日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第1章:DECprint Supervisor の概要
第2章:プリンタの設定
第3章:プリント・キューの作成と変更
第4章:自動的なデータ・タイプの検出
第5章:プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作
第6章:セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定
第7章:セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
第8章:フォーム定義の作成および保守
第9章:ユーザに対するプリンタ資源の料金請求
第10章:プリンタ固有の情報
第11章:問題の解決方法
付録A :プリンティング・システム管理コマンド
付録B :DCPSで使用する論理名
付録C :フォントのダウンロードと削除
付録D : DECprint Supervisor (DCPS)および DECprint プリンティング・サービス (CPS)
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS
システム管理者ガイド


目次 索引



単一ストリームの DCPS シンビオント・プロセスについては,変更する内容にもよりますが, DCPS 論理名および DCPS 環境のその他の状態を変更した場合,対応したキューについて STOP /QUEUE /RESETコマンド,続いて START /QUEUEコマンドを実行するまでは,その変更は有効となりません。

マルチストリーム・プロセスに対応した単一の DCPS キューについての動作を変更するには,そのシンビオント・プロセスに対応したすべての DCPS キューを停止した後に再起動して,変更を有効とする必要があります。これは,環境のいくつかの状態は DCPS シンビオント・プロセスが起動した場合にかぎって決定され,対応するすべてのキューが停止するまでそのシンビオント・プロセスが停止しないためです。

DCPS シンビオント・プロセスあたりの適切なキューの数を決定する際に,考慮すべきいくつかの要因があります。

  • 1 つのプロセス当たりが扱うキューの数を増やせば DCPSが専有するプロセス・スロットの数は減少します。これによりプロセス・スロットを多く解放することができます。 DCPSシンビオント・プロセスの数を削減することにより,定期的に実行しなければならない DECthreads プロセスの数が減り,システム性能を向上させることができます。

  • DCPS プロセスは複数の実行キューをサポートするように構成することができますが, DCPSは一度に 1 つのファイルしか変換(トランスレート)できません。トランスレータの競合を回避するため,プロセス中のストリーム(キュー)が,すでに使用中のトランスレータを必要とするようになったとき,そのストリームのトランスレータは別のテンポラリ・プロセス中でスタートします。このことは,ユーザ・サイトで主に 1 つのトランスレータを集中的に使用する場合や,DCPS のキューが常にビジーになっているような場合には,システムのパフォーマスンスに望ましくない影響があります。こような場合には,性能低下を防ぐために論理名 DCPS$MAX_STREAMS に,より小さな数値を設定します。

  • 「1 つのプロセスが処理するキュー数」に設定できる最大値は32です。これはOpenVMS キュー・マネージャの制限による上限です。

  • 複数のプリント・キューを実行する DCPS プロセスは,単一障害点となる恐れがあります。スーパバイザ・プロセスが障害を起こした際,またはプロセスを明示的に停止させた場合,複数のキューに影響を与えます。



3.5.2 ジョブ起動時の "Busy" 状態のプリンタへの割り込み

通常 DCPS は,raw TCP/IP,LAT,シリアル・プリンタのいずれかに新しいジョブを送信する前に,そのプリンタが "Idle" 状態となるまで待ちます。これは,DCPS キュー,LATSYM キュー,Windows® および UNIX® ホストなどでプリンタを共有できるネットワーク環境で重要なことです。

バージョン 1.2 より前のバージョンでは, DCPS はアグレッシブ同期シーケンスを使用してプリンタの PostScript インタプリタの制御を取得していました。この方式は DCPS のみの環境では正しく動作していましたが,複数のホスト環境では,プリント・ジョブが別のシステムによって出力が完了しないうちに終了させられてしまう場合がありました。

別のキュー上のジョブを起動することで 1 つのキュー上の不正な PostScript ジョブを強制終了させるという DCPS の以前の動作を期待している場合は,次のようなシステム全体で有効な論理名を定義することによってアグレッシブ方式の動作を復元することができます。

$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queue-name_INTERRUPT_WHEN_BUSY TRUE



3.5.3 ジョブ起動時の PostScript 同期の有効化

DCPS V2.7 より古いバージョンでは,DCPS は,PostScript インタプリタと同期して raw TCP/IP,LAT,あるいはシリアル・プリンタ上のジョブを起動することにより,インタプリタがコマンドを受け付ける準備ができるようにしていました。ただし,いくつかの PostScript は,常に同期制御文字を識別できる状態にあるとはかぎりません。特に,PCL などの付加的なプリンタ言語をサポートしているいくつかのプリンタの場合,特定の状況ではこのシーケンスに正しく対応することができません。

