日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:ファイルの印刷
第2章:プリント・ジョブの修正ならびにプリント・ジョブおよびキューの状態表示
第3章:給紙トレイおよび排紙トレイの選択
第4章:PostScript ファイルの印刷
第5章:ANSI ファイルの印刷
第6章:日本語テキスト・ファイルの印刷
第7章:Imageインタプリタの使用によるDDIFイメージ・ファイルの印刷
第8章:PCLファイルの印刷
第9章:Proprinterファイルの印刷
第10章:List データ・タイプの使用
第11章:高度なページ・レイアウトの使用
第12章:文書の印刷結果を変更するためのレイアップの使用
第13章:PRINT コマンドでのフォームの使用
第14章:プリント・ジョブでのセットアップ・モジュールの使用
第15章:ファイル・セパレータ・ページの制御
第16章:仕上げオプションの選択
第17章:デバッグのためのエラー・ハンドラの使用
第18章:印刷に関する問題の解決
第19章:プリンタ固有の情報
付録A :システム・メッセージとエラーからの回復
付録B :PRINT コマンド修飾子
付録C :PRINTコマンドのパラメータ
付録D :フォント・カートリッジをエミュレートするためのSoftFontキット
付録E :追加された文字エンコーディング
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


目次 索引



両面印刷ジョブに対してPAGE_LIMITパラメータを使用する場合には,ソフトウェアは左(バーソ)ページと右(レクト)ページの位置を無視します。PAGE_LIMITパラメータで指定した1ページ目は常にレクト・ページになります。

  注意
PAGE_LIMITを使用して用紙の両面に印刷するときに,レクト・ページとバーソ・ページの位置を正しく維持するには,印刷する1ページ目としてレクト・ページを指定しなければなりません。

開始ページまたは終了ページのいずれについても,PAGE_LIMIT の最大値は 999999 です。

11.7 論理ページ・サイズの指定

特定のタイプのファイルには,印刷されるページのサイズが指定されています。たとえば,PostScriptファイルを作成するアプリケーションでは,用紙が特定のサイズであることを想定しており,そのサイズのページを作成するためのPostScriptデータが作成されます。

しかし,ファイルに指定する論理ページ・サイズは用紙の物理サイズと異なっていてもかまいません。用紙のサイズはSHEET_SIZEパラメータを使用して指定します。ページ・サイズが指定されていないファイルに対して論理ページ・サイズを指定するには, PAGE_SIZEパラメータを使用します。

PRINTコマンドにSHEET_SIZEパラメータを指定しなかった場合には,PAGE_SIZEの値が物理的な用紙のサイズであると解釈されます。プリント・ジョブにPAGE_SIZEも SHEET_SIZEも指定されていない場合には, DECprint Supervisor ソフトウェアは省略時の給紙トレイに装着されている用紙のサイズを使用します。

DECprint Supervisor ソフトウェアでサポートされるPAGE_SIZEの値を表示するには, HELP PRINT_PARAMETER PAGE_SIZEコマンドを入力してください。

ビジネス用封筒の論理ページ・サイズを使用して ANSI ファイルを印刷するには,次のコマンドを入力します。

$ PRINT /PARAMETERS=PAGE_SIZE=BUSINESS_ENVELOPE ADDR.TXT

PostScriptファイルを印刷するためにプリント・ジョブにPAGE_SIZEパラメータを指定した場合には,PAGE_SIZEパラメータは無視されます。しかし,PAGE_SIZEパラメータとSHEET_SIZEパラメータの両方を指定すれば,物理的な用紙に収まるように論理ページの大きさを調整することができます( 第 11.8 節 を参照)。

表 11-2 に示すように,いくつかの用紙サイズは複数の名前を持っています。 DCPS で用紙サイズを指定する場合は,これらの名前のいずれでも使用することができます。 DCPS 用語は,DCPS がトレーラ・ページに印刷したり,エラー・メッセージで通知する場合に使用する用語です。

11.8 印刷するページのサイズの変更

PostScriptファイルでは,ページ・サイズは, PostScriptファイルを作成するときにアプリケーションが想定した用紙のサイズです。ほとんどの場合,ページ・サイズと用紙サイズは同じです。しかし,ページ・サイズと用紙サイズに対して異なる値を指定することができます。たとえば,用紙サイズに収まるように論理ページのサイズを変更する場合には (たとえば,Aサイズ用紙のみをサポートするプリンタで Bサイズ・イメージを印刷する場合),この機能を使用することができます。この場合には,次のコマンドを使用してください。

$ PRINT /PARAMETERS=(SHEET_SIZE=A,PAGE_SIZE=B) MOD_LINE.TXT

PAGE_SIZEパラメータとSHEET_SIZEパラメータに対して異なる値を指定した場合には, DECprint Supervisor ソフトウェアはNUMBER_UPパラメータが指定されたかのように,ページを囲む枠も含めて,用紙サイズに収まるように自動的にページを拡大縮小します。枠を印刷しない場合には, 第 12 章 の説明に従って, LAYUP_DEFINITIONパラメータを使用することができます。

11.8.1 キューが PAGE_SIZE および SHEET_SIZE パラメータを持つ場合の自動的なサイズの変更

次の状態の場合,DCPS は暗黙に NUMBER_UP=1 であると想定します。

  • キューの PAGE_SIZE および SHEET_SIZE パラメータの省略時の設定値が異なるサイズに設定されている場合。

  • PRINT コマンド実行時に次のパラメータを指定しなかった場合。

    • PAGE_SIZE

    • SHEET_SIZE

    • INPUT_TRAY

  • キューあるいは PRINT コマンド実行時に NUMBER_UP および LAYUP_DEFINITION が指定されていない場合。

NUMBER_UP=1 では,論理的なページ・サイズを物理的なシート・サイズに適合するようにサイズを変更します。これにより,コマンド行で NUMBER_UP あるいは LAYUP_DEFINITION を指定しないで PAGE_SIZE および SHEET_SIZE に異なる値を指定した場合と同様の結果となります。

  注意
給紙トレイまたは用紙サイズを選択するPostScriptオペレータを含んだファイルは,この方法でページを拡大縮小しても,予想どおりに印刷されない可能性があります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