日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:コマンド・ディクショナリ概要
第2章:デバッガ・コマンド・ディクショナリ
  ≫ コマンド一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
デバッガ・コマンド・ディクショナリ


目次 索引

このコマンドはデバッガの HP DECwindows Motif for OpenVMS ユーザ・インタフェースのモニタ・ビューに変数 COUNT の名前と現在の値を表示します。プログラムからデバッガに制御が戻ると,値は更新されます。




画面ディスプレイを画面上で垂直または水平に移動します。

  注意
このコマンドは,デバッガへの HP DECwindows Motif for OpenVMS ユーザ・インタフェースには使用できません。


形式

MOVE [display-name[,...]]


パラメータ



display-name

移動するディスプレイを指定します。次のいずれかを指定できます。

  • 定義済みディスプレイ
    SRC
    OUT
    PROMPT
    INST
    REG
    FREG (Alpha および Integrity のみ)
    IREG

  • DISPLAY コマンドで作成したディスプレイ

  • ディスプレイの組み込みシンボル
    %CURDISP
    %CURSCROLL
    %NEXTDISP
    %NEXTINST
    %NEXTOUTPUT
    %NEXTSCROLL
    %NEXTSOURCE

ディスプレイを指定しないと,SELECT コマンドで設定した現在のスクロール・ディスプレイが選択されます。


修飾子



/DOWN[:n]

ディスプレイを n 行分だけ下に (n が正の値の場合 ),または n 行分だけ上に (n が負の値の場合 ) 移動します。 n を省略すると,表示は 1 行下に移動されます。

/LEFT[:n]

ディスプレイを n 行分だけ左に (n が正の値の場合 ),または n 行分だけ右に (n が負の値の場合 ) 移動します。 n を省略すると,表示は左に 1 行移動されます。

/RIGHT[:n]

ディスプレイを n 行分だけ右に (n が正の値の場合 ),または n 行分だけ左に (n が負の値の場合 ) 移動します。 n を省略すると,表示は右に 1 行移動されます。

/UP[:n]

修飾子は少なくとも 1 つ指定しなければなりません。

ディスプレイを n 行分だけ上に (n が正の値の場合 ),または n 行分だけ下に (n が負の値の場合 ) 移動します。 n を省略すると,ディスプレイは 1 行上に移動されます。


説明

少なくとも 1 つの修飾子を指定しなくてはなりません。

指定された表示ごとに,MOVE コマンドはウィンドウ内のテキストの相対位置を維持したまま,画面上の他の場所に同じ寸法のウィンドウを作成し,それにディスプレイをマップします。

MOVE コマンドはディスプレイ・ペーストボード上でのディスプレイの順番は変更しません。MOVEコマンドを実行すると,指定したディスプレイによって他のディスプレイが見えなくなったり,見えるようになったりします。また,指定したディスプレイが他のディスプレイによって部分的または全体的に見えなくなることもあります。どのようになるかはディスプレイ相互間の順序によります。

ディスプレイは上には画面の上辺までしか移動できません。

MOVE コマンドに対応するキーパッド・キー定義のリストについては,ヘルプ・トピック Keypad_Definitions_CI を参照してください。また,現在のキー定義を調べるには SHOW KEY コマンドを使用してください。

関連コマンド

DISPLAY
EXPAND
SELECT/SCROLL
(SET,SHOW) TERMINAL

#1
DBG> MOVE/LEFT

このコマンドは現在のスクロール・ディスプレイを左に 1 列移動します。

#2
DBG> MOVE/UP:3/RIGHT:5 NEW_OUT

このコマンドは NEW_OUT ディスプレイを上に 3 行,右に 5 列移動します。




実行のために, POSIX Threads デバッガにコマンドを渡します。

  注意
このコマンドは,イベント機能が THREADS であり,プログラムが POSIX Threads 3.13 以降を実行している場合のみ有効です。


形式

PTHREAD command


パラメータ



command

POSIX Threads デバッグ・コマンドです。

説明

実行のために, POSIX Threads デバッガにコマンドを渡します。実行結果は,「Command」ビューに表示されます。 POSIX Threads デバッガ・コマンドが完了すると, OpenVMS デバッガに制御が戻ります。 PTHREAD HELPと入力すると, POSIX Threads デバッガ・コマンドのヘルプを参照することができます。