PostScript の同期化は通常は必要ないため, DCPS V2.7 以降ではこの処理は行われません。ただし,必要とするプリンタに対して同期化を可能とするために, Raw TCP/IP,LAT あるいはシリアル接続を使用するプリンタに対して DCPS シンビオントが同期化シーケンスを送るための論理名を定義することができます。その他の方法で接続されたプリンタを使用している場合,この論理名は無効です。各プリンタ固有の情報については 第 10 章 を参照してください。

プリンタ・キューの同期シーケンスを有効化するには,次のコマンドを使用します。

$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queue-name_SYNC TRUE

最近のほとんどのシリアル接続プリンタについては,同期手順を行わないことが問題となることは一般的にありません。これは,インタプリタがデータを受け付けられる状態にない場合,このようなプリンタはフロー制御を使用してデータ受信を待つことができるからです。ただし,ボー・レートあるいはストップ・ビットなどの通信パラメータが正しく設定されていない場合は,プリンタが不要なものを出力してジョブを消失する可能性があります。また,構成によっては,プリンタのデータ・ケーブルが接続されていない場合,あるいはプリンタの電源が落ちている場合,プリント・ジョブが消失する可能性があります。

3.5.4 シンビオント・プロセスのワーキング・セットの削除

DCPS シンビオントがアイドル状態のまま一定の時間が経過すると,システム資源を節約するためにそのワーキング・セットを削除します。この遅延時間は,多くの作業要求がある場合にシステムがプログラムを物理メモリに保持したままでいることを避けるためです。

省略時の設定では, DCPS は 10 分間のアイドル状態の後にそのワーキング・セットを削除します。必要に応じてシステム全体で有効な論理名を定義することで,この値を増やすことができます。

$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$PURGE_TIME "0 hh:mm:ss.00"

ここで hh:mm:ss.00 は,必要な遅延時間を指定する OpenVMS のデルタ時間です。この値が省略時の値である 10 秒よりも小さい場合は,省略時の値が使用されます。

3.5.5 LPD キューに対するスプールを有効にする

ジョブが送信される前に,リモートの LPD キュー,および多くの LPD プリンタはジョブのサイズを認識しておく必要があります。 DCPS は,サイズを判断できるように一時スプール・ファイルを作成できるようになりました。デフォルトでは DCPS の LPD ジョブはスプールされないため, LPD ジョブをリモートの LPD キューあるいは LPD プリンタへ送信するために特別な操作が必要になります。論理名を定義することにより,スプール機能をシステム全体に対して,あるいは個々のキューに対して指定することができます。

スプール機能を使用するためには一時的なスプール・ファイルを作成するための特別な処理を必要とするため,プリンタで必要とする場合のみスプール機能を有効にしてください。一般的には,以下のような場合にスプール機能を利用します。

別のシステム上のリモート LPD キューに印刷する場合。
スプール機能なしで DCPS LPD を使用するとプリンタが何も印刷しない場合。
プリンタに大規模なマルチ機能オプションを追加しており,スプール機能なしで Raw TCP プロトコルあるいは LPD プロトコルを使用たときに DCPS がそれらのオプションをサポートしない場合。

スプール機能を有効にするためには,以下のいずれかの論理名を定義します。デフォルトではどちらも定義されていません。

  • DCPS$SPOOL
    この論理名を定義すると,すべてのキューからのすべての LPD ジョブがプリンタあるいはリモート・キューに送られる前に,一時的なスプール・ファイルが作成されます。

  • DCPS$queue-name_SPOOL
    この論理名を定義すると,指定したキューからの LPD ジョブがプリンタあるいはリモート・キューに送られる前に,一時的なスプール・ファイルが作成されます。

一時的なスプール・ファイルを作成する場所を指定するには,次の論理名を使用します。この論理名は常に定義されています。

  • DCPS$SPOOL_DIRECTORY
    指定したディレクトリにスプール・ファイルが作成され,ジョブがプリンタあるいはリモート・キューに送られた後にスプール・ファイルが削除されます。上記のいずれかの論理名でスプール機能が有効になっていないと,プリント・ジョブはスプールされません。
    DCPS のインストール時に DCPS スプール・ディレクトリの場所が定義されていない場合は,インストール時にプロンプトが表示されます。デフォルトの場所は SYS$COMMON:[DCPS$SPOOL] ですが,スプールが有効になっているすべてのキューに利用可能なシステム・ディスク以外の場所を指定する必要があります。このディレクトリは, DCPS プリント・シンビオント・プロセスと特権ユーザだけがスプール・ファイルを参照できるように保護されています。



