日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ファイルの印刷
第 2 章:プリント・ジョブの修正ならびにプリント・ジョブおよびキューの状態表示
第 3 章:給紙トレイおよび排紙トレイの選択
第 4 章:PostScript ファイルの印刷
第 5 章:ANSI ファイルの印刷
第 6 章:日本語テキスト・ファイルの印刷
第 7 章:Imageインタプリタの使用によるDDIFイメージ・ファイルの印刷
第 8 章:PCLファイルの印刷
第 9 章:Proprinterファイルの印刷
第 10 章:List データ・タイプの使用
第 11 章:高度なページ・レイアウトの使用
第 12 章:文書の印刷結果を変更するためのレイアップの使用
第 13 章:PRINT コマンドでのフォームの使用
第 14 章:プリント・ジョブでのセットアップ・モジュールの使用
第 15 章:ファイル・セパレータ・ページの制御
第 16 章:仕上げオプションの選択
第 17 章:デバッグのためのエラー・ハンドラの使用
第 18 章:印刷に関する問題の解決
第 19 章:プリンタ固有の情報
付録 A :システム・メッセージとエラーからの回復
付録 B :PRINT コマンド修飾子
付録 C :PRINTコマンドのパラメータ
付録 D :フォント・カートリッジをエミュレートするためのSoftFontキット
付録 E :追加された文字エンコーディング
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


目次 索引

第 15 章
ファイル・セパレータ・ページの制御

プリンティング・システムはジョブ・セパレータ・ページ (ジョブ・フラグ・ページ,ジョブ・バースト・ページ,ジョブ・トレーラ・ページ)とファイル・セパレータ・ページの両方を作成することができます。システム管理者はキューに対して省略時のジョブ・セパレータ・ページとファイル・セパレータ・ページを定義することができます。一般ユーザはジョブ・セパレータ・ページを制御することはできませんが,ファイル・セパレータ・ページを印刷するかどうかを制御することはできます。

プリント・ジョブ内の各ファイルは次のページで分離されます。

  • ファイル・バースト・ページ

  • ファイル・フラグ・ページ

  • ファイル・トレーラ・ページ

一般ユーザは,次の PRINT コマンド修飾子を使用することにより,ファイル・セパレータ・ページの挿入を制御することができます。

  • プリント・ジョブ内の各ファイルの先頭にファイル・バースト・ページを印刷する場合は,/BURSTを指定します。ファイル・バースト・ページを印刷しない場合は,/NOBURSTを指定します。

  • プリント・ジョブの各ファイルの先頭にファイル・フラグ・ページを印刷する場合は, /FLAGを指定します。ファイル・フラグ・ページを印刷しない場合は,/NOFLAGを指定します。

  • プリント・ジョブ内の各ファイルの後にファイル・トレーラ・ページを印刷する場合は, /TRAILERを指定します。ファイル・トレーラ・ページを印刷しない場合は,/NOTRAILERを指定します。



15.1 すべてのファイルに対するファイル・セパレータ・ページの制御

PRINT コマンドと最初のファイル指定との間に /[NO]BURST,/[NO]FLAG,/[NO]TRAILER 修飾子を指定することにより,プリント・ジョブ内のすべてのファイルに対する省略時のファイル・セパレータ・ページの動作を指定することができます。

たとえば,次のコマンドは各ファイルの前にファイル・バースト・ページを印刷します。


$ PRINT /BURST FIRST.TXT, SECOND.TXT

ファイル・セパレータ・ページの特定のタイプの動作を指定しない場合 (たとえば,上記のコマンドではフラグ・ページとトレーラ・ページを指定していません),省略時の動作はキューの /DEFAULT 修飾子で指定されます。 /DEFAULT に特定のタイプのセパレータ・ページを指定していない場合,どのセパレータ・ページも印刷されません。

否定型の修飾子 (たとえば,/NOTRAILER) は,キューの省略時の修飾子 (たとえば,/DEFAULT=TRAILER) を無効とするために有用です。

15.2 個別のファイルに対するファイル・セパレータ・ページの制御

各ファイル指定の後に修飾子を指定することにより,プリント・ジョブ内の個々のファイルに対する省略時のファイル・セパレータ・ページの動作を変更することができます。

たとえば,次のコマンドを使用すると,キューの /DEFAULT=BURST 修飾子を無効とし,ジョブ内の 2 番目のファイルを除くすべてのファイルに対してファイル・フラグ・ページを印刷することができます。


$ PRINT /NOBURST /FLAG FIRST.TXT, SECOND /NOFLAG, THIRD



15.3 キューについての省略時のセパレータ・ページの表示

キューの省略時のセパレータ・ページを表示するには,次のコマンドを実行します。


$ SHOW QUEUE /FULL PS20$A14


Printer queue PS20$A14, on STAR::LPS, mounted form DCPS$DEFAULT 
(stock=DEFAULT) 
    /BASE_PRIORITY=4 /DEFAULT=(FLAG,FORM=DCPS$DEFAULT (stock=DEFAULT)) 
    /NOENABLE_GENERIC /LIBRARY=DCPS_LIB Lowercase /OWNER=[SYS,SYSTEM] 
    /PROCESSOR=DCPS$SMB /PROTECTION=(S:E,O:RD,G,W:W) 
    /SCHEDULE=(NOSIZE) 
    /SEPARATE=(BURST,TRAILER) 

この例では,このキューに登録されたプリント・ジョブに対してジョブ・バースト・ページとジョブ・トレーラ・ページが印刷されることが指定されています(/SEPARATE=(BURST,TRAILER))。また,/DEFAULT=FLAG によって指定されているため,ファイル・フラグ・ページは省略時の設定により印刷されます。ただし,フラグ・ページは PRINT コマンド修飾子により無効とすることができます。

15.4 エラー時の省略時の排紙トレイへのジョブ・ログおよびジョブ・トレーラ・ページの出力

ジョブ・ログおよびジョブ・トレーラ・ページがある場合は,OUTPUT_TRAY パラメータで指定した排紙トレイに通常出力されます。しかし,DCPS が最初に指定された排紙トレイに出力しようとした場合に, NOOUTTRAY,OUTTRAYNOTAVL,OUTTRAYMISMATCH エラーなどが検出されると,ジョブ・ログおよびジョブ・トレーラ・ページは代わりにプリンタの省略時の排紙トレイに出力され,排紙トレイに問題があることを通知します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