日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ファイルの印刷
第 2 章:プリント・ジョブの修正ならびにプリント・ジョブおよびキューの状態表示
第 3 章:給紙トレイおよび排紙トレイの選択
第 4 章:PostScript ファイルの印刷
第 5 章:ANSI ファイルの印刷
第 6 章:日本語テキスト・ファイルの印刷
第 7 章:Imageインタプリタの使用によるDDIFイメージ・ファイルの印刷
第 8 章:PCLファイルの印刷
第 9 章:Proprinterファイルの印刷
第 10 章:List データ・タイプの使用
第 11 章:高度なページ・レイアウトの使用
第 12 章:文書の印刷結果を変更するためのレイアップの使用
第 13 章:PRINT コマンドでのフォームの使用
第 14 章:プリント・ジョブでのセットアップ・モジュールの使用
第 15 章:ファイル・セパレータ・ページの制御
第 16 章:仕上げオプションの選択
第 17 章:デバッグのためのエラー・ハンドラの使用
第 18 章:印刷に関する問題の解決
第 19 章:プリンタ固有の情報
付録 A :システム・メッセージとエラーからの回復
付録 B :PRINT コマンド修飾子
付録 C :PRINTコマンドのパラメータ
付録 D :フォント・カートリッジをエミュレートするためのSoftFontキット
付録 E :追加された文字エンコーディング
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


目次 索引

第 14 章
プリント・ジョブでのセットアップ・モジュールの使用

この章では,セットアップ・モジュールを使用するための一般的な情報,およびいくつかのプリンタで使用可能なセットアップ・モジュールについての情報を提供します。プリンタ固有のモジュールについての情報は, 第 19 章 を参照してください。

第 13 章 で説明されているように,フォームを使用することで暗黙のうちにセットアップ・モジュールを使用することもできます。

14.1 セットアップ・モジュールの概要

セットアップ・モジュールは,プリント・ジョブの文書の印刷結果を修正したりプリント・ジョブ内の命令を再定義する命令を含むファイルです。

PRINT コマンドの /SETUP 修飾子を指定することで,プリント・ジョブにセットアップ・モジュールを含めることができます。次の例では,600 dpi の解像度を指定するセットアップ・モジュールを使用しています。


$ PRINT /QUEUE=LPS32$2SIDES /SETUP=RES_600X600 IMAGE.PS



14.2 セットアップ・モジュールの位置

DECprint Supervisor for OpenVMS には各種のセットアップ・モジュールが組み込まれており,インストレーション時に次の装置制御ライブラリに置かれます。

SYS$LIBRARY:DCPS$DEVCTL.TLB

セットアップ・モジュールの一覧を表示するには,次のコマンドを使用します。


$ LIBRARY /LIST /TEXT SYS$LIBRARY:DCPS$DEVCTL

次の例のようなセットアップ・モジュールの一覧が表示されます。


DCW1000_DISPLAY 
DCW1000_ENHANCED 
DCW1000_HIGHRES 
LPS$$APPLE360_INITPSDEVICE 
LPS$$APPLE360_SETINPUTTRAY 
RES_1200X1200 
RES_1200X600 

注意

セットアップ・モジュールあるいは装置制御モジュールを変更してはなりません。

いくつかのセットアップ・モジュールは特定のプリンタ専用に作成されています。これらのセットアップ・モジュールは,そのファイル名にプリンタ名が含まれています。たとえば,セットアップ・モジュールの DL3500_RET_DARK は, DEClaser 3500 プリンタ用です。

いくつかのセットアップ・モジュールについての説明は, 第 14.4 節 以降の節を参照してください。

14.2.1 ユーザ独自のセットアップ・モジュールの位置

ユーザ独自のセットアップ・モジュールは特殊な装置制御ライブラリにまとめて, .TLB (テキスト・ライブラリ) ファイルという名前で SYS$LIBRARY に置かれなければなりません。次のコマンドは,SYS$LIBRARY にあるすべてのテキスト・ライブラリの一覧を表示します。どのサブセットが DCPS で使用される特殊な装置制御ライブラリであるかを判定するには,システム管理者に問い合わせるか,システムの DCPS プリント・キューの /LIBRARY 修飾子に対応したライブラリおよびライブラリ検索リストと .TLB ファイル名との関係を調べてください。


$ DIRECTORY SYS$LIBRARY:*.TLB



14.2.2 セットアップ・モジュールの内容の表示

セットアップ・モジュールに含まれている命令を見るには,次の手順に従ってください。

  1. 装置制御ライブラリからセットアップ・モジュールを抽出します。次の例では,DCPS$DEVCTL.TLB からセットアップ・モジュール DI_ON を抽出し,ユーザ・ディレクトリでファイル名を MYSETUP.TXT に変更します。