3.5.6 LPD キューの用紙サイズの指定

論理名 DCPS$SHEET_SIZE と DCPS$queue-name_SHEET_SIZE は,プリンタの省略時の用紙サイズを DCPS に知らせるために使用します。システム単位の論理名 DCPS$SHEET_SIZE は, DCPS$STARTUP.COM で LETTER と定義されています。ユーザのサイトで別の用紙サイズを使用する場合は,この論理名の値を変更するか再定義してください。キュー固有の DCPS$queue-name_SHEET_SIZE の値を定義することで,キューの省略時の用紙サイズを個別に変更することもできます。

たとえば,システム単位の省略時の用紙サイズとして A4 を指定するには,次のようにします。

    $ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$SHEET_SIZE A4

LAWYERS というキューの省略時の用紙サイズとして LEGAL を指定するには,次のようにします。

    $ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$LAWYERS_SHEET_SIZE LEGAL

DCPS$SHEET_SIZE 論理名の定義は,本バージョンの DCPS とともに出荷される,新しいバージョンの DCPS$STARTUP.TEMPLATE に入っています。 DCPS$STARTUP.TEMPLATE を .COM にコピーし,コピー後の DCPS$STARTUP.COM を編集して,サイトに固有の変更を加えてください。

用紙サイズの論理名に関する,次の動作に注意してください。

  • この論理名が,システム単位とキュー単位のどちらでも指定されていない場合は,省略時の用紙サイズとして LETTER が設定されます。

  • プリンタに存在しないサイズを用紙サイズとして定義した場合は,ジョブは印刷されず,エラー・メッセージは出力されません。

  • この論理名は,LPD キューにのみ使用すべきです。他のタイプのキューではサポートされません。



3.5.7 LPD キューの製品名の指定

DCPS をサポートするプリンタで DCPS LPD キューを使用したい場合は,論理名 DCPS$queue-name_PRODUCT_NAME を定義する必要があります。 表 3-4 に示すように,この論理名の値はそのプリンタの PostScript 製品名を指定します。スペースも含めて製品名を明確に指定する必要があります。ただし,大文字小文字の区別と文字列の最後のスペースは無視されます。

たとえば,HP LaserJet 9000 MFP プリンタに対して MYMFP というキューを設定するには,次のように定義します。

    $ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$MYMFP_PRODUCT_NAME -
    _$ "HP LaserJet 9000 MFP"

以下のガイドラインに注意してください。

  • 論理名 "HPGENERIC" を定義した場合,そのプリンタは "HP Generic" プリンタとして扱われます。

  • この表に示されていない値で論理名を定義した場合,そのプリンタは "unrecognized" プリンタとして扱われます。

  • LPD 以外のキューに対してこの論理名を定義すると, DCPS がサポートしていないプリンタを動作させる際に便利な場合があります。ただし,サポートはされていません。