POSIX Threads デバッガの使用方法の詳細については,『Guide to the POSIX Threads Library』を参照してください。

関連コマンドには,次のものがあります。

  • SET EVENT FACILITY

  • SET TASK|THREAD

  • SHOW EVENT FACILITY

  • SHOW TASK|THREAD


DBG_1> PTHREAD HELP
    conditions [-afhwqrs] [-N <n>] [id]...: list condition variables 
    exit: exit from DECthreads debugger 
    help [topic]: display help information 
    keys [-v] [-N <n>] [id]...: list keys 
    mutexes [-afhilqrs] [-N <n>] [id]...: list mutexes 
    quit: exit from DECthreads debugger 
    show [-csuv]: show stuff 
    squeue [-c <n>] [-fhq] [-t <t> 
] [a]: format queue 
    stacks [-fs] [sp]...: list stacks 
    system: show system information 
    threads [-1] [-N <n>] [-abcdfhklmnor] [-s 
 <v>] [-tz] [id]...: list threads 
    tset [-chna] [-s <v>] <id> 
: set state of thread 
    versions: display versions 
    write <st>: write a string 
All keywords may be abbreviated: if the abbreviation is ambiguous, 
the first match will be used. For more help, type 'help <topic>'. 
DBG_1>
 

このコマンドでは, POSIX Threads デバッガのヘルプ・ファイルが表示された後,OpenVMS デバッガに制御が戻っています。 POSIX Threads デバッガのヘルプ・トピックについての情報を表示するには, PTHREAD HELP topicと入力します。




EXIT と同様にデバッグ・セッションを終了するか,またはマルチプロセス・プログラムの 1 つまたは複数のプロセスを終了しますが,アプリケーション宣言終了ハンドラは実行不可能にします。コマンド・プロシージャまたは DO 句の中で使用し,プロセスを全く指定しないと,その時点でそのコマンド・プロシージャまたは DO 句が終了します。

形式

QUIT [process-spec[,...]]


パラメータ



process-spec

( 保持デバッガのみ。) 現在デバッガの制御下にあるプロセスを指定します。次のいずれかの形式で指定します。

[%PROCESS_NAME] process-name スペースや小文字を含まないプロセス名。プロセス名にはワイルドカード文字 (*) を含めることができる。
[%PROCESS_NAME] " process-name" スペースまたは小文字を含むプロセス名。二重引用符 (") の代わりに,一重引用符を (') 使用することもできる。
%PROCESS_PID process_id プロセス識別子 (PID,16 進数)。
[%PROCESS_NUMBER] process-number
(または %PROC process-number)
デバッガの制御下に入ったときにプロセスに割り当てられた番号。新しい番号は,1 から順番に各プロセスに割り当てられる。 EXIT コマンドまたは QUIT コマンドによってプロセスが終了した場合,そのデバッグ・セッション中にその番号が再割り当てされることがある。プロセス番号は SHOW PROCESS コマンドの実行で表示される。プロセスは,組み込みシンボル %PREVIOUS_PROCESS および %NEXT_PROCESS によってインデックスづけできるように,循環リスト内に順序づけされる。
process-set-name DEFINE/PROCESS_SET コマンドで定義された,プロセスのグループを表すシンボル。
%NEXT_PROCESS デバッガの循環プロセス・リスト中で可視プロセスの次のプロセス。
%PREVIOUS_PROCESS デバッガの循環プロセス・リスト中で可視プロセスの前のプロセス。
%VISIBLE_PROCESS シンボル,レジスタ値,ルーチン呼び出し,ブレークポイントなどの検索時に現在のコンテキストになっているスタック,レジスタ・セット,およびイメージを持つプロセス。

すべてのプロセスを指定するためにワイルドカード文字のアスタリスク (*) を使用することもできます。


説明

QUIT コマンドはプログラムの実行を引き起こさないこと,したがってプログラムでアプリケーション宣言終了ハンドラを実行しないこと以外は,EXIT コマンドと類似しています。

