日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:DECprint Supervisor の概要
第2章:プリンタの設定
第3章:プリント・キューの作成と変更
第4章:自動的なデータ・タイプの検出
第5章:プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作
第6章:セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定
第7章:セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
第8章:フォーム定義の作成および保守
第9章:ユーザに対するプリンタ資源の料金請求
第10章:プリンタ固有の情報
第11章:問題の解決方法
付録A :プリンティング・システム管理コマンド
付録B :DCPSで使用する論理名
付録C :フォントのダウンロードと削除
付録D : DECprint Supervisor (DCPS)および DECprint プリンティング・サービス (CPS)
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS
システム管理者ガイド


目次 索引





NIC が raw TCP/IP 通信をサポートしていないため, DCPS は raw TCP/IP接続経由で Colorwriter LSR 2000 と通信することができません。

DCPS では,LPD または AppleTalk を使用して Colorwriter LSR 2000 と通信することができます。 LPD を使用してこのプリンタに印刷するには,キューを作成する際に内部キュー名 'xjprint' を指定します。

10.10 DIGITAL DECcolorwriter 1000プリンタ



次の表に示すファイルを使用してプリンタの状態を永続的に変更した場合,それ以降,プリンタの電源を切断して再度投入するまでの間,使用中のシステムあるいはネットワーク上の別のシステムからプリンタが受信するすべてのジョブに影響を与えます。これらのファイルは, SYS$COMMON:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]ディレクトリに置かれています。

セットアップ・ファイル 説明
DCW1000_CONFIG.PS プリンタの時間切れの値を設定します。
DCW1000_DEVPARAM.PS シリアル・ポートの構成を変更します。
DCW1000_STARTPG.PS スタート・ページを有効にします。
DCW1000_NOSTRTPG.PS スタート・ページを無効にします。
DCW1000_PRNTCNFG.PS ソフトウェアが選択する情報ページを有効にします。
DCW1000_PSCRIPT.PS PostScriptへのポートを変更し,すべてのポートを省略時の設定にします。

注意

  • DCW1000_DEVPARAM.PS ファイルをプリンタに送信すると,通信設定が変更されてキューがハングします。キューに対して STOP/RESET コマンドを実行し,プリンタが接続されている DECserver またはその他の LAT 装置での対応する設定を変更しなければなりません。また,プリンタが PostScript モードであることを確認してください。

  • 省略時の設定では,プリンタの背面の DIP スイッチが下の位置に設定されています。これは,シリアル・インタフェースが調整可能であること,および色補正が設定されていないことを示します。工場出荷時の省略時の設定は,9600ボー,8ビット,パリティなしです。セットアップ・ファイルと DIP スイッチとの相互関係についての詳細は, DECcolorwriter 1000 のドキュメントを参照してください。

  • プリンタの現在の構成を確認するには,DIP スイッチ 4 の位置を下から上に切り換え,続いて下に切り換えます (他の 3 つの DIP スイッチは下の位置のままとします)。プリンタが構成ページを印刷します。プリンタが PostScript モードで稼動していることを確認してください。



10.11 DIGITAL DEClaser 3500プリンタ



DCPS を DEClaser 3500 プリンタのオプションのシリアル・ポートで使用する場合,ジョブが "Starting" 状態のままとなる可能性があります。この場合,次のオプションのいずれか 1 つを選択する必要があります。

  1. プリンタを PostScript モードにロックします (フロント・パネルでSerial, Printer Type = STD PostScript に設定します)。 第 3.5.3 項 で説明するように, DCPS$queuename_SYNC 論理名を使用してください。このモードでは,プリンタが PJL シーケンスに応答しないので,ネイティブ PCL を使用することはできません。 PCL 4 トランスレータを強制的に使用するには, 第 10.12.1 項 に説明されている対処法を使用する必要があります。