表 3-4 サポートされるプリンタ製品名
"Colormate PS"  
"Colormate PS40"  
"Colormate PS80"  
"Colorwriter 1000"  
"Colorwriter LSR 2000"  
"Compaq Laser Printer LN16"  
"Compaq Laser Printer LN32"  
"Compaq Laser Printer LNC02"  
"Compaq Laser Printer LNM40"  
"DECColorwriter 1000"  
"DEClaser 1150"  
"DEClaser 1152"  
"DEClaser 2150"  
"DEClaser 2250"  
"DEClaser 3250"  
"DEClaser 3500"  
"DEClaser 5100"  
"DIGITAL Laser Printer LN15"  
"DIGITAL Laser Printer LN20"  
"DIGITAL Laser Printer LN40"  
"DIGITAL Laser Printer LNC02"  
"GENICOM Intelliprint cL160"  
"GENICOM Intelliprint mL260"  
"GENICOM Intelliprint mL402"  
"GENICOM Intelliprint mL450"  
"GENICOM LN21"  
"GENICOM LN28"  
"GENICOM LN45"  
"GENICOM LNM40"  
"GENICOM microLaser 170"  
"GENICOM microLaser 210"  
"GENICOM microLaser 280"  
"GENICOM microLaser 320"  
"GENICOM microLaser 401"  
"HP 9085mfp"  
"HP CM8050 Color MFP"  
"HP CM8050 Color MFP with Edgeline"  
"HP CM8060 Color MFP"  
"HP CM8060 Color MFP with Edgeline"  
"HP Color LaserJet 2500"  
"HP Color LaserJet 2550 Series"  
"HP Color LaserJet 2605dn"  
"HP Color LaserJet 2605dtn"  
"HP Color LaserJet 3000"  
"HP Color LaserJet 3700"  
"HP Color LaserJet 3800"  
"HP Color LaserJet 4500"  
"HP Color LaserJet 4550"  
"HP Color LaserJet 4600"  
"HP Color LaserJet 4610"  
"HP Color LaserJet 4650"  
"HP Color LaserJet 4700"  
"HP Color LaserJet 4730mfp"  
"HP Color LaserJet 5500"  
"HP Color LaserJet 5550"  
"HP Color LaserJet 8500"  
"HP Color LaserJet 8550"  
"HP Color LaserJet 9500"  
"HP Color LaserJet 9500 MFP"  
"HP Color LaserJet CM1015"  
"HP Color LaserJet CM1017"  
"HP Color LaserJet CM1312 MFP Series"  
"HP Color LaserJet CM2320 MFP Series"  
"HP Color LaserJet CM3530 MFP"  
"HP Color LaserJet CM4730 MFP"  
"HP Color LaserJet CM6030 MFP"  
"HP Color LaserJet CM6040 MFP"  
"HP Color LaserJet CP1510 Series"  
"HP Color LaserJet CP2020 Series"  
"HP Color LaserJet CP3505"  
"HP Color LaserJet CP3525"  
"HP Color LaserJet CP4005"  
"HP Color LaserJet CP6015"  
"HP LaserJet 1300 Series"  
"HP LaserJet 1320 Series"  
"HP LaserJet 2100 Series"  
"HP LaserJet 2200"  
"HP LaserJet 2300 series"  
"HP LaserJet 2410"  
"HP LaserJet 2420"  
"HP LaserJet 2430"  
"HP LaserJet 3052"  
"HP LaserJet 3055"  
"HP LaserJet 3390"  
"HP LaserJet 3392"  
"HP LaserJet 4 Plus"  
"HP LaserJet 4000 Series"  
"HP LaserJet 4050 Series"  
"HP LaserJet 4100 MFP"  
"HP LaserJet 4100 Series"  
"HP LaserJet 4200"  
"HP LaserJet 4200L"  
"HP LaserJet 4240"  
"HP LaserJet 4240N"  
"HP LaserJet 4250"  
"HP LaserJet 4250L"  
"HP LaserJet 4300"  
"HP LaserJet 4345 MFP"  
"HP LaserJet 4350"  
"HP LaserJet 4ML"  
"HP LaserJet 4MP"  
"HP LaserJet 4PJ"  
"HP LaserJet 4Si"  
"HP LaserJet 4V"  
"HP LaserJet 5000 Series"  
"HP LaserJet 5100 Series"  
"HP LaserJet 5200"  
"HP LaserJet 5200L"  
"HP LaserJet 5M"  
"HP LaserJet 5Si"  
"HP LaserJet 8000 Series"  
"HP LaserJet 8100 Series"  
"HP LaserJet 8150 Series"  
"HP LaserJet 9000 MFP"  
"HP LaserJet 9000 Series"  
"HP LaserJet 9000L MFP"  
"HP LaserJet 9040"  
"HP LaserJet 9040 MFP"  
"HP LaserJet 9050"  
"HP LaserJet 9050 MFP"  
"HP LaserJet 9055mfp"  
"HP LaserJet 9065mfp"  
"HP LaserJet III"  
"HP LaserJet IIID"  
"HP LaserJet IIISi"  
"HP LaserJet IIP"  
"HP LaserJet M1522n MFP"  
"HP LaserJet M1522nf MFP"  
"HP LaserJet M2727nf MFP"  
