日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:ファイルの印刷
第2章:プリント・ジョブの修正ならびにプリント・ジョブおよびキューの状態表示
第3章:給紙トレイおよび排紙トレイの選択
第4章:PostScript ファイルの印刷
第5章:ANSI ファイルの印刷
第6章:日本語テキスト・ファイルの印刷
第7章:Imageインタプリタの使用によるDDIFイメージ・ファイルの印刷
第8章:PCLファイルの印刷
第9章:Proprinterファイルの印刷
第10章:List データ・タイプの使用
第11章:高度なページ・レイアウトの使用
第12章:文書の印刷結果を変更するためのレイアップの使用
第13章:PRINT コマンドでのフォームの使用
第14章:プリント・ジョブでのセットアップ・モジュールの使用
第15章:ファイル・セパレータ・ページの制御
第16章:仕上げオプションの選択
第17章:デバッグのためのエラー・ハンドラの使用
第18章:印刷に関する問題の解決
第19章:プリンタ固有の情報
付録A :システム・メッセージとエラーからの回復
付録B :PRINT コマンド修飾子
付録C :PRINTコマンドのパラメータ
付録D :フォント・カートリッジをエミュレートするためのSoftFontキット
付録E :追加された文字エンコーディング
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


目次 索引

第 4 章
PostScript ファイルの印刷



アプリケーションで作成した PostScript ファイルは,プリンタの PostScript インタプリンタの状態を変更します。 DECprint Supervisor ソフトウェアでは,プリント・ジョブ内の各ファイルに対してではなく,プリント・ジョブごとにプリンタの状態をクリアします。したがって,アプリケーションのプロローグやフォントを含むデータ・ファイルなど,最初から同時に印刷する予定のファイルは正しく印刷されます。しかし,相互に無関係な複数のファイルを含むプリント・ジョブでは,ファイルを印刷した後のプリンタの状態が後続のファイルの印刷に悪影響を与える可能性があります。

この結果,PostScriptエラーが発生したり,文書の印刷結果が期待しないものとなる可能性があります。複数のPostScriptファイルを印刷する場合や, PostScriptファイルを2部以上印刷しなければならない場合には,別々のプリント・ジョブとしてキューに登録してください。

4.2 テキストおよび PostScript を含むファイルの印刷

DECprint Supervisor ソフトウェアはファイルの先頭のテキスト・ファイルに続く PostScript データを検出することができます。これは,電子メッセージ・システムで PostScript ファイルを受信した場合など, PostScript ファイルの前にテキストが置かれているものを印刷する際に有用です。

たとえば,ANSI テキストを作成するソフトウェア・ユーティリティでメッセージを受信し,そのメッセージに PostScript ファイルが含まれている場合は,データ・タイプを指定することなくそのファイルを印刷することができます。

4.3 他のオペレーティング・システムで作成されたファイルの印刷

最終的に DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアを使用して印刷する PostScript ファイルを,他のオペレーティング・システムが稼動しているシステムで作成している場合は,次の事項に注意してください。

  1. プリンタ固有のコードの使用
    Windows および Macintosh プリンタ・ドライバは,ドライバを構成したプリンタおよびプリンタ・オプションに固有の PrintScript コード (たとえば,プリンタのブランド名,モデル名,使用可能なトレイ,両面印刷が可能かどうか,プリンタ内の使用可能なメモリなど) を作成します。そのファイルを異なるタイプのプリンタあるいは異なるオプションを持つプリンタに印刷した場合,正しく印刷されない可能性があります。
    最終的に使用するプリンタおよびプリンタ・オプションに固有なファイルを作成するようにしてください。そうでない場合は,移植性を最適化し,オプションを指定せずに汎用プリンタを選択して,複数のプリンタ構成にそのファイルを印刷することができるようにしてください ( 第 4.5 節 を参照)。

  2. 固有の機能に対する PostScript コードの使用
    Windows および Macintosh アプリケーションおよびプリンタ・ドライバは,ファイル作成時に選択したプリンタ機能に固有の PostScript コード (たとえば,使用するトレイ,ソートされない部数,片面印刷か両面印刷かなど) を作成します。 PostScript ファイルにそのような機能を明示的に指定している場合,それに対応した DCPS パラメータ (たとえば,INPUT_TRAY,OUTPUT_TRAY, SHEET_COUNT,SIDES など) はそのプリント・ジョブに影響を与えません。
    アプリケーションおよびプリンタ・ドライバが現在のプリンタ・ジョブに対して省略時の特定の設定値 (たとえば,給紙トレイ) を使用できるようになっている場合は, DCPS パラメータを使用して必要な設定を指定してください。そうでない場合は,アプリケーションおよびプリンタ・ドライバを使用して特定の機能を指定し,対応する DCPS パラメータを指定しないようにしてください。

