日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMSマニュアル
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1部:新機能
第1章:V8.4の新機能概要
第2章:一般ユーザ機能
第3章:仮想化機能
第4章:性能の強化
第5章:耐障害性およびクラスタ機能
第6章:ストレージ・デバイスとI/Oのサポート
第7章:セキュリティ機能
第8章:システム管理機能
第9章:プログラミング機能
第10章:関連製品の新機能
第2部:英文ドキュメント
第11章:ドキュメントの概要
第12章:ドキュメントの提供形態
第13章:マニュアルの説明
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
V8.4 新機能説明書


目次 索引



SHOW SDA DUMP コマンドの /FILE 修飾子の DUMP キーワードで,値を指定できるようになりました。この値は,ダンプを作成するファイルをオープンする際に,SDA によって割り当てられるファイル番号です。ファイルは昇順で 1 から番号が付けられます。値が存在しない場合,デフォルトのファイルは 1 です。

DCL ANALYZE/CRASH_DUMP コマンドに,次のような変更が加えられています。

  • 新しい修飾子 /LOG を指定すると,SDA の初期化時にオープンしたファイルの名前を表示します。これは,READ などの SDA 内のコマンドの動作には影響を与えませんが, SDA 起動時にファイルのみがオープンされます。 /LOG は ANALYZE/SYSTEM でも使用できます。

  • ANALYZE/CRASH のファイル名パラメータで,コンマで区切ったファイル・リストあるいはワイルドカードを使用することができます。一致するファイルは,指定された順番でオープンされます。なお,以下のような制限事項が適用されます。

    • システム・ページ・テーブル (セクション PT) を含むファイルは,最初にオープンされなければなりません。これはプライマリ・ダンプ・ファイルで,通常このファイルにはその他のセクションも含まれます (たとえばすべての KEY セクション)。

    • ファイル名指定にワイルドカードを使用した場合,そのワイルドカードで一致する最初のファイルはプライマリ・ダンプ・ファイルでなければなりません。

    • 指定したすべてのファイルは,同じオリジナル・クラッシュ・ダンプの一部でなければなりません。

    • 複数の入力ファイルでそのダンプのいずれかのセクションが見つかった場合, SDA は警告を出しますが処理は継続されます。

    • ファイルあるいはアンワインド・データ・コレクションが別のファイルにある場合,一時ダンプ・ファイルと同じ名前にファイル・タイプは .COLLECT のファイルか,あるいは /COLLECTION 修飾子で指定した名前でなければなりません。

    • 指定されるファイルは,すべて圧縮形式かすべて非圧縮形式のどちらかでなければなりません。両方を含めることはできません。



  • 部分ダンプ・コピーは (圧縮形式および非圧縮形式のどちらも) 選択的システム・ダンプでのみ使用できます。完全システム・ダンプあるいはプロセス・ダンプでは使用できません。

  • 選択的システム・ダンプでは,プロセスはプロセス・ページ・テーブル・スペースとプロセス・メモリの 2 つのセクションにダンプされます。プロセスが COPY /PARTIAL の一部としてコピーされている場合, 2 つのセクションは常に一緒にコピーされます。

  • RAD が有効な Alpha システムからの選択的システム・ダンプの場合,ベース RAD 以外に各 RAD に関する複製システム・スペース・セクションが存在します。複製されたシステム・スペースが COPY /PARTIAL の一部としてコピーされた場合,すべての複製されたシステム・スペース・セクションは常に一緒にコピーされます。

  • /PARTIAL 修飾子は,/COMPRESS あるいは /DECOMPRESS と組み合わせて使用することはできません。この場合は,COPY コマンドを別々に実行する必要があり, SDA を終了して中間コピーで再起動する必要があります。



8.7.2 索引ページの切捨て

SET OUTPUT コマンドで生成される索引ページは,ページがフルの場合に切捨てられずにそれにリンクする別のページが作成されるようになりました。

OpenVMS の以前のリリースでは,SDA 出力ファイルの索引ページは最大 45 ページの見出しを持つことができ,各見出しの文字数は最大 64 文字でした。それより長いページは切捨てられ,それ以上は索引に記録されませんでした。