  2. シリアル・ポートの言語識別モードを Automatic に設定し (フロント・パネルで,Serial,Printer Type = PS/PCL Sensing に設定し), DCPS$queuename_SYNC論理名を使用しないでください。このモードでは,プリンタは PJL シーケンスに応答し,データ・ストリームに示されるとおりにネイティブ PCL 5 または PostScript に切り換えます。



10.11.2 通信プロトコルとネイティブ PCL サポートとの相互関係

オプションのネットワーク・カードは,ネイティブ PCL への切り換えをサポートしますが,プロトコルを自動識別に設定する必要があります。

10.11.3 raw TCP/IPで動作しない NIC

NIC が双方向 TCP/IP 通信をサポートしていないため, DCPS は raw TCP/IP 接続経由でプリンタと通信することができません。

代わりに,プリンタの NIC で LAT または LPD を使用することも,プリンタをプリント・サーバ (たとえば,Rapidprint 500) またはターミナル・サーバに接続することもできます。 LPD を使用してこのプリンタに印刷するには,キューの作成時に内部キュー名 'PORT1' を指定します。

10.12 DIGITAL DEClaser 5100プリンタ



ネットワーク・インタフェース・カード (NIC) の問題により, DCPS は EtherTalk の使用時にプリンタをネイティブ PCL に切り換えることができません。この場合,次のエラーが表示されます。

%DCPS-W-UNDEF, undefined: Name not known - offending command is <1B> 
%DCPS-E-FLUSHING, Rest of Job (to EOJ) will be ignored 

部分的な解決策は, DCPS$STARTUP.COM にキューを作成する場合に, PAGE_LIMIT=999999という省略時のプリント・ジョブ・パラメータを指定することです。このパラメータにより,すべての PCL ファイルが強制的に PCL トランスレータを経由して印刷されます。ただし,PCL トランスレータは PCL 5 ではなく PCL 4 です。

10.12.2 raw TCP/IP で動作しない NIC

NIC が双方向 TCP/IP 通信や LPD 通信をサポートしていないため, DCPS は raw TCP/IP 接続や LPD 接続経由でプリンタと通信することができません。

代わりに,プリンタをプリント・サーバ (たとえば,Rapidprint 500) またはターミナル・サーバに接続し, LAT 接続を使用することが可能です。

10.12.3 フォントのダウンロードと削除

DEClaser 5100 プリンタのオプションのハード・ドライブからのフォントのダウンロード,またはフォントの削除を行うことができます。これには, 付録 C で説明する FONT_DOWNLOADER.COM プロシージャを使用します。

10.12.4 エラー・ページ機能

DEClaser 5100 プリンタには,PostScript インタプリタでエラーが発生した場合に,現在の用紙を排紙してから PostScript エラー情報用紙を印刷する機能があります。この機能は PostScript の問題を解析するための強力な手段ですが,次の理由から日常的に使用することはお勧めできません。

  • ユーザがプリント・ジョブを強制終了するために DELETE/ENTRYを入力すると, PostScript エラー・ページが印刷されます。

  • プリンタがレディ状態でないうちに,ジョブをシリアル・ポート経由でキューに登録すると,給紙あるいは紙詰まりなどを解消した後にレディ状態となった場合, PostScript エラー・ページが印刷されます。

DCPS でプリント・キューを起動する前に,DEClaser 5100のフロント・パネルで, "Print Errors" という機能を無効にする必要があります。この機能は,PostScript の問題を解析する場合にのみ有効としてください。

"limitcheck" エラーのために印刷ジョブが失敗した場合,エラー・メッセージの一部に "page protection required" と表示されていないか確認してください。表示されている場合,ジョブが失敗した原因は,プリンタ・エンジンに追従できる速さでページを作成できなかったことです。プリンタのページ保護機能をオンにすると,この問題はおそらく解決します。

