日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 部:デバッガ概要
第 1 章:デバッガ概要
第 2 部:コマンド・インタフェース
第 2 章:デバッガの起動
第 3 章:プログラム実行の制御とモニタ
第 4 章:プログラム・データの検査と操作
第 5 章:プログラム内シンボルへのアクセス制御
第 6 章:ソース・コードの表示の制御
第 7 章:画面モード
第 3 部:DECwindows インタフェース
第 8 章:DECwindows Motifインタフェースの概要
第 9 章:デバッグ・セッションの開始と終了
第 10 章:デバッガの使用方法
第 4 部:PC クライアント・インタフェース
第 11 章:デバッガの PC クライアント/サーバ・インタフェースの概要
第 5 部:高度なトピック
第 12 章:ヒープ・アナライザの使用
第 13 章:その他の便利な機能
第 14 章:特殊なデバッグ
第 15 章:マルチプロセス・プログラムのデバッグ
第 16 章:タスキング・プログラムのデバッグ
第 6 部:付録
付録 A :定義済みのキー機能
付録 B :組み込みシンボルと論理名
付録 C :各言語に対するデバッガ・サポートの要約
付録 D :EIGHTQUEENS.C
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
デバッガ説明書


目次 索引



表 8-7 に,デバッガの HP DECwindows Motif for OpenVMS インタフェースで使用できないデバッガ・コマンドの一覧を示します。ここに示すコマンドのほとんどは,デバッガの画面モードと対応しているものです。

表 8-7 HP DECwindows Motif for OpenVMSユーザ・インタフェースで使用不可能なデバッガ・コマンド
ATTACH SELECT
CANCEL MODE (SET,SHOW) ABORT_KEY
CANCEL WINDOW (SET,SHOW) KEY
DEFINE/KEY (SET,SHOW) MARGINS
DELETE/KEY SET MODE [NO]KEYPAD
DISPLAY SET MODE [NO]SCREEN
EXAMINE/SOURCE SET MODE [NO]SCROLL
EXPAND SET OUTPUT [NO]TERMINAL
EXTRACT (SET,SHOW) TERMINAL
HELP 1 (SET,SHOW) WINDOW
MOVE (SET,CANCEL) DISPLAY
SAVE SHOW SELECT
SCROLL SPAWN

1各コマンドについてのヘルプは,デバッガのウィンドウの「Help」メニューから利用できます。

ユーザがこれらのコマンドをコマンド行に入力した場合や,デバッガがコマンド・プロシージャを実行しているときにこれらのコマンドが見つかった場合,デバッガにエラー・メッセージが表示されます。

8.4 デバッガについてのオンライン・ヘルプの表示

デバッグ・セッションの途中で,デバッガとデバッグについて次のオンライン・ヘルプを使用することができます。

  • コンテキスト依存のヘルプ---ウィンドウまたはダイアログ・ボックス内の領域やオブジェクトについての情報。

  • タスク用ヘルプ---「Overview of the Debugger」という入門用のヘルプ・トピックと,特定のデバッグ・タスクについてのサブトピックで構成されている。

  • デバッガ・コマンドやいろいろなトピック ( 言語サポートなど ) についてのヘルプ。

  • デバッガの診断メッセージについてのヘルプ。

コンテキスト依存のトピックに関連するタスク用トピックは,ヘルプ・ウィンドウ内の補助トピックの一覧によって結びつけられています。

8.4.1 コンテキスト依存のヘルプの表示

コンテキスト依存のヘルプは,ウィンドウやダイアログ・ボックス内の領域またはオブジェクトについての情報です。

コンテキスト依存のヘルプを表示するには,次の手順に従ってください。

  1. デバッガのウィンドウの「Help」メニューから「Context」を選択する。ポインタの形が疑問符(?)に変わる。

  2. デバッガのウィンドウまたはダイアログ・ボックス内のオブジェクトまたは領域に疑問符を置く。

  3. MB1 をクリックして選択する。「Help」ウィンドウ内に,そのオブジェクトまたは領域についてのヘルプが表示される。補助トピックによって,適切な場合はタスク用の説明が表示される。

ダイアログ・ボックスのコンテキスト依存のヘルプを表示するには,ダイアログ・ボックス内で「Help」ボタンをクリックして選択することもできます。

  注意
第 12 章 は作業別に構成されており,デバッガのヒープ・アナライザの使い方を説明しています。

「Stop」以外のプッシュ・ボタンでは,本当の意味でコンテキスト依存のヘルプを表示することはできません。これは,他のボタンがすべて,変更や削除を行えるようになっているためです。



「Overview」ヘルプ・トピック(「Overview of the Debugger」)とそのサブトピックには,デバッガとデバッグに関するタスク用の情報が表示されます。

「Overview」トピックを表示するには,次のどちらかの方法を使用してください。

  • デバッガのウィンドウの「Help」メニューで「On Window」を選択する。

  • デバッガのヘルプ・ウィンドウの「View」メニューで「Go To Overview」を選択する。

「Overview」トピックを表示した後で特定のトピックを表示するには,参照したいトピックを補助トピックの一覧の中から選択します。

8.4.3 デバッガ・コマンドについてのヘルプの表示

デバッガ・コマンドについてのヘルプを表示するには,次のようにします。

  1. デバッガのウィンドウの「Help」メニューで「Commands」を選択する。

  2. 補助トピックの一覧からコマンド名またはその他のトピック ( たとえば「Language_Support」) を選択する。

ヘルプ・コマンドはコマンド・ビューのコマンド行インタフェースにはありませんので,ご注意ください。

8.4.4 デバッガの診断メッセージについてのヘルプの表示

デバッガの診断メッセージはコマンド・ビューに表示されます。特定の診断メッセージについてのヘルプを表示するには,次の手順に従ってください。

  1. デバッガのウィンドウの「Help」メニューで「Commands」を選択する。

  2. 補助トピックの一覧から「Messages」を選択する。

  3. 補助トピックの一覧からメッセージ識別子を選択する。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項