日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:ファイルの印刷
第2章:プリント・ジョブの修正ならびにプリント・ジョブおよびキューの状態表示
第3章:給紙トレイおよび排紙トレイの選択
第4章:PostScript ファイルの印刷
第5章:ANSI ファイルの印刷
第6章:日本語テキスト・ファイルの印刷
第7章:Imageインタプリタの使用によるDDIFイメージ・ファイルの印刷
第8章:PCLファイルの印刷
第9章:Proprinterファイルの印刷
第10章:List データ・タイプの使用
第11章:高度なページ・レイアウトの使用
第12章:文書の印刷結果を変更するためのレイアップの使用
第13章:PRINT コマンドでのフォームの使用
第14章:プリント・ジョブでのセットアップ・モジュールの使用
第15章:ファイル・セパレータ・ページの制御
第16章:仕上げオプションの選択
第17章:デバッグのためのエラー・ハンドラの使用
第18章:印刷に関する問題の解決
第19章:プリンタ固有の情報
付録A :システム・メッセージとエラーからの回復
付録B :PRINT コマンド修飾子
付録C :PRINTコマンドのパラメータ
付録D :フォント・カートリッジをエミュレートするためのSoftFontキット
付録E :追加された文字エンコーディング
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


目次 索引

第 1 章
ファイルの印刷



ファイルを印刷するには,次の手順に従ってください。

  1. PRINT コマンドを入力します。

  2. プリント・キュー名を指定します。

  3. 必要なコマンド修飾子を追加します。

  4. 印刷するファイル名を指定します。

たとえば,次のように入力します。

$ PRINT /QUEUE=MYPRINTER /PARAMETER=DATA_TYPE=POSTSCRIPT SUMMER.PS

この例では,次のものを指定しています。

  • キュー名 (MYPRINTER)

  • PostScript データ・タイプ

  • ファイル名 (SUMMER.PS)

以降の各節では,ユーザ独自のドキュメントを印刷するために使用できるいくつかの手法について説明します。



1.2 データ・タイプの選択

プリント・ジョブのデータ・タイプを指定するには, /DATA_TYPE=parameter 修飾子を使用します。たとえば,次のように入力します。

$ PRINT /QUEUE=MYPRINTER /PARAMETER=DATA_TYPE=ASCII

次のデータ・タイプ・パラメータのいずれかを指定することができます。

ASCII
ANSI
DDIF
List
PCL
PostScript
Proprinter
ReGIS
Tek4014

各種のデータ・タイプについての詳細は, 第 4 章第 10 章 を参照してください。

DCPS がサポートしていないプリンタ・モデルへ出力する場合は,プリンタは識別されない (unrecognized) プリンタとして分類されます。印刷は実行されますが,正常に動作しない場合があります。

DCPS には,HP 製の新しいプリンタ・モデル用に,generic HP プリンタ・クラスが用意されています。 DCPS で認識されない HP 製プリンタに出力する場合,一般に HP 製プリンタで利用できる用紙サイズ,トレイ名,トレイ選択コマンドが使用されます。そのため,unrecognized プリンタで利用できない機能が, generic HP プリンタで利用可能になります。その例として,トレイ選択やプリンタのネイティブ PCL インタープリタの使用などがあります。

1.3 両面印刷

いくつかの PostScript プリンタでは用紙の両面への印刷が可能です。これは,デュープレックス印刷とも呼ばれます。 PRINT コマンドに SIDES=2 パラメータを指定した場合には,文書を用紙の両面に印刷することができます。

たとえば,次のように入力します。

$ PRINT /PARAMETERS=SIDES=2 MYFILE.PS

プリンタが両面印刷をサポートしていない場合には,プリント・ジョブは終了し,次のメッセージが表示されます。

DCPS-E-DPLXNOSUP, printer-name does not support duplex printing 

両面印刷の例については, 図 1-1 を参照してください。

図 1-1 両面印刷




ページの方向を指定するには, PAGE_ORIENTATION パラメータに PORTRAIT あるいは LANDSCAPE キーワードのいずれかを指定します。たとえば,次のように入力します。

$ PRINT /PARAMETERS=PAGE_ORIENTATION=LANDSCAPE MYFILE.TXT

  注意
PostScript ファイルおよび DDIF ファイルについてはこのパラメータを使用しないでください。これらのファイル・タイプはページ方向についての印刷命令を含んでいるからです。これらのファイルに対して PAGE_ORIENTATION パラメータを指定した場合,その指定は無視されて,プリント・ジョブはファイルに含まれる命令に従って印刷されます。

図 1-1 に,ポートレート (縦長) 方向のページ印刷の例を示します。文書印刷の高度な手法については, 第 11 章 を参照してください。

図 1-2 に,ランドスケープ (横長) 方向のページ印刷の例を示します。

図 1-2 ランドスケープ (横長) 方向




次のコマンドのいずれかを使用して, 1 つのファイルを 2 部以上印刷することができます。

  • PRINT/JOB_COUNT=n
    ジョブ全体を n 回印刷します。

  • PRINT/COPIES=n
    各ファイルを n 回印刷します。

  • PRINT /PARAMETERS=SHEET_COUNT=n
    プリント・ジョブの各用紙を n 回印刷します。コレータ・トレイを持っているプリンタの COLLATOR トレイを指定して出力しない場合は,各部についてのソートは行われません。
    SHEET_COUNTパラメータを使用すれば,プリント・ジョブ内の各用紙を指定した部数だけ印刷することができます。この方法を使用した場合には,プリント・ジョブの処理時間を短縮することができます。 /COPIESまたは/JOB_COUNTを使用した場合には,印刷するたびにプリント・ファイルを処理しなければなりません。一方,SHEET_COUNTパラメータを使用した場合には,該当ページのデータをソフトウェアが1回だけ処理した後,そのページに該当する各用紙が n 回印刷されます。