10.13 DIGITAL Laser Printer LN15+

DIGITAL Laser Printer LN15+は,DIGITAL Laser Printer LN15 のアップグレード機種です。 DCPS ドキュメントの DIGITAL Laser Printer LN15 に関する記述は, DIGITAL Laser Printer LN15+ についても適用されます。

10.13.1 プリンタ構成の設定

DCPS では,LN15+ 属性を特定の値に設定する必要があります。 表 10-2 で説明する値に設定されていない場合, DPCS のジョブは "Starting" 状態のままになり,印刷されません。

表 10-2 LN15の構成の設定
設定 設定方法 ドキュメント
PERSONALITY PS プリンタ・コンソールのCONFIGメニュー 『LN15 User Manual』
NPAP MODE OFF プリンタ・コンソールのPARALLELメニュー 『LN15 User Manual』
PORT 1 BITRONICS ENABLED Ethernet カード管理 『RapidPrint 600 Print Server Installation Guide』



10.14 DIGITAL Laser Printer LN17+ps

DIGITAL Laser Printer LN17+psは,LN17psプリンタのアップグレード機種です。 DCPS ドキュメントの DIGITAL Laser Printer LN17ps についての記述は DIGITAL Laser Printer LN17+ps についても適用されます。

10.14.1 ジョブが "Starting" 状態のままとなること

raw TCP/IP または LAT 接続の LN17+ps プリンタで DCPS を使用する場合,対応する DCPS プリント・ジョブが "Starting" 状態のままとなる可能性があります。

PostScript 言語を使用するように Ethernet ポートを設定し,自動言語識別機能を無効にします。

  • プリンタが Ethernet ポートから受け取るプリント・ジョブが,すべて DCPS からのジョブである場合(たとえば,プリンタのネイティブな PCL 5e インタプリタを使用する PCL ジョブである場合),次の操作を実行します。
    プリンタの Ethernet ポートのシステム言語を PostScript にし,言語識別機能を無効にします。これらの設定は,『LN17ps User Guide』で説明されているように,プリンタ・コンソールのインタフェース・メニューで変更することができます。

  • プリンタが Ethernet ポートから受け取るプリント・ジョブのいずれにも PostScript データが含まれておらず (たとえば,PCL または ASCII データが入っていて), DCPS から送信されたデータでない場合は,次の操作を実行します。
    プリンタの Ethernet ポートで言語識別機能を有効にします。



10.14.2 LPD プリンティング

LPD を使用してこのプリンタに印刷するには,キューを作成する際に内部キュー名 'PASSTHRU' を指定します。

10.14.3 不正確な用紙枚数

LN17+psプリンタの制限のため,ジョブ・トレーラ・ページと OpenVMSアカウンティング・ファイルで報告される用紙の枚数が数枚少ない場合があります。現在のところ対処方は報告されていません。

10.14.4 フォントのダウンロードと削除

LN17+psのオプションのハード・ドライブからのフォントのダウンロードまたはフォントの削除を行うことができます。これには, 付録 C で説明する FONT_DOWNLOADER.COMプロシージャを使用します。

10.14.5 色の違うセパレータ・ページとトレイの切り換え

LN17+psは,指定されたトレイが空になったときに,給紙トレイを切り換えることができます。省略時には,トレイの切り換えは無効になっています。現在,DCPS$queuename_SEPARATOR_PAGE論理名を使用して色の違うセパレータ・ページを指定している場合,トレイの切り換えが無効になっていることを確認した方がよいでしょう。

トレイの切り換えを無効にするには,プリンタ・コンソールの PostScript メニューを使用します。詳細については,『LN17ps User Guide』を参照してください。

DCPS$queuename_SEPARATOR_PAGE論理名の値には,次のPostScriptトレイ番号のいずれかを使用します。

  0 メイン・トレイ
  1 フロント・トレイ
  2 下段トレイ1
  3 下段トレイ2



10.15 DIGITAL Laser Printer LN20



LN20プリンタの制限のため,ジョブ・トレーラ・ページと OpenVMSアカウンティング・ファイルで報告される用紙の枚数が誤っていることがあります。現在のところ対処法は報告されていませんが, LN20はプリンタの使用状況を追跡するために使用できるアカウンティング機能を持っています。

