日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:DECprint Supervisor の概要
第2章:プリンタの設定
第3章:プリント・キューの作成と変更
第4章:自動的なデータ・タイプの検出
第5章:プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作
第6章:セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定
第7章:セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
第8章:フォーム定義の作成および保守
第9章:ユーザに対するプリンタ資源の料金請求
第10章:プリンタ固有の情報
第11章:問題の解決方法
付録A :プリンティング・システム管理コマンド
付録B :DCPSで使用する論理名
付録C :フォントのダウンロードと削除
付録D : DECprint Supervisor (DCPS)および DECprint プリンティング・サービス (CPS)
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS
システム管理者ガイド


目次 索引

第 6 章
セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定



セパレータ・ページは,プリント・ジョブの先頭および最後に印刷される用紙です。セパレータ・ページには, 次のものがあります。

  • バースト・ページ - プリント・ジョブの先頭に印刷されます。

  • フラグ・ページ - プリント・ジョブの先頭に印刷されます。

  • トレーラ・ページ - プリント・ジョブの最後に印刷されます。

ジョブ・フラグ・ページはジョブ・バースト・ページに似ていますが,枠が印刷されません。ジョブ・トレーラ・ページはジョブ・フラグ・ページに似ていますが,上部に "END OF JOB" というメッセージとジョブに関する付加的な情報 (たとえば,どのような PRINT 修飾子が使用されたか,および何枚の用紙が印刷されたかなどの情報) が印刷されます。ファイル・セパレータ・ページは類似した形式であることで相互に区別されます。また,ジョブ・セパレータ・ページとは,ファイル固有の情報 (たとえば,ファイル指定,ファイル・サイズ,修正日付) があることによって区別されます。

各ジョブについてセパレータ・ページを有効とすることもできますし,プリント・ジョブ内の各ファイルについてセパレータ・ページを有効とすることもできます。以降の各節でその方法を説明します。

6.2 ジョブ・セパレータ・ページの有効化

ジョブのセパレータ・ページは,各プリント・ジョブを分離します。 図 6-1 にジョブ・セパレータ・ページの 1 つのタイプであるジョブ・バースト・ページを示します。

図 6-1 ジョブ・バースト・ページ


システム管理者は DCPS$STARTUP.COM ファイルを編集することでジョブ・セパレータ・ページを有効あるいは無効とすることができます。一般ユーザはこの設定を無効とすることはできません。

次に示すように,DCPS$STARTUP.COM 内の実行キュー・エントリのパラメータ 5 に /SEPARATE 修飾子を入力します。

@sys$startup:dcps$execution_queue -          
    DCPS_TTB4 -                    ! P1 - Execution queue name        
    "SERIAL/TTB4" -                ! P2 - Device name 
    DCPS_LIB -                     ! P3 - Logical name for /LIBRARY 
    "" -                           ! P4 - Default queue parameters 
    "/SEPARATE=(BURST,NOFLAG,TRAILER)"   
                                   ! P5 - Default queue qualifiers 

注意:

  • いくつかの別の OpenVMS プリント・シンビオントについてはジョブ・バースト・ページがジョブ・フラグ・ページを意味することはありますが, DCPS についてはジョブ・バースト・ページがジョブ・フラグ・ページを意味することはありません。

  • たとえば次のように, SET QUEUE コマンドを使用してジョブ・セパレータ・ページを一時的に指定することができます。

    $ SET QUEUE /SEPARATE=(BURST,NOFLAG,TRAILER) queuename
    

  • ジョブ・セパレータ・ページは, PRINT /PARAMETERS コマンドあるいは出力されている PostScript ファイルで設定されているパラメータによって影響を受けることはありません。このページは,ユーザ・ジョブのコンテキストではなく,プリンタの省略時の PostScript コンテキストを使用します。

  • セパレータ・ページを無効に設定している場合であっても,プリント・ジョブでエラーが発生した場合は, DCPS はジョブ・トレーラ・ページを出力します。ジョブ・トレーラ・ページには,プリンタ・ジョブのエラーについてのメッセージが出力されます。



6.2.1 トレーラ・ページのエラー・メッセージ

プリント・ジョブにエラーがある場合には,プリント・ジョブの何が問題なのかをユーザが判断するのに役立つメッセージが項目番号17とともに出力されます。次の例はこれらのメッセージを示しています。

