日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ファイルの印刷
第 2 章:プリント・ジョブの修正ならびにプリント・ジョブおよびキューの状態表示
第 3 章:給紙トレイおよび排紙トレイの選択
第 4 章:PostScript ファイルの印刷
第 5 章:ANSI ファイルの印刷
第 6 章:日本語テキスト・ファイルの印刷
第 7 章:Imageインタプリタの使用によるDDIFイメージ・ファイルの印刷
第 8 章:PCLファイルの印刷
第 9 章:Proprinterファイルの印刷
第 10 章:List データ・タイプの使用
第 11 章:高度なページ・レイアウトの使用
第 12 章:文書の印刷結果を変更するためのレイアップの使用
第 13 章:PRINT コマンドでのフォームの使用
第 14 章:プリント・ジョブでのセットアップ・モジュールの使用
第 15 章:ファイル・セパレータ・ページの制御
第 16 章:仕上げオプションの選択
第 17 章:デバッグのためのエラー・ハンドラの使用
第 18 章:印刷に関する問題の解決
第 19 章:プリンタ固有の情報
付録 A :システム・メッセージとエラーからの回復
付録 B :PRINT コマンド修飾子
付録 C :PRINTコマンドのパラメータ
付録 D :フォント・カートリッジをエミュレートするためのSoftFontキット
付録 E :追加された文字エンコーディング
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


目次 索引



この節で説明する最初の3つのレイアップ定義ファイルは DECprint Supervisor ソフトウェアに添付されています。これらの例はディレクトリSYS$COMMON:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]に登録されています。

  • 次のレイアップ定義ファイルの例は,用紙の各面に1ページを印刷するプリント・ジョブを対象にしています。左マージンを広く設定しているため,ページにとじ穴を開けることができます。1ページおきにマージンは切り換えられず,ページ境界は印刷されません。


    ! LPS$SINGLEHOLES.LUP specifies a larger left margin to allow for 
    ! hole punching.  This file is for single sided printing. 
     
    noborders 
    margins = 19, 19, 60, 19 
    noalternate 
    

  • 次のレイアップ定義ファイルの例は,両面印刷して,とじ穴を開けるプリント・ジョブを対象にしています。大きいマージンが用紙の各面ごとに切り換えられます。この例は用紙の各面に1ページを印刷するジョブを対象にしているため,ページ境界は印刷されません。


    ! LPS$DOUBLEHOLES.LUP specifies a larger left margin to allow for 
    ! hole punching. This file is for double sided printing. 
     
    noborders 
    margins = 19, 19, 60, 19 
    alternate = left 
    

  • 次のレイアップ定義ファイルの例は,用紙の各面に複数のページを印刷するジョブを対象にしています。たとえば,NUMBER_UP=6を使用して印刷されるジョブを対象にしています。このファイルでは,ページを区別するためにページ境界が使用されます。左マージンは広く設定されていますが,用紙の各面ごとのマージンの切り換えは実行されません。


    ! LPS$NUP.LUP specifies a variation for 2 up printing. A larger 
    ! left margin is specified to allow for hole punching. This file 
    ! is for single sided printing. 
     
    borders 
    margins = 19, 19, 60, 19 
    

  • 次のレイアップ定義ファイルの例は,用紙の各面に1ページを印刷するジョブを対象にしています。この例ではページ・イメージのサイズが維持されたまま印刷されます。しかし,負の右マージンを使用しているため,とじ穴を開けるための広いマージンがとられています。右マージンが負の値であるため,ページ・イメージの一部は用紙からはみ出すことになります。したがって,このレイアップ定義ファイルは最初からマージンを考慮して作成されたファイルに対してのみ使用できます。


    ! LPS$ShiftForHoles.LUP specifies a wide left margin for hole- 
    ! punching without scaling down the size of the page image.  The 
    ! negative margin means some of the page image is off the physical 
    ! sheet.  It is meant for printing one page per sheet. 
     
    noborders 
    margins = 0, 0, 60, -60 
    



12.3 レイアップ・エラー通知

レイアップ定義ファイルのエラーはBADLAYDEFという識別コードとともに返されます。エラー・メッセージをターミナルに表示するには,PRINTコマンド行に/NOTIFY修飾子を指定します。エラー・メッセージを印刷または保存するには,PRINT /PARAMETERSに MESSAGESパラメータを指定します。エラー・メッセージの形式は次のとおりです。


%DCPS-W-BADLAYDEF, condition on line line-number in layup definition 

condition は問題を示し,line-number はエラーが発生したレイアップ定義ファイルの行番号を示します。レイアップ定義ファイル内のエラーによって出力されるメッセージのテキストと説明については, 付録 A.3 節 を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項