デバッグ・セッションの終了

デバッグ・セッションを終了するには,パラメータを全く指定しないでデバッガ・プロンプトに対し QUIT コマンドを入力します。この結果,デバッグ・セッションが順序正しく終了されます。つまり,デバッガの終了ハンドラが実行され ( ログ・ファイルをクローズし,画面とキーパッドの状態を復元するなど ),制御が DCL レベルに戻ります。そのあとは DCL コマンドの DEBUG や CONTINUE を入力してもプログラムのデバッグを続けることはできません ( デバッガを再起動する必要があります )。

コマンド・プロシージャや DO 句での QUIT コマンドの使用

デバッガがコマンド・プロシージャの中で ( パラメータを全く指定しないで ) QUIT コマンドを実行すると,制御はそのコマンド・プロシージャを起動したコマンド・ストリームに戻ります。コマンド・ストリームは,端末,外側 ( 当該コマンド・プロシージャを含んでいる側 ) のコマンド・プロシージャ,コマンドまたは画面ディスプレイ定義での DO 句とすることができます。たとえば,コマンド・プロシージャが DO 句の中から起動された場合には,制御はその DO 句に戻り,そこでデバッガはコマンド・シーケンスの中にあれば次のコマンドを実行します。

デバッガは DO 句の中で ( パラメータを全く指定しないで ) QUIT コマンドを実行する場合,その句にある残りのコマンドは無視し,プロンプトを表示します。

指定プロセスの終了

マルチプロセス・プログラムをデバッグする場合,QUIT コマンドを使用すればデバッグ・セッションを終了せずに,指定したプロセスを終了できます。プロンプトに対して QUIT コマンドを入力するか,それともコマンド・プロシージャまたは DO 句の中で QUIT コマンドを使用するかにかかわらず,同じ方法と動作が適用されます。

1 つまたは複数のプロセスを終了するには,それらのプロセスをパラメータとして指定して QUIT コマンドを入力します。この結果,指定されたプロセスのイメージが順序正しく終了されますが,それらのイメージに対応するアプリケーション宣言終了ハンドラは実行されません。その後は,指定したプロセスは SHOW PROCESS/ALL コマンドを実行しても表示されなくなります。

EXIT コマンドとは対照的に,QUIT コマンドを実行しても,プロセスの実行は開始されません。

関連コマンド

DISCONNECT
@ (実行プロシージャ)
Ctrl/C
Ctrl/Y
Ctrl/Z
EXIT
RERUN
RUN
SET ABORT_KEY
SET PROCESS

#1
DBG> QUIT
$

このコマンドは,デバッグ・セッションを終了し,DCL レベルに戻ります。

#2
all> QUIT %NEXT_PROCESS, JONES_3, %PROC 5
all>

このコマンドを実行すると,マルチプロセス・プログラムの 3 つのプロセスが順序正しく終了します。つまり,プロセス・リスト内の可視プロセスの次のプロセス,プロセスJONES_3,プロセス 5 が終了します。指定されたプロセスが終了したあと,制御はデバッガに戻ります。




OpenVMS システム・コード・デバッガをオペレーティング・システム・コードのデバッグに使用している場合,オペレーティング・システム・コードを実行しているターゲット・マシンをリブートし,システム・プログラムを実行 ( 再実行 ) します。

つまり,OpenVMS システム・コード・デバッガ環境では, REBOOT コマンドは RUN コマンドや RERUN コマンドと同じ働きをします。 OpenVMS システム・コード・デバッガは,OpenVMS デバッガから起動するカーネル・デバッガです。

このコマンドを実行する前に, Alpha または Integrity のデバイス・ドライバの作成, OpenVMS システム・コード・デバッガの起動,デバッグを可能にする CONNECT コマンドの実行を行う必要があります。

また,OpenVMS デバッガを DEBUG/KEEP コマンドで起動していなければなりません。


形式

REBOOT


説明

OpenVMS システム・コード・デバッガの使用方法の詳細については,『HP OpenVMS System Analysis Tools Manual』を参照してください。

関連コマンド

CONNECT
DISCONNECT

#1
DBG> REBOOT

このコマンドは,OpenVMS オペレーティング・システムをデバッグする予定のターゲット・マシンをリブートし,プログラムを再実行します。




指定された回数一連のコマンドを実行します。

形式

REPEAT language-expression DO (command[;...])