    28- MAR-  2012    11:03  %DCPS-I-TRAYSUBST, Output will be delivered to the 
    only tray on printer-name
 
    28- MAR-  2012    11:03  %DCPS-W-INVACC, invalidaccess: Attempt to access 
    restricted object or capability - offending command is get 

プリント・ジョブに対してPRINTコマンドに/NOTIFYを指定した場合には,これらのメッセージはユーザのターミナルにも表示されます。

次のメッセージはジョブ・トレーラ・ページには印刷されません。

  • 開始メッセージと終了メッセージ

  • 紙切れなどのハードウェア・プリンタ・エラー・メッセージ

  • 通信に関連するメッセージ

  • プリンタ内の資源を管理するためにソフトウェアが使用するメッセージ



6.2.2 ジョブ・トレーラ・ページの禁止

第 6.2 節 および 第 6.2.1 項 で説明したように,キューに /SEPARATE=TRAILERが指定されていない場合であっても,ジョブにエラーが発生した場合,通常 DCPS はジョブ・トレーラ・ページを出力します。高価な媒体に出力している場合,特に通知されるエラーが重要でない場合などは,この動作は望ましくないことがあります。

ジョブにエラーが発生した場合でも DCPS がジョブ・トレーラ・ページを出力することを禁止するには,システム全体で有効な次の論理名を定義してください。

$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queue-name_SUPPRESS_JOBTRAILER 1

  注意
上記の設定をして DCPS を使用すると,重要な問題が発生した場合の自己診断が難しくなります。メッセージを禁止するよりも,問題を解決する方を優先することをお勧めします。



高価な媒体や特殊な媒体にジョブを印刷する場合には,ジョブ・フラグ・ページとジョブ・バースト・ページを特殊な給紙トレイから印刷することが適切な場合があります。この機能はまた,プリント・ジョブを分離するために色の違う用紙を指定するときも役立ちます。

ジョブ・フラグ・ページおよびジョブ・バースト・ページに特殊な給紙トレイを指定することができます。次のコマンドを使用して,論理名を定義してください。

$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queue-name_SEPARATOR_TRAY n

このコマンドで,queue-name は実行キュー名で, n は PostScript の給紙トレイ番号です。トレイ番号はプリンタ・モデル固有の番号であり,プリンタのオーナーズ・マニュアルに記載されています。この機能はすべてのプリンタで動作するとは限りません。特に,新しいモデルや, PostScript Level 1 setpapertray オペレータで給紙トレイを選択しないプリンタでは動作しない可能性があります。

HP,Compaq,および DIGITAL プリンタについての値は,次のとおりです。

表 6-1 トレイ番号の値
プリンタ トレイ トレイ番号
HP LaserJet (大半のモデル) トレイ 1 (マルチパーパス) 3
  トレイ 2 0
  トレイ 3 1
  トレイ 4 4 または 5
  トレイ 5 6
  エンベロープ・フィーダ 6
Compaq Laser Printer LN16 上段トレイ 0
  下段トレイ 1
  マルチパーパス・トレイ 3
Compaq Laser Printer LN32 および LNM40 マルチパーパス・トレイ 0
  トレイ 1 1
  トレイ 2 2
  トレイ 3 3
  トレイ 4 4
  トレイ 5 5
  エンベロープ・フィーダ 6
Compaq および DIGITAL Laser Printer LNC02 上段トレイ 1
  下段トレイ 5
DEClaser 1150 および 1152 マルチパーパス・トレイ 0
  給紙カセット 1
DEClaser 2150 および 2250 手差し 0
  下段トレイ 1
  上段トレイ 2
  エンベロープ・フィーダ 3
DEClaser 3250 マルチパーパス・トレイ 0
  上段トレイ 1
  下段トレイ 2
  大容量トレイ 3
DEClaser 3500 上段トレイ 0
  下段トレイ 2
  マルチパーパス・トレイ 3
DEClaser 5100 マルチパーパス・トレイ 0
  上段トレイ 1
  下段トレイ 2
DIGITAL Colorwriter 1000 上段トレイ 0
  下段トレイ 1
DIGITAL Colorwriter LSR 2000 および 2000 + 上段トレイ 1
  下段トレイ 2
DIGITAL Laser Printer LN15 および LN15+ 上段トレイ 0
  下段トレイ 1
  マルチパーパス・トレイ 3
DIGITAL LN17ps および Laser Printer LN17+ps メイン 0
  マルチパーパス・トレイ 1
  下段トレイ 1 2
  下段トレイ 2 3
  エンベロープ・フィーダ 4
DIGITAL Laser Printer LN20 マルチパーパス・トレイ 1
  上段トレイ 2
  下段トレイ 5
DIGITAL Laser Printer LN40 上段トレイ 1
  中段トレイ 2
  下段トレイ 3
  LCIT 5
DIGITAL PrintServer 17 および 17/600 上段トレイ 1
  下段トレイ 2
DIGITAL PrintServer 20, 32, 32 plus および 40 上段トレイ 1
  下段トレイ 2
  LCIT 3