    $ LIBRARY /EXTRACT=(DI_ON) /OUT=MYSETUP /TEXT SYS$LIBRARY:DCPS$DEVCTL
    

  2. TYPE コマンドあるいはエディタを使用して,そのファイルの内容を表示させます。


    $ TYPE MYSETUP.TXT
    


    このセットアップ・モジュール DI_ON は DECimage 拡張機能を有効とするもので,次の命令を含んでいます。


    %! 
    % ~~~~~~~~~~ DI_on ~~~~~~~~~~ 
    statusdict begin false setDECimage end 
    systemdict /languagelevel known {languagelevel} {1} ifelse 
    2 ge {currentpagedevice /Install get exec} if 
    statusdict begin true setDECimage end 
    % ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
    

    注意

    いくつかのセットアップ・モジュールは,TYPE コマンドを使用しても表示することのできないエスケープ・シーケンスあるいはグラフィックスを含んでいる場合があります。



14.3 セットアップ・モジュールの作成

セットアップ・モジュールを作成するには,次の手順に従ってください。

  1. 必要なエスケープ・シーケンスあるいは PostScript オペレータを含むセットアップ・モジュールを作成します。

  2. システム管理者にそのセットアップ・モジュールの装置制御ライブラリへの登録を依頼します。

  3. セットアップ・モジュールとファイルを指定して,ファイルを印刷します。次の例を参照してください。


    $ PRINT /QUEUE=PS$A14 /SETUP=module-name MYFILE.DAT
    



14.4 セットアップ・モジュールを使用した DECimage パラメータの変更

次に示すセットアップ・モジュールは DECimage を起動したり, DECimage パラメータを変更するためのものです。次のように分類されています。

  • DECimage の有効化および無効化
    表 14-1 に,現在のパラメータ値はそのままの状態で, DECimage を on あるいは off に切り替えるセットアップ・モジュールを示します。別の DECimage セットアップ・モジュールを使用している場合は,このモジュールを使用する必要はありません。 DECimage セットアップ・モジュールは,現在のプリント・ジョブに対して DECimage を自動的に起動します。

    表 14-1 DECimage の有効化および無効化
    セットアップ・モジュール 説明
    DI_ON DECimage を ON に切り替えます
    DI_OFF DECimage を OFF に切り替えます

  • 複合パラメータ
    表 14-2 に,2 つの DECimage パラメータを同時に調整するセットアップ・モジュールを示します。

    表 14-2 DECimage セットアップ・モジュール --- 複合パラメータ
    セットアップ・モジュール 説明
    DI_HICONTRAST Punch0 = 0.2, PuncH2 = 0.8
    DI_LOCONTRAST Punch0 = -.1, PuncH2 = 1.1
    DI_BRIGHTER Punch0 = -.2, PuncH2 = 0.8
    DI_DARKER Punch0 = 0.2, PuncH2 = 1.2
    DI_NORMAL Punch0 = 0, PuncH2 = 1

  • 個別パラメータ
    表 14-3 に示すセットアップ・モジュールのいずれかを指定した場合,特定のパラメータ以外のすべてのパラメータは,省略時の設定値あるいは別のセットアップ・モジュールで最後に修正された値のままの状態となります。このセットアップ・モジュールは順序に影響されません。したがって,PRINT コマンド行にどの順序で指定してもかまいません。

    表 14-3 DECimage セットアップ・モジュール --- 個別パラメータ
    セットアップ・モジュール 説明
    DI_PUNCH0_0 Punch0 = 0
    DI_PUNCH0_0P1 Punch0 = 0.1
    DI_PUNCH0_0P2 Punch0 = 0.2
    DI_PUNCH0_M0P1 Punch0 = -.1
    DI_PUNCH0_M0P2 Punch0 = -.2
    DI_PUNCH1_1 PuncH2 = 1
    DI_PUNCH1_0P8 PuncH2 = 0.8
    DI_PUNCH1_0P9 PuncH2 = 0.9
    DI_PUNCH1_1P1 PuncH2 = 1.1
    DI_PUNCH1_1P2 PuncH2 = 1.2
    DI_SHARP_0P5 Sharpness = 0.5
    DI_SHARP_1 Sharpness = 1.0
    DI_SHARP_1P5 Sharpness = 1.5
    DI_SHARP_2 Sharpness = 2.0
    DI_SHARP_2P5 Sharpness = 2.5

次の例では,鮮明度を増し,グレイ・レベルにシフトさせています。


$ PRINT /NOTIFY /QUEUE=queue-name /SETUP=(DI_SHARP_2,DI_DARKER) file



14.5 解像度についてのセットアップ・モジュール

次の解像度についてのセットアップ・モジュールを使用することにより,複数の解像度を持つプリンタの解像度を一時的に変更することができます。

  • RES_300X300 --- 横 300 dpi,縦 300 dpi

  • RES_600X300 --- 横 600 dpi,縦 300 dpi

  • RES_600x600 --- 横 600 dpi,縦 600 dpi

  • RES_1200x600 --- 横 1200 dpi,縦 600 dpi

  • RES_1200x1200 --- 横 1200 dpi,縦 1200 dpi

注意

すべての解像度がすべてのプリンタでサポートされているわけではありません。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項