OpenVMS Version 8.4 では次のような変更が行なわれています。

  • 索引ページがフルの場合,新しいページが作成され,そのページ番号が最初の索引ページに記録されます。

  • 索引ページに前後の索引ページのページ番号が記録されるようになりました。

  • 各索引ページのページ見出し番号が 51 に増えています。

  • 索引のページ見出しの切捨てを制限するために,各見出しの最大長が 100 文字に増えています。



8.7.3 SHOW_PFN_DATA コマンド: 新しい修飾子

SDA の SHOW PFN_DATA コマンドに新しい修飾子 /SUMMARY [=keyword] が追加されています。 SHOW PFN_DATA /SUMMARY コマンドは,システム上のすべてのページを 1 ページに要約した出力を作成します。使用できるオプション・キーワードは ALL,PROCESS,GLOBAL,および RAD です。

ALL が指定された場合,他のキーワードは無効です。その他のオプション・キーワードは,コンマで区切り,丸括弧で囲むことによって組み合わせて使用できます。

PROCESS キーワードを指定すると,SDA は以下の追加リストを生成します。

  • システム上のすべてのプロセスのアクティブ・ページを詳細表示したリスト

  • たとえば修正されたリスト上のページなど,アクティブでないページを含むすべてのプロセスのリスト

GLOBAL キーワードを指定すると,SDA は,ページがアクティブでフリーリストあるいは修正リストにあるインメモリ・ページの各グローバル・セクションを詳細表示した追加リストを生成します。

RAD キーワードを指定すると,そのシステムで RAD が有効であれば, SDA は,各 RAD に関して RAD のすべてのページを場所とタイプでソートして詳細表示した追加リストを生成します。

ALL キーワードを指定すると,SDA は PROCESS,GLOBAL,および RAD (システムで RAD が有効な場合) のそれぞれに関する要約を生成します。

例:

SDA> SHOW PFN /SUMMARY = (PROCESS, GLOBAL) 



8.7.4 /RING_BUFFER[=n] に対するオプションのフィルタ・アドレス

SDA の SHOW POOL /RING_BUFFER および SHOW PROCESS /POOL /RING_BUFFER コマンドを実行する際, /RING_BUFFER 修飾子でオプションのアドレス表現を使用することができます。オプションのアドレスが指定されている場合, SDA は指定されたアドレスを含むプール・パケットのリング・バッファ・エントリのみを表示します。

SHOW PROCESS /POOL に対して /RING_BUFFER=address を使用すると,暗黙に /RING_BUFFER=ALL の表示 (すなわち,一致するアロケーションおよびデアロケーションを含め,そのアドレスを含むパケットのすべてのエントリを表示) という動作を制限することになります。

例:

SDA> SHOW POOL /RING_BUFFER = 83A01234 



8.7.5 SHOW SYMBOL コマンド: 新しい修飾子

SDA の SHOW SYMBOL コマンドに新しい修飾子 /BASE_ADDRESS=n が追加されています。この修飾子を指定していない場合,SDA はシンボルの値を表示し,その値が分析を行なっているシステムあるいはダンプで有効なアドレスであれば,そのアドレスの内容を表示します。 /BASE_ADDRESS=n 修飾子を指定した場合シンボルの値に n の値が追加され, SDA はその結果のアドレスが有効な値であれば内容を表示します。

例:

SDA> SHOW SYMBOL CPU*BC* /BASE = CPUDB 



8.7.6 SHOW ACPI /NAMESPACE および SHOW ACPI /TABLES コマンド

ACPI データ構造を表示するための新しいコマンド SHOW ACPI /TABLES および SHOW ACPI /NAMESPACE が SDA に追加されています。 /TABLES あるは /NAMESPACE のどちらかを指定する必要がありますが,両方の修飾子は指定できません。デフォルトでは,このコマンドは ACPI テーブルあるいはネームスペースの要約を表示します。これらのコマンドは,オプションの修飾子およびパラメータを指定して使用することもできます。

SHOW ACPI /TABLES name を実行すると,指定したテーブルの詳細が表示されます。同じ名前で複数の ACPI テーブルが表示される場合,それらのテーブルすべてに関して詳細が表示されます。

