日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:日本語入力プロセス (FIP) 概要
第 2 章:FIPの起動と終了
第 3 章:かな漢字変換入力
第 4 章:PROFILE の設定
第 5 章:FIP/SUB 概要
第 6 章:FIP/SUBの起動と終了
第 7 章:FIP/SUBのかな漢字変換
第 8 章:FIP/SUBの制限事項
第 9 章:FIP/SUBの使用例
第 10 章:IMCP の概要(VAX のみ)
付録 A :FIPがサポートするPROFILEのINDEX
付録 B :FIPのメッセージ
付録 C :制限事項
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 OpenVMS
日本語入力プロセス 利用者の手引き


目次 索引

第 4 章
PROFILE の設定

PROFILE は,かな漢字変換環境設定の情報が書かれたテキスト・ファイルです。ユーザは,システムが提供する PROFILE またはユーザ独自の PROFILE のどちらでも使用することができます。

4.1 PROFILEの指定

FIP でのかな漢字変換の環境設定は,IMLIB の環境設定規約に従います。したがって IMLIB が規定している,PROFILE という環境設定用のテキスト・ファイルによって,かな漢字変換環境を定義します。この PROFILE を指定するために,論理名 IM$PROFILE を使用します。各ユーザの設定に関しては,『ユーザ・キー定義 利用者の手引き』を参照してください。

4.2 独自のPROFILEの作成

FIP は,PROFILE の中のいくつかのキーワードを使用して,かな漢字変換の操作を行います。FIP のサポートする INDEX と値の一覧は, 付録 A を参照してください。以下に,キーワードの設定方法を記述します。

4.2.1 かな漢字変換用のキー定義

PROFILE 内の該当する INDEX 名
DEC-JAPANESE.KEY.keybind

FIP は,かな漢字変換用のキーとして IMLIB の提供する KEYBIND ファイルを使用します。したがって,IMLIB で規定されたキー定義ファイルの所在を, PROFILE の中に保持しておく必要があります ( 例 4-1 参照)。

例 4-1 PROFILE内でのKEYBINDファイル指定例
 
        im$profile.dat 
        +---------------------------------------------------------------+ 
        | DEC-JAPANESE.KEY.keybind : IM$KEY_EVEJ_LEVEL2.IM$DAT          | 
        | DEC-JAPANESE.KEY.keybind_1 : IM$KEY_EVEJ.IM$DAT               | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        +---------------------------------------------------------------+ 
 

この例では,KEYBINDファイルに, EVEJ キー定義ファイル (IM$KEY_EVEJ_LEVEL2.IM$DAT) を指定しています。

INDEX の "DEC-JAPANESE.KEY.keybind" で指定した KEYBIND ファイルが正しくなかった場合,この例では次の行の INDEX "DEC-JAPANESE.KEY.keybind_1" で指定した別の KEYBIND ファイル (IM$KEY_EVEJ.IM$DAT) を用います。一般に KEYBIND ファイルのロードに失敗した場合は, INDEX の "DEC-JAPANESE.KEY.keybind_1" のように, "_(アンダーバー)数字" の付いた INDEX を 1 から 9 まで順にさがします。

PROFILE 内で指定した複数の KEYBIND ファイルがいずれも正しくなかった場合は, FIP を正常に起動することはできません。KEYBIND ファイルに関しては,「ユーザ・キー定義 利用者の手引き」を参照してください。

また,この設定で SYS$LOGIN 以外にある KEYBIND ファイルを指定する場合,ディレクトリ名にプロセス論理名,あるいはジョブ論理名を指定することはできません。FIP では,これらの論理名を解釈しません。

4.2.2 前編集領域(pre-edit area)の指定

PROFILE 内の該当する INDEX 名
DEC-JAPANESE.DISP.preEditRow
DEC-JAPANESE.DISP.preEditColumn

FIP は,通常の文字列の入力の流れを途中でとらえて,入力文字をかなや漢字に変換し,元の入力の流れに戻す機能を提供するものですが,かなや漢字に変換するときに,変換作業を画面上で行うための領域を必要とします。これを FIP では,"前編集領域 ( pre-edit area )" と呼び PROFILE で指定する必要があります。( 例 4-2 参照)。

通常は,端末画面のカラム位置,行位置を整数値で PROFILE 内で指定しますが,画面のステータス・ライン,すなわち 25 行目を前編集領域として設定したい場合, INDEX の "DEC-JAPANESE.DISP.preEditRow" に "status" を指定します。

