデル/ライセンス体系の変更
  2.2   HP Code Signing Service (HPCSS)
  2.3   DCL コマンドとレキシカル関数
    2.3.1      SEARCH/STATISTICS の新しいキーワード
    2.3.2      BACKUP の圧縮サポート
    2.3.3      DCL コマンド・プロシージャのコマンド行入力として最大16個のパラメータをサポート
    2.3.4      F$CUNITS レキシカルの拡張
    2.3.5      F$GETDVI レキシカル関数: 新しい項目コード
      2.3.5.1         F$GETDVI レキシカル関数: 負の数値
  2.4   2TB ボリュームのサポート
    2.4.1      2 TB サポートに関する制限事項
    2.4.2      BACKUP の 2TB ボリューム・サポート
  2.5   プロセス毎のカーネル・スレッド制限
  2.6   マウント済みボリュームに対する XFC の動的な有効/無効の切り替え
  2.7   XFC の有効/無効のマウント時の切り替え
    2.7.1      混成クラスタにおける影響
  2.8   Mail ユーティリティの拡張
    2.8.1      メール・ヘッダでの 255 文字以上のサポート
    2.8.2      メール転送エントリの制限の緩和
  2.9   高精度時間
第 3 章
3 仮想化機能
  3.1   Integrity VM でのゲスト OS としての OpenVMS
    3.1.1      必要なライセンス
    3.1.2      サポートされるハードウェア
    3.1.3      ゲストOSとしての OpenVMS のインストール
    3.1.4      ゲストOSとしてのOpenVMS の機能
  3.2   ID-VSE for OpenVMS
第 4 章
4 性能の強化
  4.1   RAD サポート (Integrity のみ)
    4.1.1      RAD ベース・システムのためのページのゼロ化 (Integrity および Alpha)
    4.1.2      SYS$EXAMPLES:RAD.COM (Integrity および Alpha)
    4.1.3      RAD メモリの使用量 (Integrity および Alpha)
第 5 章
5 耐障害性およびクラスタ機能
  5.1   Cluster over IP
  5.2   Volume Shadowing for OpenVMS の拡張
    5.2.1      6 メンバのシャドウ・セットのサポート
    5.2.2      HBMM のための新しい DISMOUNT キーワード
    5.2.3      高速ミニコピーおよびミニマージ
    5.2.4      SET SHADOW の新しい修飾子
    5.2.5      書き込みビットマップにおける性能の改善
第 6 章
6 ストレージ・デバイスと I/O のサポート
  6.1   8 Gb Fibre Channel PCIe アダプタのサポート
  6.2   PCI Sound Card HP AD317A PCI のサポート
  6.3   OpenVMS V8.3-1H1 のイニシャル・リリース後に追加サポートされたストレージ・デバイスとI/O コントローラ
第 7 章
7 セキュリティ機能
  7.1   HP SSL Version 1.4 for OpenVMS の機能
  7.2   LDAP ユーザのグローバル・マッピングおよびローカル・マッピング
    7.2.1      制限事項
第 8 章
8 システム管理機能
  8.1   HP SIM によるプロビジョニング機能の拡張
    8.1.1      OpenVMS Version 8.4 の展開
    8.1.2      OpenVMS TCP/IP の構成
  8.2   WBEM Providers for OpenVMS Version 8.4
  8.3   vKVM 機能 (Integrity のみ)
  8.4   CPU Component Indictment - プロセッサの動的な回復
    8.4.1      インダイトゥメント・サーバの有効化および無効化
    8.4.2      インダイトゥメント機能で検出された CPU の状態表示
  8.5   Power Management (Integrity のみ)
  8.6   新しいシステム・パラメータ
  8.7   HP System Analysis Tools の拡張
    8.7.1      部分ダンプ・コピーのサポート
      8.7.1.1         部分ダンプ・コピーの修飾子
      8.7.1.2         /FILE の DUMP キーワード
      8.7.1.3         DCL ANALYZE /CRASH_DUMP コマンド
      8.7.1.4         部分ダンプ・コピーに関するその他の注意事項
    8.7.2      索引ページの切捨て
    8.7.3      SHOW_PFN_DATA コマンド: 新しい修飾子
    8.7.4      /RING_BUFFER[=n] に対するオプションのフィルタ・アドレス
    8.7.5      SHOW SYMBOL コマンド: 新しい修飾子
    8.7.6      SHOW ACPI /NAMESPACE および SHOW ACPI /TABLES コマンド
    8.7.7      SHOW SPINLOCKS コマンド: 新しい修飾子
    8.7.8      SHOW RESOURCE /CONTENTION コマンド: 新しい修飾子
    8.7.9      SET CPU および SHOW CPU コマンド: 新しい修飾子
    8.7.10      SHOW RAD コマンド: 新しい修飾子 (Integrity のみ)
  8.8   InfoServer からのメモリ・ディスクのブート (Integrity のみ)
  8.9   Availability Manager での Cluster over IP のサポート
第 9 章
9 プログラミング機能
  9.1   OpenVMS 呼び出し可能メールの拡張
  9.2   C Run-Time Library の拡張
    9.2.1      C RTL での Unicode サポート - ファイル名に対する UTF-8 エンコーディング
    9.2.2      性能改善のための strcmp() および memcmp() の拡張
    9.2.3      セマフォのサポート
    9.2.4      DECC$PRINTF_USES_VAX_ROUND 機能スイッチ
  9.3   リンカ・ユーティリティの拡張
  9.4   システム・サービスに関する新しい情報
  9.5   新しい項目コード


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項