日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:EFSの概要
第 2 章:拡張ファイル命名機能の管理
第 3 章:拡張ファイル名の特徴
第 4 章:アプリケーション開発における注意点
付録 A :EFSのユーザ向け注意点
付録 B :技術情報
付録 C :文字セット
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
Extended File Specifications の手引き

索引


目次


主索引
A B C D E F G I J L M N O P Q R S T U V

     

A
ANALYZE/DISK_STRUCTURE
    ボリューム構造のチェック
Analyze/Disk_Structure ユーティリティ (ANALYZE/DISK_STRUCTURE)
    /STATISTICS 修飾子
ASCII 文字セット #1
ASCII 文字セット #2
    DEC Multinational 文字セット
B
BACKUP
    /CONVERT 修飾子
    ODS-5 ファイルの ODS-2 ファイルとしてのリストア
    拡張文字セットのサポート
    深いディレクトリのサポート
BACKUP コマンド
    VAX システム上での /PHYSICAL 修飾子の使用
C
C0 制御コード
C1 文字セット
Command Definition Utility (CDU)
CONVERT 修飾子
COPY コマンド
$CREPRC システム・サービス
$CVT_FILENAME システム・サービス
D
DCL コマンド
    COPY
    DELETE
    DIRECTORY
    DUMP
    EXCHANGE NETWORK
    INITIALIZE
    PRINT
    PURGE
    RENAME
    SEARCH
    SET ACL
    SET DEFAULT
    SET DIRECTORY
    SET FILE
    SET PROCESS
    SET SECURITY
    SET VOLUME
    SHOW DEVICE/FULL
    SUBMIT
    TYPE
DCL レキシカル関数
    F$FILE_ATTRIBUTES
    F$GETDVI
    F$GETJPI
DCOM #1
DCOM #2
DEC Multinational 文字セット
DECnet
    ファイルのコピー
DELETE コマンド
DID による短縮
    制約
DID による短縮の制約
DIRECTORY コマンド
DUMP コマンド
E
/ENABLE 識別子
EXCHANGE NETWORK コマンド
Extended File Specifications
    DID
        使用
    Files-11 XQP の変更点
    ODS-5 ボリュームを有効にする方法
    RMS 機能の使用
    RMS の変更点
    新しいボリュームの初期化
    拡張ファイル名
        バッチ・コマンド・ファイル
    機能
    システム管理ユーティリティの変更点
    長いファイル名
    バージョンの混在に対するサポート
    バッチ・コマンド・ファイルの実行
    ファイル名
        DCL コマンド・パラメータでの使用
        暗黙の出力
        拡張型 (ODS-5)
        互換性の問題の回避
        従来型 (ODS-2)
    ファイル名解析機能
        解析スタイルの切り替え
        省略時のスタイルの再設定
        設定
    ファイル名の解析
        エラー・メッセージとの関連
        制御
    複合アーキテクチャのサポート #1
    複合アーキテクチャのサポート #2
    プログラミング・ユーティリティの変更点
    ボリューム構造
        既存のボリュームの ODS-5 への変換
    利点
F
F$FILE_ATTRIBUTES レキシカル関数
F$GETDVI レキシカル関数
F$GETJPI レキシカル関数
FDL$CREATE ルーチン
FDL (File Definition Language)
    ルーチンの機能強化
FDL$GENERATE ルーチン
FDL$PARSE ルーチン
FDL$RELEASE ルーチン
G
$GETJPI システム・サービス
I
INITIALIZE/STRUCTURE_LEVEL=5 コマンド
INITIALIZE コマンド
ISO Latin-1 文字セット
J
JAVA
    OpenVMS 上の JAVA アプリケーション
    オブジェクト命名標準規則
L
LIB$ 実行時ライブラリ
LINK コマンド
M
Multinational 文字セット
    DEC Multinational 文字セットを参照
N
NAML block
    有効性の確認
NAML ブロック
NAM および NAML ブロック
    使用
NAM ブロックと NAML ブロック
O
ODS-2
    ディスク・タイプの表示
ODS-5
    新しいボリュームの初期化
    新しいボリュームのマウント
    拡張ファイル名
        VAX システム
        作成
    既存のボリュームの変換
    ディスク・タイプの表示
ODS-5 ファイルの ODS-2 ファイルとしてのリストア
ODS ボリューム
    ANALYZE/DISK_STRUCTURE によるチェック
    ODS-5 から ODS-2 への変換
P
PATHWORKS for OpenVMS #1
PATHWORKS for OpenVMS #2
PATHWORKS for OpenVMS #3
PRINT コマンド
PURGE コマンド
Q
QIO インタフェース #1
QIO インタフェース #2
QIO インタフェース #3
QIO インタフェース #4
QIO インタフェース #5
R
Radix-50 によるエンコード #1
Radix-50 によるエンコード #2
RENAME コマンド
RMS
    Extended File Specifications に対応する変更点
RMS インタフェース #1
RMS インタフェース #2
RMS サービス
    返される条件値
S
SEARCH コマンド
SET ACL コマンド
$SETDDIR システム・サービス
SET DEFAULT コマンド
SET DIRECTORY コマンド
SET FILE コマンド
SET PROCESS コマンド
SET SECURITY コマンド
SET VOLUME コマンド #1
SET VOLUME コマンド #2
$SET_PROCESS_PROPERTIESW システム・サービス
SHOW DEVICE/FULL コマンド
STATS.DAT ファイル
    ANALYZE/DISK_STRUCTURE /STATISTICS コマンドにより作成
/STYLE 修飾子
SUBMIT コマンド
SYSGEN


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項