日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:New Desktopの概要
第2章:New Desktopの使用方法
第3章:New Desktopの管理
第4章:アプリケーションの統合
第5章: プログラミング・リソース
付録A :New DesktopとCDEとの違い
付録B :複数画面のサポート
付録C :CDEのAPIルーチン
索引
PDF
OpenVMS ホーム
New Desktop 使用概説書 | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

New Desktop 使用概説書


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 New Desktop の概要
第 2 章 New Desktop の使用方法
第 3 章 New Desktop の管理
第 4 章 New Desktop のアプリケーションの統合
第 5 章 New Desktop のプログラミング・リソース
付録 A New Desktop と CDE との相違
付録 B 複数画面のサポート
付録 C CDEのAPI ルーチン
  索引
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 New Desktop の概要
  1.1   CDE 概要
  1.2   CDE を採用する理由
  1.3    New Desktop 概要
  1.4    New Desktop の基本的な操作方法
  1.5    New Desktop の生産性向上のための機能
  1.6   ユーザ用アプリケーション
  1.7   APIおよびアプリケーション統合サービス
  1.8    New Desktop 関連ドキュメント
    1.8.1      CDE ドキュメント
第 2 章
2 New Desktop の使用方法
  2.1    New Desktop に含まれる CDE ユーザ・アプリケーション
    2.1.1      ログイン・マネージャ
    2.1.2      フロントパネル
    2.1.3      アプリケーション・マネージャ
    2.1.4      電卓
    2.1.5      ファイル・マネージャ
      2.1.5.1         ファイルの表現方法
      2.1.5.2         ファイルのフィルタリングと並べ替え
    2.1.6      ごみ箱
    2.1.7      ヘルプ・ビューア
    2.1.8      アイコン・エディタ
    2.1.9      印刷ダイアログ
    2.1.10      テキスト・エディタ
    2.1.11      セッション・マネージャ
    2.1.12      スタイル・マネージャ
  2.2   DECwindowsアプリケーションの起動
  2.3   アプリケーション起動の簡素化
  2.4   CDEユーザ・ドキュメント
第 3 章
3 New Desktop の管理
  3.1   DECwindowsと New Desktop の起動シーケンス
  3.2   デフォルトのデスクトップの変更
  3.3    New Desktop のディレクトリ構造
    3.3.1      システムのデフォルトの構成ディレクトリ
    3.3.2      複数のロケール付きのディレクトリ構造
    3.3.3      システム全体で有効なカスタマイズ用の構成ファイル
    3.3.4      ユーザのカスタマイズ設定用の構成ディレクトリ
    3.3.5      データ・ファイルの優先順位
  3.4   環境とアプリケーションのカスタマイズ
    3.4.1       New Desktop とリソース・ファイルの使用
    3.4.2       New Desktop でのアクションの使用
      3.4.2.1         データ型の指定
      3.4.2.2         アクション(stub)・ファイル
    3.4.3      セキュリティの設定値
    3.4.4      キーボードの設定値
    3.4.5      印刷の管理
      3.4.5.1         プリンタの追加と [個人プリンタ] サブパネル
      3.4.5.2         プリンタ・サブパネルのコントロール定義ファイルの作成
      3.4.5.3         デフォルトのシステム・プリンタの変更
      3.4.5.4         デフォルトの個人プリンタの変更
      3.4.5.5         印刷ダイアログのコマンド行オプション
      3.4.5.6         印刷ダイアログのコマンド行による起動
    3.4.6      デフォルトのエディタの変更
    3.4.7      ウィンドウの色と画面背景
    3.4.8      ウィンドウ・マネージャのカスタマイズ設定
      3.4.8.1         ウィンドウ・マネージャのリソース・ファイル (DTWM.DAT)
      3.4.8.2         ウィンドウ・マネージャのリソース構成ファイル(SYS.DTWMRC)
    3.4.9      アプリケーションの自動起動
  3.5    New Desktop のエラー・ログの使用
  3.6    New Desktop 環境における色の使用
    3.6.1      使用できる色の数の変更
    3.6.2      色の重複の回避
  3.7    New Desktop のフォントの使用
    3.7.1      アプリケーションのフォントのサイズの変更
  3.8   X端末その他の遠隔ディスプレイの使用
    3.8.1       New Desktop のウィンドウ・マネージャの選択
    3.8.2      フォント別名ファイルへのアクセス
    3.8.3      言語の切り替え
  3.9   複数画面の使用
  3.10    New Desktop で作成されるプロセスの管理
    3.10.1      プロセスの論理名の独立プロセスへの引き渡し
    3.10.2      サブプロセスの作成の指定
    3.10.3      プロセスのデバッグ
    3.10.4      プロセスをプロセス名別に識別する
  3.11   CDEシステム管理関連ドキュメント
第 4 章
4 New Desktop のアプリケーションの統合
  4.1   最小限の統合
    4.1.1      CDE アクション関連用語
    4.1.2      OpenVMS Alpha上でのアクション定義ファイルの作成
    4.1.3      アクション作成の概要
    4.1.4      アクション作成を使用したアプリケーションの統合
    4.1.5      アクション作成を使用したデータ型の作成と変更
    4.1.6      [アクション作成]アプリケーションによるアイコンの編集
  4.2   推奨レベルの統合
    4.2.1      国際化
    4.2.2      アプリケーションからのエラー・メッセージの表示
  4.3   オプションで行う統合
  4.4   新規アプリケーション・グループの作成
  4.5   他社のアプリケーションの登録
  4.6    New Desktop へのUNIX リファレンス・ページの移植
  4.7   アプリケーション統合関連のCDEドキュメント


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項