日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:デバッガ概要
第 1 章:デバッガ概要
第 2 部:コマンド・インタフェース
第 2 章:デバッガの起動
第 3 章:プログラム実行の制御とモニタ
第 4 章:プログラム・データの検査と操作
第 5 章:プログラム内シンボルへのアクセス制御
第 6 章:ソース・コードの表示の制御
第 7 章:画面モード
第 3 部:DECwindows インタフェース
第 8 章:DECwindows Motifインタフェースの概要
第 9 章:デバッグ・セッションの開始と終了
第 10 章:デバッガの使用方法
第 4 部:PC クライアント・インタフェース
第 11 章:デバッガの PC クライアント/サーバ・インタフェースの概要
第 5 部:高度なトピック
第 12 章:ヒープ・アナライザの使用
第 13 章:その他の便利な機能
第 14 章:特殊なデバッグ
第 15 章:マルチプロセス・プログラムのデバッグ
第 16 章:タスキング・プログラムのデバッグ
第 6 部:付録
付録 A :定義済みのキー機能
付録 B :組み込みシンボルと論理名
付録 C :各言語に対するデバッガ・サポートの要約
付録 D :EIGHTQUEENS.C
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
デバッガ説明書


目次 索引



UNKNOWN の言語について,サポートされている言語式とアドレス式の構造を次に示します。

シンボル 構造
[ ] 添字指定
( ) 添字指定
.(ピリオド) レコードの構成要素の選択
^(サーカンフレックス) ポインタの間接参照



C.15.3 定義済みのシンボル

UNKNOWN の言語について,サポートされている定義済みのシンボルを次に示します。

シンボル 意味
TRUE 論理値 TRUE
FALSE 論理値 FALSE
NIL NIL ポインタ



C.15.4 データ型

言語が UNKNOWN に設定されている場合,デバッガは,他の言語で受け入れられるデータ型をすべて認識しますが,ピクチャ型やファイル型など,限られたいくつかの言語固有のデータ型は認識しません。 UNKNOWN の言語式では,OpenVMS 呼び出し規則のスカラ・データ型のほとんどを使用することができます。

  • UNKNOWN の言語では,レコードの構成要素の選択にドット表記法を使用することができます。たとえば,C がレコード B の構成要素であり,その B がレコード A の構成要素である場合,A.B.C という表記で C を参照することができます。また,配列のどの構成要素にも添字を付けることができます。たとえば B が配列であるとすると,A.B[2,3].C で C を参照することができます。

  • UNKNOWN の言語では,丸括弧と角括弧の両方を添字の括弧に使用することができます。たとえば,A[2,3] と A(2,3) は等価です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項