SHOW ACPI /NAMESPACE name を実行すると,指定した名前を持つすべてのネームスペース・エントリに関する要約情報が表示されます。

これらのコマンドでは以下の修飾子が使用できます。

  • /ALL - 要約でなく各項目の詳細表示を出力します。

  • /ADDRESS - 指定したアドレスにある項目の詳細表示を出力します。 /TABLES の場合は物理アドレスです。 /NAMESPACE の場合は仮想アドレスです。各項目のアドレスは,要約表示で確認できます。

  • /CHILDREN (/NAMESPACE が指定され,さらに名前とアドレスが指定されあている場いのみ有効) - 指定したエントリの子エントリとなるすべてのネームスペース・エントリの要約を表示します。 /CHILDREN と /ALL を組み合わせて,エントリの詳細を確認することもできます。

例:

SDA> SHOW ACPI /TABLES XSDT 
SDA> SHOW ACPI /NAMESPACE _HID 
SDA> SHOW ACPI /NAMESPACE CPU0 /CHILDREN 



8.7.7 SHOW SPINLOCKS コマンド: 新しい修飾子

SDA の SHOW SPINLOCKS コマンドに 2 つの新しい修飾子 /DEVICE および /MISCELLANEOUS が追加されています。

/DEVICE 修飾子を指定すると,SDA はダイナミック・スピンロックの一部であるデバイス・スピンロックを表示します。

/MISCELLANEOUS 修飾子を指定すると, SDA はメールボックスあるいは PCB スピンロックなどの既存の分類に含まれないすべてのスピンロックを表示します。雑スピンロックとしては,XFC,PEDRIVER,TCP/IP,あるいはその他の種々のスピンロックが含まれ,これらはシステムごとに異なります。

なお,/DYNAMIC 修飾子に変更はありませんが, /DYNAMIC 修飾子を指定した場合,SDA はデバイス,ポート,メールボックス,PCB,キャッシュ PCB,プロセス共有 (pthreads) のスピンロック,およびその他の種々のスピンロックなど,すべてのダイナミック・スピンロックを表示します。

8.7.8 SHOW RESOURCE /CONTENTION コマンド: 新しい修飾子

SDA の SHOW RESOURCE /CONTENTION コマンドに新しい修飾子 /FULL が追加されています。 /FULL を指定すると,各リソース関する詳しい情報が出力されます。 /FULL が指定されていない場合,デフォルト表示として, 1 行のリソースの要約とそのリソースに関係する各ロックに関する行が表示されます。 /FULL 修飾子は, SHOW RESOURCE /CONTENTION および SHOW RESOURCE /CONTENTION = ALL のどちらと一緒にも使用できます。

8.7.9 SET CPU および SHOW CPU コマンド: 新しい修飾子

SDA SET CPU および SHOW CPU コマンドに,プライマリ CPU の設定および表示のための新しい修飾子 /PRIMARY が追加されています。

8.7.10 SHOW RAD コマンド: 新しい修飾子 (Integrity のみ)

Integrity サーバ・システムで,SDA コマンドの SHOW RAD に新しい修飾子 /PXML が追加されています。 SHOW RAD/PXML コマンドは,近接データベースを表示します。近接データベースには,ACPI テーブルから取得した情報が含まれています。近接データベースは,そのシステムで作成された RAD,およびどの CPU とメモリ範囲が各 RAD を構成しているかを確認するのに使用されます。

例:

SDA> SHOW RAD /PXML 



8.8 InfoServer からのメモリ・ディスクのブート (Integrity のみ)

OpenVMS Version 8.4 では,InfoServer サーバからのメモリ・ディスクのブート機能をサポートしています。この機能により,ネットワーク越しにブートするための OpenVMS LAN ブート・ドライバが必要なくなります。この機能は,Integrity サーバのサテライト・ブートで使用される既存のメモリ・ディスク・ブート機能を利用します。 InfoServe からのメモリ・ディスク・ブートについての詳細は,『HP OpenVMS Version 8.4 インストレーション・ガイド (翻訳版)』を参照してください。

8.9 Availability Manager での Cluster over IP のサポート

Availability Manager Version 3.1 で Cluster over IP をサポートします。 Availability Manager のこの新しいリリースでは, LAN または IP パス (チャネル) データ,クラスタ通信に使用される IP インターフェイス (IP バス),および,IP チャネルを使用して形成された仮想回路を管理および監視するための機能を提供します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項