  3. プリンタ固有の設定についての仮定
    プリンタの物理的な設定は,プリンタにより,また時間により異なる可能性があります。たとえば,プリンタの上段のトレイに黄色の用紙が装着されていることを知っていて,黄色の用紙に印刷したい場合は,上段給紙トレイに印刷することで PostScript ファイルを作成することができます。しかし,そのファイルを同一ブランドの同一モデルの別のプリンタに送信した場合,あるいは以前と同一のプリンタであっても後日に送信した場合は,上段トレイには別の用紙が装着されている可能性があります。
    DCPS で指定することができないプリンタ機能,あるいはアプリケーションおよびプリンタ・ドライバでも指定することができないプリンタ機能 (たとえば,用紙のタイプ) については,ファイルを送信する前に,印刷を行うプリンタの物理設定が必要とする設定となっていることを確認してください。そうでない場合は,上記の 1 および 2 の項目に示す理由のため,ファイルを再度作成する必要があります。



4.4 プリンタ固有の PostScript 文書の作成

各 PostScript プリンタには,標準 PostScript 言語として定義されていないオペレータが格納されています。各 PostScript プリンタ固有の PostScript 言語の拡張機能については,各プリンタのマニュアルを参照してください。

PC および Macintosh システムで動作する,市販されている多くのアプリケーションおよびプリンタ・ドライバを使用した場合,プリンタ固有の拡張機能に依存したプリンタ機能を指定することができます ( 第 4.3 節 を参照)。たとえば,特定のプリンタの上段給紙トレイを使用する PostScript ファイルを作成することができます。そのファイルを別のタイプのプリンタに印刷しようとした場合,別のトレイに印刷される可能性や,印刷に失敗する可能性もあります。

4.5 汎用的な PostScript 文書の作成

プリンタ・タイプに依存しない文書を作成する場合は, PostScript ファイルを作成するために使用するアプリケーションが DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアで指定する PRINT パラメータと矛盾していないことを確認してください。できるだけ PostScript 文書が汎用的なものとなるように,オプションの設定を行ってください。

広範囲の各種プリンタで印刷可能である汎用的な文書をアプリケーションで確実に作成するには,給紙トレイや排紙トレイなど,すべてのプリンタ固有のオプションに対して「プリンタの省略時の設定」を選択します。あるいは,汎用プリンタまたは両面印刷機能や複数の給紙トレイを持たないプリンタを選択します。その後,ファイルへの出力を可能とするアプリケーションの機能を選択します。

4.6 識別されない PostScript オペレータ・エラーの解決方法

プリンタで定義されていない PostScript 拡張オペレータを使用したファイルを印刷した場合には,次のエラー・メッセージが出力されます。

%DCPS-W-UNDEF, undefined: Name not known - offending command is operator

operator は,プリンタで識別できない PostScript 拡張オペレータです。

この問題は,次のいずれかの方法で解決することができます。

  1. アプリケーションで PostScript ファイルを再作成します。印刷設定オプションを調べ,すべての PostScript プリンタに汎用的なオプションでないオプションを無効とします ( 第 4.5 節 を参照)。

  2. 印刷に失敗する PostScript ファイルを印刷する必要がある場合は, 第 4.7 節 の説明を参照して,プリント・ジョブを変更してください。



4.7 PostScript オペレータを制限するためのサンプル・ファイルの使用

DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアでは,一般的に使用される PostScript 拡張オペレータを制限するためのサンプル・ファイルを提供しています。

4.7.1 デスクトップ・プリンタでの PostScript オペレータの制限

デスクトップ・プリンタを使用している場合,印刷に失敗する PostScript オペレータを制限するためのセットアップ・モジュールを作成することができます。次のサンプル・ファイルが DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアで提供されています。

SYS$COMMON:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]LPS$STATUSDICT.PS 

これは多くの PostScript ルーチンの集合であり,特定の PostScript オペレータに関する問題を解決するルーチンだけを取り出して利用することができます。新たに作成したファイルは,セットアップ・モジュールとして指定することができ,印刷に失敗するファイルとともに印刷することができます。

セットアップ・モジュールについての詳細は,『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS システム管理者ガイド』を参照してください。

4.7.2 PrintServer プリンタでの PostScript オペレータの制限

PS_SUPPLEMENT ファイルは PrintServer プリンタにロードでき,多くの識別されない PostScript 拡張オペレータを無視することができるようにするものです。 PrintServer Software V4.2 以降のバージョンでは,このファイルが自動的にプリンタにダウンロードされます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項