6.3 ファイル・セパレータ・ページの有効化

ファイル・セパレータ・ページは,プリント・ジョブ内の各ファイルを分離します。 図 6-2 に,ファイル・フラグ・ページの例を示します。

図 6-2 ファイル・フラグ・ページ


省略時のファイル・セパレータ・ページを有効にするには,次のように設定します。

  • 実行キューの場合には,パラメータ P5 に /DEFAULT=(file-separation-page)を指定します。

  • ジェネリック・キューの場合には,パラメータ P4に /DEFAULT=(file-separation-page) を指定します。

ユーザは PRINT コマンドに /[NO]FLAG,/[NO]BURST,/[NO]TRAILER 修飾子を指定することにより,キューに対する省略時のファイル・フラグ属性,ファイル・バースト属性,ファイル・トレーラ属性を変更することができます。

次の例では,ジョブ内の各ファイルの先頭にフラグ・ページが印刷され,最後にトレーラ・ページが印刷されます。

$ PRINT /FLAG=ALL /TRAILER=ALL FILE1.PS,FILE2.PS,FILE3.PS

  注意
PAGE_LIMIT パラメータを PRINT コマンドで使用した場合や,プリント・ジョブが途中で終了した場合には,ファイル・フラグ・ページとファイル・トレーラ・ページは印刷されないことがあります。



システムで出力されるすべてのジョブのジョブ・バースト・ページ,ジョブ・フラグ・ページ,ジョブ・トレーラ・ページ,およびファイル・バースト・ページ,ファイル・フラグ・ページ,ファイル・トレーラ・ページの先頭にシステム・メッセージを追加することができます。次の例に,その方法を示します。

$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM PSM$ANNOUNCE "Computer Services Group"

この例では,論理名 PSM$ANNOUNCE が現在 "Computer Services Group" と定義されていることを示しています。

  注意
PSM$ANNOUNCE 論理名は,DCPS シンビオントだけでなく,その他のシンビオント (たとえば LATSYM) でも使用されます。 PSM$ANNOUNCE を再定義した場合は,その他のシンビオントにも影響を与えます。



DCPS は,ODS-5 ボリュームおよび深いディレクトリ構造を含む Extended File Specifications を使用したシステムをサポートします。

ODS-5 ボリューム上の任意のディレクトリ内の任意のファイルをプリンタに出力することができます。 ODS-5 ボリューム上のファイルは長いディレクトリ名やファイル名を持つことがあるため,ファイル名は,ファイル・セパレータ・ページおよび LIST トランスレータを使用した出力で切り捨てられる場合があります。ファイル名が切り捨てられた場合は,省略記号 (...) によって示されます。

  注意
日本語のファイル名は,セパレータ・ページでは ^U エスケープ表現で印刷されるため,日本語では読めません。



ジョブ・ログ・ページは任意に印刷されるページであり,プリント・ジョブに関する情報と,プリント・ジョブで発生したメッセージが印刷されます。ジョブ・ログ・ページを印刷するには,PRINTコマンドにMESSAGES=PRINTパラメータを指定します。ジョブ・ログ・ページを印刷する場合には,ジョブ・トレーラ・ページの前に印刷されます。ジョブ・トレーラ・ページを印刷しない場合には,ジョブ・ログ・ページはジョブの最後のページになります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項