"HP LaserJet M3027 MFP"  
"HP LaserJet M3035 MFP"  
"HP LaserJet M4345 MFP"  
"HP LaserJet M5025 MFP"  
"HP LaserJet M5035 MFP"  
"HP LaserJet M9040 MFP"  
"HP LaserJet M9050 MFP"  
"HP LaserJet P2015 Series"  
"HP LaserJet P2055"  
"HP LaserJet P3004"  
"HP LaserJet P3005"  
"HP LaserJet P3010 Series"  
"HP LaserJet P4014"  
"HP LaserJet P4015"  
"HP LaserJet P4515"  
"Hewlett-Packard LaserJet IIISi"  
"IBM InfoPrint 32/40"  
"IBM Infoprint 21"  
"LN17ps"  
"LPS17"  
"LPS17/600"  
"LPS20"  
"LPS20+"  
"LPS32"  
"LPS40"  
"LPS40+"  
"LaserJet 4"  
"LaserJet II"  
"LaserWriter II NT"  
"LaserWriter II NTX"  
"LaserWriter IIf"  
"LaserWriter IIg"  
"LaserWriter Personal NTR"  
"LaserWriter Plus"  
"LaserWriter Pro 600"  
"LaserWriter Pro 630"  
"LaserWriter Pro 810"  
"LaserWriter Select 310"  
"LaserWriter Select 320"  
"LaserWriter Select 360"  
"Lexmark C720"  
"Lexmark C750"  
"Lexmark C910"  
"Lexmark Optra C710"  
"Lexmark Optra LaserPrinter"  
"Lexmark Optra S 1250"  
"Lexmark Optra S 1255"  
"Lexmark Optra S 1620"  
"Lexmark Optra S 1625"  
"Lexmark Optra S 1650"  
"Lexmark Optra S 1855"  
"Lexmark Optra S 2420"  
"Lexmark Optra S 2450"  
"Lexmark Optra S 2455"  
"Lexmark Optra Se 3455"  
"Lexmark Optra T610"  
"Lexmark Optra T612"  
"Lexmark Optra T614"  
"Lexmark Optra T616"  
"Lexmark Optra W810"  
"Lexmark T520"  
"Lexmark T522"  
"Lexmark T620"  
"Lexmark T622"  
"Lexmark W820"  
"PacificPage"  
"PaintJet XL300"  
"Phaser 200e"  
"Phaser 200i"  
"Phaser 220e"  
"Phaser 220i"  
"Phaser 300i"  
"Phaser 4500DP"  
"Phaser 4500N"  
"Phaser 4500X"  
"Phaser 4510DT"  
"Phaser 4510DX"  
"Phaser 4510N"  
"Phaser 5500DN"  
"Phaser 5500DP"  
"Phaser 5500N"  
"Phaser 5500X"  
"Phaser 6250DN"  
"Phaser 6250DP"  
"Phaser 6250DT"  
"Phaser 6250DX"  
"Phaser 6250N"  
"Phaser 7300DN"  
"Phaser 7300DT"  
"Phaser 7300DX"  
"Phaser 7300N"  
"Phaser 740"  
"Phaser 740E"  
"Phaser 740P"  
"Phaser 750DP"  
"Phaser 750DX"  
"Phaser 750N"  
"Phaser 7750DN"  
"Phaser 7750DX"  
"Phaser 7750GX"  
"Phaser 780GN"  
"Phaser 780N"  
"Phaser 8400DP"  
"Phaser 8400DX"  
"Phaser 8400N"  
"Phaser 850DP"  
"Phaser 850DX"  
"Phaser 850N"  
"Phaser III PXi"  
"RICOH Aficio 3035 PS3"  
"RICOH Aficio 3045 PS3"  
"RICOH Aficio 3235C PS3"  
"RICOH Aficio AP400N PS3"  
"RICOH Aficio AP410N PS3"  
"RICOH Aficio AP4510 PS3"  
"RICOH Aficio CL3500N PS3"  
"RICOH Aficio CL4000DN PS3"  
"RICOH Aficio CL7000 PS"  
"RICOH Aficio CL7100 PS"  
"RICOH Aficio CL7200 PS"  
"RICOH Aficio CL7300 PS"  
"RICOH Aficio MP 161 PS3"  
"RICOH Aficio MP 2510 PS3"  
"RICOH Aficio MP 3500 PS3"  
"RICOH Aficio MP 4500 PS3"  
"RICOH Aficio MP 5500 PS3"  
"RICOH Aficio SP 8100DN PS3"  
"RICOH Aficio SP C410DN PS3"  
"RICOH Aficio SP C411DN PS3"  
"RICOH Aficio SP C811DN PS3"  
"ScriptPrinter"  
"Xerox DocuPrint N2025"  
"Xerox DocuPrint N2125"  
"Xerox DocuPrint N24"  
"Xerox DocuPrint N2825"  
"Xerox DocuPrint N32"  
"Xerox DocuPrint N3225"  
"Xerox DocuPrint N40"  
"Xerox DocuPrint N4025"  
"Xerox DocuPrint N4525"  
"Xerox WCP 232"  
"Xerox WCP 238"  
"Xerox WCP 245"  
"Xerox WCP 255"  
"Xerox WCP 265"  
"Xerox WCP 275"  
"Xerox WCP 35"  
"Xerox WCP 45"  
"Xerox WCP 55"  
"Xerox WCP 65"  
"Xerox WCP 75"  
"Xerox WCP 90"  
"Xerox WCP C2128"  
"Xerox WCP C2636"  
"Xerox WCP C3545"  


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項