例 4-2 PROFILE内での前編集領域の指定例
 
        im$profile.dat 
        +---------------------------------------------------------------+ 
        |                       ・                                      | 
        | DEC-JAPANESE.DISP.preEditRow : 24                             | 
        | DEC-JAPANESE.DISP.preEditColumn : 1                           | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        +---------------------------------------------------------------+ 
 

この例では,前編集領域は 24 行 1 列目が開始点として設定されています。ここで設定された行数や列数が,端末画面の上限値を越えている場合には, FIP は自動的に端末画面の最大値に設定し直します。さらに,特別な場合として "current" という文字列(小文字)が許されます。このキーワードの意味は,"現在カーソルの存在する位置を,前編集領域として使用してください" ということです。

  注意
あらかじめ決められた機能を表す文字列を,一般的にキーワードと呼んでいます。 PROFILE の中では,"DEC-JAPANESE.DISP.preEditRow" 等もキーワードですが, IMLIB では,それらを特別に INDEX と呼んでいます。



PROFILE 内の該当する INDEX 名
DEC-JAPANESE.DISP.inputRendition
DEC-JAPANESE.DISP.currentClauseRendition
DEC-JAPANESE.DISP.leadingClauseRendition
DEC-JAPANESE.DISP.trailingClauseRendition
DEC-JAPANESE.DISP.kanaRendition

変換領域とは," かな漢字変換の対象となる入力文字領域 " のことです。一般的に,入力文字列自体には何のマークもついていないために,どの文字列が現在の変換対象文字列であるかはわかりません。したがって,変換入力ができる多くのアプリケーションにおいては,変換対象文字列の表示ビデオ属性を,他の文字列と区別することによって,ユーザが変換対象文字列を認知できるようにしてあります。

たとえば,次のような表示だけでは,変換対象文字列がどれかはわかりません。

                   aiueo 

次のような表示であれば," ueo " が変換対象であることがわかります。 FIP では,この変換領域のビデオ属性を PROFILE によって指定する必要があります ( 例 4-3 参照)。

 
                   aiueo
                     

例 4-3 PROFILE内での変換領域のビデオ属性指定例
 
        im$profile.dat 
        +---------------------------------------------------------------+ 
        |                       ・                                      | 
        | DEC-JAPANESE.DISP.inputRendition : bold                       | 
        | DEC-JAPANESE.DISP.currentClauseRendition : reverse            | 
        | DEC-JAPANESE.DISP.leadingClauseRendition : none               | 
        | DEC-JAPANESE.DISP.trailingClauseRendition : none              | 
        | DEC-JAPANESE.DISP.kanaRendition : bold                        | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        +---------------------------------------------------------------+ 
 

この例では,変換対象文字列を高輝度 ("bold"),現在の変換対象文節を反転 ("reverse"),変換対象文字列で,現在の変換対象文節より前に存在する文字列を通常の表示 ("none"),現在の変換対象文節より後ろに存在する文字列を,通常の表示 ("none"),によって表示することを指定します。特に,端末から入力された文字をひらがな,あるいはカタカナ変換した場合の変換領域のビデオ属性を "kanaRendition" で指定することができます。 例 4-3 ではひらがな,あるいはカタカナ変換した場合のビデオ属性を高輝度 ("bold") にしています。

4.2.4 ASCII 文字エコー・モードの指定

PROFILE 内の該当する INDEX 名
DEC-JAPANESE.ECHO.ascii

通常の端末は,ASCII 文字(アルファベット及び特殊記号)の入力に対して,半角の ASCII 文字をエコー文字として端末に表示します。たとえば,キーボードの " k " というキーを押せば,端末の画面上に " k " という文字が表示されます。一部のワードプロセッサ等では,このエコー文字を全角の漢字コードに変換してから表示するものがあります。この機能を提供するために IMLIB は,ASCII 文字のエコー・モードを設定できるように,PROFILE の INDEX として,ascii を用意しています。ここで指定できるキーワードは,hankaku (半角=通常のエコー文字) または, zenkaku (全角=全角の漢字コードに対応) のどちらかです ( 例 4-4 参照)。

例 4-4 PROFILE内でのASCII文字の表示モードの設定例
 
        im$profile.dat 
        +---------------------------------------------------------------+ 
        |                       ・                                      | 
        | DEC-JAPANESE.ECHO.ascii : hankaku                             | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        +---------------------------------------------------------------+ 
 
 

この例では「半角でASCII 文字を表示する」ことを指定しています。

4.2.5 かなキー入力時のエコー文字の指定

PROFILE 内の該当する INDEX 名
DEC-JAPANESE.ECHO.kana

かなキーを用いて文字入力する場合,エコーバックされる文字の指定をします。 "hiragana" あるいは "katakana" を指定すると,それぞれひらがな,カタカナがエコーされます。また,半角カタカナをエコーバックさせる場合は,"jiskana" を指定します ( 例 4-5 を参照)。