1.6 用紙の各面への複数ページの印刷

用紙の各面に複数のページを印刷することができます。この機能は用紙を節約するのに役立ち,特別な形式で文書を印刷することができます。たとえば, 図 1-3 に示すように,用紙の各面に 4 ページずつ印刷することができます。

用紙の各面に印刷するページ数を指定するには, PRINTコマンドにNUMBER_UPパラメータを指定します。次の例を参照してください。

$ PRINT /PARAMETERS=NUMBER_UP=4 MYFILE.PS

1枚の用紙に複数のページを印刷するために, DECprint Supervisor ソフトウェアは文書内の論理ページのサイズを変更し,物理的な用紙上の領域に収まるようにします。しかし,この操作を実行しても,アスペクト比(ページの高さと幅の比率)は変更されません。

図 1-3 1枚の用紙に4ページを印刷した例(NUMBER_UP =4)




プリント・ジョブの中で特定のページまたは特定のページ範囲を印刷することができます。この機能は,大きなプリント・ジョブが印刷の途中で終了した後,そのジョブを途中から継続するときに役立ちます。

プリント・ジョブから特定の範囲のページだけを印刷するには, PRINT コマンドに PAGE_LIMIT パラメータを指定します。ページの範囲を指定するには,1つまたは2つのページ番号を指定します。たとえば,プリント・ジョブの50ページ目から100ページ目だけを印刷する場合は,次のコマンドを入力します。

$ PRINT /PARAMETERS="PAGE_LIMIT=(50,100)" MYFILE.PS

  注意
この PAGE_LIMIT パラメータの場合のように,パラメータ値の内部でカンマを使用する場合には,パラメータ全体を引用符で囲まなければなりません。

指定するページは文書内のページ番号と対応しません。これらは印刷されるページの数を示すだけです。次のコマンドを使用すれば,このファイルの途中から最後の部分のみを印刷するよう指定することができます。

$ PRINT /PARAMETERS="PAGE_LIMIT=(50,)" MYFILE.PS

この例では,プリント・ジョブの50ページ目から印刷を開始し,プリント・ジョブの最後まで印刷することを DECprint Supervisor ソフトウェアに指定しています。

次のコマンドを使用すれば,文書の最初の部分だけを印刷できます。

$ PRINT /PARAMETERS=PAGE_LIMIT=50 MYFILE.PS

この例では,プリント・ジョブの最初の50ページだけを印刷することを DECprint Supervisor ソフトウェアに指定しています。

PAGE_LIMIT パラメータを使用した場合には, upper-limit の値に到達したときに,プリント・ジョブは終了します。したがって,PAGE_LIMITパラメータを指定し,ファイルの最後まで印刷しない場合には,途中で印刷が打ち切られたファイルのファイル・トレーラ・ページは印刷されません。そのファイルの残りのデータと同一プリント・ジョブ内のそれに続くファイルは無視されます。

開始ページまたは終了ページのいずれについても,PAGE_LIMIT の最大値は 999999 です。

1.8 エントリの削除あるいはキューの停止時での遅延

DCPS が STOP/QUEUE/NEXT あるいは DELETE/ENTRY 要求の処理中に,そのプリンタとの通信に問題が発生した場合,その要求が完了するまでに時間がかかる可能性があります。ただし,最終的に DCPS は,現在のジョブがキャンセルされたというプリンタからの応答を待つことを中断します。

1.9 ファイル形式

他のオペレーティング・システムが稼動しているシステムから OpenVMS システムへファイルをコピーして印刷する場合,コピー後のファイルは 表 1-1 に示す OpenVMS ファイル形式のいずれかでなければなりません。

表 1-1 ファイル形式
OpenVMS レコード形式 レコード属性
ストリーム 任意
可変長 なし
不定 任意
固定形式 なし
索引編成 任意
相対編成 任意

1バイナリ・データを持つファイルも可

  注意
イメージやフォントなど,バイナリ・データを持つファイルをコピーする場合には,必ずバイナリ・モードでファイルをコピーしてください。たとえば, FTP でバイナリ・モードを使用するか,または Windows システムから COPY /Bを使用します。

DCPS では,索引編成ファイル,相対編成ファイル,順編成ファイルなどの構成を使用したファイルを出力することが可能です。

索引編成ファイルあるいは相対編成ファイルは,それぞれその主インデックスおよび相対レコード番号によって順次アクセスされます。これは TYPE コマンドとも矛盾しません。

  注意
多くの場合,索引編成ファイルおよび相対編成ファイルにはバイナリ・データが含まれています。出力不可能なバイナリ・データを含むファイルを出力しようとした場合,予想できない出力結果となります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項