日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:ソフトウェアのインストレーションの準備
第2章:ソフトウェアのインストール
付録A :インストールの実行例
付録B :DCPS によってインストールされるファイル
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 HP DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS
インストレーション・ガイド


目次 索引

第 1 章
ソフトウェアのインストレーションの準備



本バージョンの DCPS をサポートする OpenVMS オペレーティング・システムのバージョンは以下のとおりです。

  • OpenVMS Integrity V8.3, V8.3-1H1 あるいは V8.4

  • OpenVMS Alpha V7.3-2*, V8.3 あるいは V8.4

サポートする OpenVMS バージョンの最新のリストは以下の URL を参照してください。


 http://h71000.www7.hp.com/openvms/openvms_supportchart.html  

脚注

* Standard Support の提供が終了しているため Prior Version Support あるいは Extended Engineering Support の契約が必要です。



1.2 ディスク容量

DCPS をインストールするのに必要なディスク容量は, Integrity あるいは Alpha のどちらのシステムを使用しているかによって異なります。 表 1-1 に必要なディスク容量を示します。

表 1-1 必要なディスク容量
  Integrity システム Alpha システム
ディスク容量 17,000ブロック 13,000 ブロック

これらのディスク容量は概算であり,実際の値はシステム環境,ディスク・クラスタ・サイズ,構成,ソフトウェア・オプションによって異なります。

1.3 関連するソフトウェア

日本語 DECprint Supervisor は他のソフトウェアとともに動作することにより,完全なプリンティング環境を構築します。日本語 DECprint Supervisor をインストールする前に,他のソフトウェアとプリンティング・ソフトウェアとの互換性があることを確認してください。

以降の各項では,必要なソフトウェアについて詳細を説明します。特定のバージョンについての必要条件については,『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェア仕様書 (SPD)』を参照してください。

1.3.1 USB パッチキット

DCPS V2.7 をインストールする前に,ご使用の OpenVMS のバージョンによって以下の USB パッチキットをインストールする必要があります。

  注意
日本語プリンタの USB 接続はサポートされていませんが, DCPS のインストール時に, USB パッチがインストール済かどうかが確認されるため,あらかじめ USB パッチをインストールしておくことが必要です。

表 1-2 USB パッチキット
OpenVMS バージョン パッチキット
OpenVMS Alpha V7.3-2 必要なし
OpenVMS Integrity V8.3 VMS83I_USB-V0200
OpenVMS Integrity V8.3-1H1 VMS831H1I_USB-V0100
OpenVMS Alpha V8.3 VMS83A_USB-V0100
OpenVMS Integrity/Alpha V8.4 必要なし

これらのパッチキット,およびそれらのアップデート・バージョンは,以下の場所から入手できます。

OpenVMS V8.4 以降はこれらのパッチキットの適用は必要ありません。

1.3.2 PCSI ユーティリティ

DCPS は,PRODUCT コマンドを通じて PCSI ユーティリティでインストールされます。 PCSI ユーティリティについての詳細と PRODUCT コマンドの使用方法については,『 HP OpenVMS システム管理者マニュアル』および『 HP OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』,あるいはオンライン・ヘルプを参照してください。

古いバージョンの OpenVMS を使用している場合, DCPS をインストールする前に PCSI パッチ・キットのインストールが必要になる場合があります。 表 1-3 を参照して, PCSI パッチのインストールが必要かどうかを判断してください。パッチ・キットをインストールすることにより,ご使用のシステムの PCSI がアップグレードされます。

  注意
日本語 DCPS V2.7 では, PCSI パッチ・キットの適用が必要になるような古いバージョンの OpenVMS はサポートしていないため,特に対処は必要ありません。

表 1-3 PCSI パッチ・キット
OpenVMS バージョン PCSI パッチ・キット
Integrity V8.2 以降 必要なし
Alpha V6.2 〜 V7.1-2 DEC-AXPVMS-VMS62TO71U2_PCSI-V0200--4
Alpha V7.2 以降 必要なし

これらのパッチ・キットは次の場所から入手できます。



1.3.3 TCP/IP ネットワーク

CPAP (Common Printer Access Protocol) を使用した PrintServer プリンタへの TCP/IP 接続,あるいは raw TCP/IP ソケット・プロトコルまたは LPD プロトコルを使用したその他のプリンタへの接続では,次のいずれかを必要とします。