例 4-5 PROFILE内でかなキー入力時のエコー文字の指定例
 
        im$profile.dat 
        +---------------------------------------------------------------+ 
        |                       ・                                      | 
        | DEC-JAPANESE.ECHO.kana : hiragana                             | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        +---------------------------------------------------------------+ 
 

この例では,かなキーからひらがながエコーバックされます。

4.2.6 自動ローマ字かな変換の指定

PROFILE 内の該当する INDEX 名
DEC-JAPANESE.ECHO.autoRomanKana

FIPは,文字入力時にローマ字からかな文字に自動的に変換し,そのかな文字を端末に表示する機能を持っています。たとえばユーザが,次のように 5 文字のキー入力を行った場合,そのローマ字に対応するかな文字が,逐次的に端末に表示されます。

 
                   aiueo 

この場合は,次のように端末に表示されることになります。

 
                   あいうえお 

この自動ローマ字かな変換を,PROFILE で指定する場合は, 例 4-6 のようになります。

例 4-6 PROFILE内での自動ローマ字かな変換の指定例
 
        im$profile.dat 
        +---------------------------------------------------------------+ 
        |                       ・                                      | 
        | DEC-JAPANESE.autoRomanKana    :   on                          | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        +---------------------------------------------------------------+ 
 

この例では,端末から入力されるローマ字を,ひらがなに自動変換することを指定しています。

4.2.7 文節拡大,文節縮小に関する動作の指定

PROFILE 内の該当する INDEX 名
DEC-JAPANESE.OUTRANGE.clauseSize

文節の長さを変更する際,以下の場合における動作の指定をします。

  1. 文節の大きさが最小になっているときに,「文節縮小」キーが押された場合

  2. 文節の大きさが最大になっているときに,「文節拡大」キーが押された場合

値に "none" を指定した場合は何も実行しません。 "rotate" が指定されると,1 の場合は文節の大きさが最大に, 2 の場合は文節の大きさが最小になります。 "done" のときは,現在の変換を終了して次の変換入力を待ちます ( 例 4-7 参照)。

例 4-7 PROFILE内での文節のサイズの変換動作の指定例
 
        im$profile.dat 
        +---------------------------------------------------------------+ 
        |                       ・                                      | 
        | DEC-JAPANESE.OUTRANGE.clauseSize  :  none                     | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        +---------------------------------------------------------------+ 
 

この例では,1,2 の場合に「何も実行しない」ことを指定しています。

4.2.8 文節間の移動に関する動作の指定

PROFILE 内の該当する INDEX 名
DEC-JAPANESE.OUTRANGE.clauseNumber

変換対象となる文節を指定するとき,以下の場合における動作の指定をします。

  1. 現在の文節が最初の文節にあるときに「前文節」キーが押された場合

  2. 現在の文節が最後の文節にあるときに「次文節」キーが押された場合

値が "none" のときは,何も実行しません。"rotate" が指定されると, 1 の場合は,現在の文節は最後の文節に, 2 の場合は,現在の文節は最初の文節に移動します。 "done" のときは,現在の変換を終了して次の変換入力を待ちます ( 例 4-8 参照)。

例 4-8 PROFILE内での文節間の移動方法の指定例
 
        im$profile.dat 
        +---------------------------------------------------------------+ 
        |                       ・                                      | 
        | DEC-JAPANESE.OUTRANGE.clauseNumber  :  rotate                 | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        +---------------------------------------------------------------+ 
 

この例では, 1 の場合は「現在の文節は最後の文節に移動」し, 2 の場合は「現在の文節は最初の文節に移動」することを指定しています。

4.2.9 カーソル移動に関する指定

PROFILE 内の該当する INDEX 名
DEC-JAPANESE.OUTRANGE.cursorPosition

ここでは,以下の場合における動作の指定をします。

  1. カーソルが最初の文字にあるときに「左移動」キーが押された場合

  2. カーソルが最後の文字にあるときに「右移動」キーが押された場合

値に "none" が指定されると,何も実行しません。"done" のときは,現在の変換を終了して次の変換入力を待ちます ( 例 4-9 参照)。

例 4-9 PROFILE内でのカーソル移動に関する指定例
 
        im$profile.dat 
        +---------------------------------------------------------------+ 
        |                       ・                                      | 
        | DEC-JAPANESE.OUTRANGE.cursorPosition  :  done                 | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        |                       ・                                      | 
        +---------------------------------------------------------------+ 
 

この例では,1,2 の場合に「現在の変換を終了して,次の変換入力を待つ」ことを指定しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項