日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ファイルの印刷
第 2 章:プリント・ジョブの修正ならびにプリント・ジョブおよびキューの状態表示
第 3 章:給紙トレイおよび排紙トレイの選択
第 4 章:PostScript ファイルの印刷
第 5 章:ANSI ファイルの印刷
第 6 章:日本語テキスト・ファイルの印刷
第 7 章:Imageインタプリタの使用によるDDIFイメージ・ファイルの印刷
第 8 章:PCLファイルの印刷
第 9 章:Proprinterファイルの印刷
第 10 章:List データ・タイプの使用
第 11 章:高度なページ・レイアウトの使用
第 12 章:文書の印刷結果を変更するためのレイアップの使用
第 13 章:PRINT コマンドでのフォームの使用
第 14 章:プリント・ジョブでのセットアップ・モジュールの使用
第 15 章:ファイル・セパレータ・ページの制御
第 16 章:仕上げオプションの選択
第 17 章:デバッグのためのエラー・ハンドラの使用
第 18 章:印刷に関する問題の解決
第 19 章:プリンタ固有の情報
付録 A :システム・メッセージとエラーからの回復
付録 B :PRINT コマンド修飾子
付録 C :PRINTコマンドのパラメータ
付録 D :フォント・カートリッジをエミュレートするためのSoftFontキット
付録 E :追加された文字エンコーディング
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


目次 索引

付録 A
付録 A システム・メッセージとエラーからの回復
     A.1     システム・メッセージの概要
     A.2     メッセージの説明
     A.3     レイアップ定義(BADLAYDEF)メッセージ
付録 B
付録 B PRINT コマンド修飾子
付録 C
付録 C PRINTコマンドのパラメータ
     C.1     PRINTパラメータ
     C.2     PRINTパラメータの構文
     C.3     パラメータに対して省略時の設定が使用される順序
付録 D
付録 D フォント・カートリッジをエミュレートするためのSoftFontキット
付録 E
付録 E 追加された文字エンコーディング
     E.1     提供されるエンコーディング・ベクタ
     E.2     エンコーディング・ベクタの例
     E.3     追加エンコーディングの使用
     E.4     プリント・ジョブでのDECMCSエンコーディング・モジュールの指定
     E.5     サード・パーティ・プリンタのためのISO Latin-1の定義
用語集
用語集 用語集
索引
索引
13-1 PRINT コマンドでのフォームの指定
17-1 エラー・ハンドラによって作成されるログ・ファイルの例
E-1 DECMCSエンコーディング・ベクタの定義
1-1 両面印刷
1-2 ランドスケープ (横長) 方向
1-3 1枚の用紙に4ページを印刷した例(NUMBER_UP =4)
8-1 DCPS の PCL ファイルの処理方法
9-1 Proprinterの省略時の印刷可能領域
9-2 2ページの PostScript ページに印刷されたProprinterページ
9-3 長すぎるProprinterページ
9-4 PostScript ページにおさまるように調整されたProprinterページ
10-1 Listデータ・タイプの出力
11-1 ランドスケープ(横長)方向の両面印刷
11-2 ポートレート(縦長)方向の両面タンブル印刷
11-3 ランドスケープ(横長)方向の両面タンブル印刷
11-4 用紙への 4 ページの印刷 (NUMBER_UP =4)
11-5 NUMBER_UP =2 を使用したポートレート(縦長)方向
11-6 NUMBER_UP =2 を使用したランドスケープ (横長) 方向
12-1 BORDERSを使用しない場合のNUMBER_UP =4の印刷
12-2 BORDERSを使用した場合のNUMBER_UP =4の印刷
12-3 FIRSTPAGEを使用しない場合のNUMBER_UP =8の印刷
12-4 FIRSTPAGEを使用した場合のNUMBER_UP =8の印刷
12-5 MARGINSオプションを使用した場合の使用可能な用紙領域
12-6 PAGEORDERオプション(ランドスケープ(横長)方向)
12-7 PAGEORDERオプション(ポートレート(縦長)方向)
16-1 NUMBER_UP のホチキス止めへの影響
1 日本語 DECprint Supervisorドキュメント
1-1 ファイル形式
2-1 プリント・ジョブの状態
5-1 ANSI プリンタの修飾子
5-2 給紙トレイの変換用のオペレータ
5-3 片面あるいは両面印刷用の ANSI シーケンス
6-1 ANSI プリンタの修飾子
6-2 給紙トレイの変換用のオペレータ
6-3 片面あるいは両面印刷用の ANSI シーケンス
8-1 PCLフロント・パネル設定をエミュレートするPRINTパラメータ
8-2 PCLからPostScriptへの給紙トレイ・コマンドの変換
9-1 Proprinterの設定に影響を与えるPRINTパラメータ
9-2 Proprinterプリント属性
9-3 ProprinterからPostScriptへの給紙トレイ・コマンドの変換
11-1 SIDESパラメータの値
11-2 用紙サイズおよびページ・サイズの用語
12-1 レイアップ定義ファイル・オプション
12-2 ALTERNATEオプションの値
12-3 PAGEORDERオプションの値
13-1 ANSI ファイル用の DEFINE/FORM 修飾子
14-1 DECimage の有効化および無効化
14-2 DECimage セットアップ・モジュール --- 複合パラメータ
14-3 DECimage セットアップ・モジュール --- 個別パラメータ
16-1 ホチキス止め位置と給紙の方向
16-2 IPSiO NX900,NX910,NX920,Color 7100,Color 8000,Color 8100, SP8100,SPC810および LN32,LNM40,mL320,mL401でのホチキス止め可能な位置
16-3 IPSiO NX800,NX810,Color 6500 でのホチキス止め可能な位置
16-4 IPSiO CX8800 でのホチキス止め可能な位置
16-5 OKI MICROLINE 3020cV,9300PS でのホチキス止め可能な位置
16-6 ホチキス止めがサポートされている排紙トレイ
16-7 IPSiO NX800,NX810,NX900,NX910,NX920,Color 7100, Color 8000,Color 8100,CX8800,SP8100,SPC810ホチキス止め機能でサポートされる用紙サイズおよび給紙方向
16-8 LN32,LNM40,mL320,mL401 ホチキス止め機能でサポートされる用紙サイズおよび給紙方向
16-9 IPSiO Color 6500ホチキス止め機能でサポートされる用紙サイズおよび給紙方向
16-10 OKI MICROLINE 3020cV,9300PS ホチキス止め機能でサポートされる用紙サイズおよび給紙方向
19-1 DEClaser 5100 プリンタ・ページ保護セットアップ・モジュール
B-1 PRINTコマンドの修飾子
C-1 PRINTパラメータ
D-1 フォント・カートリッジの対応関係
D-2 SoftFont キット

目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項