  • TCP/IP Services for OpenVMS

  • Process Software MultiNet for OpenVMS

  • Process Software TCPware for OpenVMS

      注意
    Process Software MultiNet for OpenVMS および Process Software TCPware for OpenVMS は,米国 Process Software 社の製品です。



1.3.4 C ランタイム・ライブラリ

DCPS は,システムに C ランタイム・ライブラリがインストールされていることを前提に動作します。このライブラリは,OpenVMS V6.1 以降の OpenVMS オペレーティング・システムの DEC C/C++ Run-Time Components キットに含まれています。ご使用のバージョンによって,次のように対応が異なります。

  注意
日本語 DCPS V2.7 では古いバージョンの OpenVMS はサポートしていないため,特に対応は必要ありません。

  • OpenVMS V6.1 以降のシステムで実行する場合は,DEC C ランタイム・ライブラリをインストールする必要はありません。

  • OpenVMS VAX V5.5-2 システムで実行する場合は, DCPS をインストールする前に DEC C/C++ Run-Time Components キットをインストールする必要があります。
    DEC C ランタイム・ライブラリがシステムにインストールされているかどうかを判断するには, SYS$STARTUP:CRT$STARTUP.COM ファイルが存在するかどうかを確認してください。このファイルが存在する場合,DEC C/C++ Run-Time Components キットはすでにインストールされています。存在しない場合には, DCPS をインストールする前に DEC C/C++ Run-Time Components キットをインストールする必要があります。
    DEC C/C++ Run-Time Components キットは, OpenVMS VAX Software Product Library CD-ROM の Compaq C のディレクトリに含まれています。セーブセット名は AACRT060.A です。このキットのインストレーション情報については,まず DEC C/C++ Run-Time Components ドキュメントの『Read Before Installing or Using DEC C/C++ Run-Time Components Version 6.0 for OpenVMS VAX Systems』を参照してください。



1.3.5 PrintServer ソフトウェア

DIGITAL PrintServer プリンタに出力するには, PrintServer ソフトウェアがインストールされているホスト・システムがプリンティング環境に存在しなければなりません。

1.3.6 AppleTalk ネットワーク

DCPS が使用するネットワーク・プロトコルの 1 つとして, OpenVMS Alpha のレイヤード製品である PATHWORKS for OpenVMS (Macintosh) で提供されていた AppleTalk があります。この製品はすでにリタイヤしておりサポートは提供されませんが, DCPS は引続き AppleTalk キューでも動作していました。

ただし,AppleTalk プロトコルを起動できなくなる変更が OpenVMS V8.2 で行われています。このため,OpenVMS V8.2 以降,DCPS は AppleTalk キューと動作しません。

1.3.7 DDIF 印刷

DDIF エンコード 2 値イメージを印刷するには,システムに DECwindows がインストールされていることが必要となります。

1.3.8 DEC Image Print-PLUS (ICPS)

DCPS V1.1 以降のバージョンは, ICPS V1.x ソフトウェアと共存することができません。 DCPS をインストールすると,SYS$LIBRARY:TRN$DDIF_IMAGE.EXE イメージを置き換えてしまいますが,この新しいイメージは ICPS ソフトウェアとの互換性がありません。

1.4 互換性のないコンポーネント

すべての DCPS の実行コンポーネントは,相互に互換性を持つ組み合わせであることを保証しようとします。互換性がない場合,キューの起動時に DCPS がエラーを通知します。互換性を持たないソフトウェアの古いバージョンのコンポーネントが SYS$SPECIFIC 領域に存在し,新しいコンポーネントが SYS$COMMON 領域にインストールされた場合に,このエラーが発生します。発生するエラーは,どのコンポーネントのどのバージョンを実行するかに応じて異なりますが,次のようなメッセージが表示されるのが共通しています。

    %%%%%%%%%%%  OPCOM  13-FEB-1995 21:38:08.66  %%%%%%%%%%% 
    Message from user QUEUE_MANAGE on DAHLIA 
    %QMAN-E-SYMDEL, unexpected symbiont process termination 

DCPS インストレーション・プロシージャは SYS$SPECIFIC 領域で DCPS ファイルをチェックし,存在する場合はそれを知らせます。

1.5 プリンタ側で必要な設定作業

DCPS を使用するためにプリンタ側で必要となる設定作業があります。『DECprint Supervisor for OpenVMSシステム管理者ガイド』の第 10 章を参照して,ご使用になる各プリンタで必要な設定作業を行ってください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項