10.16 DIGITAL Laser Printer LN40



LN40プリンタの制限のため,ジョブ・トレーラ・ページと OpenVMSアカウンティング・ファイルで報告される用紙の枚数が誤っていることがあります。現在のところ対処法は報告されていませんが, LN40はプリンタの使用状況を追跡するために使用できるアカウンティング機能を持っています。

10.17 Compaq および DIGITAL Laser Printer LNC02



DCPSの raw TCP/IPプロトコルで LNC02を使用するには,プリンタがファームウェア・バージョン System Release 1.1.1,Revision 3.11 以上を使用する必要があります。このファームウェアのバージョン番号は,プリンタのスタートアップ・ページに表示されます。

10.17.2 不正確な用紙枚数

LNC20プリンタの制限のため,ジョブ・トレーラ・ページと OpenVMSアカウンティング・ファイルで報告される用紙の枚数が誤っていることがあります。現在のところ対処法は報告されていませんが, LNC20 はプリンタの使用状況を追跡するために使用できるアカウンティング機能を持っています。

10.18 DIGITAL PrintServer 17プリンタ



PrintServerソフトウェア,バージョン5.0は, PrintServer 17シリーズのプリンタに,給紙トレイのフェイルオーバ機能を追加します。この機能により,プリンタは,指定されたトレイが空になったときに,同じサイズのメディアが入っている別の給紙トレイに自動的に切り換えることができます。この機能は,省略時に有効に設定されています。

現在,色の違うフラグ・ページを使用している場合は,この機能を無効にした方がよいでしょう。給紙トレイのフェイルオーバを無効にするには,次の操作を実行します。

  1. LPS$SUPPORT:LPSDEFAULTS.<printer name>を編集します。

  2. /TraySwitch パラメータを検索します。

      /TraySwitch true  % 給紙トレイのフェイルオーバを制御します。 
                        % false = 無効 
                        % true = 有効 
    

  3. TraySwitchパラメータの値を,"true"から"false"に変更します。 PostScriptは大文字小文字を区別します。有効な値は"true"または"false"のみです。

      /TraySwitch false % 給紙トレイのフェイルオーバを制御します。 
                        % false = 無効 
                        % true = 有効 
    

  4. リモート・コンソール機能でRECONFIGUREコマンドを入力して,変更内容を有効にします。

    $ MCR LPS$CONSOLE <printer name>
    LPS> PRIV
    Password: <password>
    LPS> RECONFIG
    LPS> EXIT
    

詳細については,『 DEC PrintServer Supporting Host Software for OpenVMS Management Guide 』を参照してください。

10.19 HP 9085 MFP



LPD でこのプリンタに出力する場合は, DCPSスプール機能を有効にする必要があります ( 第 3.5.5 項 を参照)。

Raw TCP でこのプリンタに出力するには次のことが必要です。

  • ダイレクト・キューをプリンタで有効にしておく必要があります。ポート番号は 9101 です。

  • HP が提供するパッチ 1-FBSB1 を適用します。



10.20 HP Color LaserJet 4650



特定のPostScriptファイルを出力した時にサービス・エラー 49.4C02 で印刷に失敗する場合があります。この問題は,プリンタのファームウェア・バージョン 20050524 07.003.3で修正されています。

10.21 HP Color LaserJet 5500



このプリンタのファームウェアが 20030605 04.016.2 より古い場合は,プリンタの PERSONALITY 設定を PS (PostScript) にしておくことをお勧めします。

10.22 HP Color LaserJet 5550



特定のPostScriptファイルを出力した時にサービス・エラー 49.4C02 で印刷に失敗する場合があります。この問題は,プリンタのファームウェア・バージョン 20050524 07.007.3 で修正されています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項