パラメータ



language-expression

現在設定されている言語で評価すると正の整数になる式を示します。

command

デバッガ・コマンドを指定します。複数のコマンドを指定する場合,それぞれのコマンドをセミコロン (;) で区切らなければなりません。各コマンドを実行すると,デバッガはそのコマンド内の式の構文をチェックして,評価します。

説明

REPEAT コマンドは FOR コマンドの単純な形式です。 REPEAT コマンドは一連のコマンドを指定回数繰り返し実行します。ただし,FOR コマンドとは異なり,カウント・パラメータを設定するためのオプションは提供しません。

関連コマンド

EXITLOOP
FOR
WHILE

DBG> REPEAT 10 DO (EXAMINE Y; STEP)

このコマンド行は 2 つのコマンドからなるシーケンス (EXAMINE Y のあと STEP) を10 回実行するループを設定します。




現在デバッガの制御下にあるプログラムを再実行します。

  注意
DCL コマンドの DEBUG/KEEP を使用してデバッグ・セッションを開始し,デバッガの RUN コマンドを実行しておくことが必要です。 DCL コマンドの RUN filespec でデバッグ・セッションを開始した場合は,デバッガの RERUN コマンドは使用できません。


形式

RERUN


修飾子



/ARGUMENTS="arg-list"

引数のリストを指定します。引用符を指定する場合には,デバッガがその引用符を解析するときに引用を取り除くため,二重引用符を追加する必要があるかもしれません。引数を指定しないと,以前そのプログラムを実行または再実行したときに指定した引数が省略時の値として使用されます。

/HEAP_ANALYZER

ワークステーション・ユーザにだけ適用されます。アプリケーションのメモリ使用状況を知るための機能であるヒープ・アナライザを起動します。ヒープ・アナライザの使用方法についての詳しい説明は,『デバッガ説明書』を参照してください。

/SAVE (省略時の設定)

/NOSAVE

次に実行するプログラムのすべてのブレークポイント,トレースポイント,静的ウォッチポイントの現在の状態 ( 有効か無効か ) を保存するかどうかを制御します。/SAVE 修飾子を指定するとそれらの状態は保存され, /NOSAVE を指定すると保存されません。/SAVE が特定の非静的ウォッチポイントの状態を保存するか保存しないかは,メイン・プログラム・ユニット ( 実行が再開された場所 ) を基準とした,ウォッチ対象の変数の有効範囲によって決まります。

説明

DCL コマンドのDEBUG/KEEP でデバッガを呼び出し,その結果デバッガの RUN コマンドを使用してプログラムのデバッグを開始した場合は, RERUN コマンドを使用して,現在デバッガの制御下にあるプログラムを再実行できます。

RERUN コマンドはデバッグしていたイメージを終了したあと,デバッガの制御下のイメージを再開します。実行は,メイン・プログラム・ユニットが開始されると,デバッガの RUN コマンド,または DCL コマンドの RUN/DEBUG を実行した場合と同じように一時停止されます。

RERUN コマンドは現在デバッガの制御下にあるイメージと同じバージョンを使用します。デバッグ・セッションから同じプログラムの異なるバージョン,または別のプログラムをデバッグするには,RUN コマンドを使用します。

関連コマンド

RUN (debugger コマンド)
RUN (DCL コマンド)
(ACTIVATE,DEACTIVATE) BREAK
(ACTIVATE,DEACTIVATE) TRACE
(ACTIVATE,DEACTIVATE) WATCH

#1
DBG> RERUN

このコマンドは現在のプログラムを再実行します。省略時の状態では,デバッガはすべてのブレークポイント,トレースポイント,静的ウォッチポイントの現在の状態 ( 有効か無効か ) を保存します。

#2
DBG> RERUN/NOSAVE

このコマンドはブレークポイント,トレースポイント,ウォッチポイントの現在の状態を保存しないで現在のプログラムを再実行します。これは,RUN コマンドを使用してイメージ名を指定することと同じです。

#3
DBG> RERUN/ARGUMENTS="fee fii foo fum"

このコマンドは,現在のプログラムを新しい引数で返します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項