日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:New Desktopの概要
第2章:New Desktopの使用方法
第3章:New Desktopの管理
第4章:アプリケーションの統合
第5章: プログラミング・リソース
付録A :New DesktopとCDEとの違い
付録B :複数画面のサポート
付録C :CDEのAPIルーチン
索引
PDF
OpenVMS ホーム
New Desktop 使用概説書 | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

New Desktop 使用概説書


目次 索引



DECwindows Motifの旧バージョンで提供されるすべてのアプリケーションが, New Desktop に含まれています。デフォルト設定では,そのうちのいくつかをフロントパネルから起動することができ,アプリケーション・マネージャからはすべてのアプリケーションを起動することができます。フロントパネルから起動可能なアプリケーションは,次のとおりです。

  • カレンダ

  • メール・プログラム

  • 漢字端末エミュレータ

DECwindows アプリケーションは,漢字端末エミュレータからも起動することができます。 DECwindows アプリケーションのオプション製品 (別途購入された DECwindows アプリケーション) も,漢字端末エミュレータから起動することができます。

表 2-3 は各アプリケーションの起動方法をまとめたものです。

表 2-3 DECwindowsアプリケーションの起動方法
起動する場所 起動方法
フロントパネル アイコンあるいはサブパネルからアプリケーションを選択して シングル・クリックします。
アプリケーション・マネージャ フロントパネルから [アプリケーション・マネージャ] アイコンを シングル・クリックし,続いてアプリケーション・グループのアイコンをダブル・クリックし,さらに該当のアプリケーションのアイコンをダブルクリックします。
漢字端末エミュレータ システムで定義されているアプリケーション名によってアプリケーションを実行します。



2.3 アプリケーション起動の簡素化

アプリケーション・マネージャあるいはフロントパネルに配置されていないアプリケーションも起動することができます。ファイル・マネージャからそのアプリケーションのデフォルト・アイコン (ファイル名の下に稲妻のマークがあるアイコン) をドラックして,次のいずれかの場所にドロップしてください。

  • アプリケーション・マネージャの新規アプリケーション・グループ

  • フロントパネルの [個人アプリケーション] サブパネルの [アイコンのインストール] (そのサブパネルに新規アプリケーションのアイコンが作成されます)

  • デスクトップ (ワークスペースの背景)

アプリケーションのアイコンを上記のいずれかの位置に移動すると,その移動した位置からアプリケーションを起動することができます。

この方法でアイコンを移動した場合,アプリケーションを起動することはできますが,移動したアプリケーションには New Desktop の一部であるアプリケーションと同等レベルの統合性はありません。たとえば,移動したアプリケーションには独自のアイコンがなく,そのアプリケーションを起動するたびに新たに漢字端末エミュレータが作成されます。アイコンについては, New Desktop で用意されているアイコンのなかから異なるアイコンを選択したり,新しいアイコンを作成したりすることができます。また,漢字端末エミュレータが不要な場合は消去することができます。また,そのアプリケーションを New Desktop に統合する場合は,自動的に指定する引数を設定することもできます。

最小限の統合については 第 4.1 節 を参照してください。新規アプリケーション・グループの作成方法については, 第 4.4 節 を参照してください。

2.4 CDEユーザ・ドキュメント

New Desktop のCDE構成要素についての説明は,ヘルプ・システムおよび別売の印刷版のCDE ドキュメントに記載されています ( 第 1.8.1 項 を参照)。

次のCDEユーザ・ドキュメントが提供されています。

  • 『共通デスクトップ環境: ユーザーズ・ガイド』

  • 『共通デスクトップ環境:上級ユーザ及びシステム管理者ガイド』


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項