日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:ファイルの印刷
第 2 章:プリント・ジョブの修正ならびにプリント・ジョブおよびキューの状態表示
第 3 章:給紙トレイおよび排紙トレイの選択
第 4 章:PostScript ファイルの印刷
第 5 章:ANSI ファイルの印刷
第 6 章:日本語テキスト・ファイルの印刷
第 7 章:Imageインタプリタの使用によるDDIFイメージ・ファイルの印刷
第 8 章:PCLファイルの印刷
第 9 章:Proprinterファイルの印刷
第 10 章:List データ・タイプの使用
第 11 章:高度なページ・レイアウトの使用
第 12 章:文書の印刷結果を変更するためのレイアップの使用
第 13 章:PRINT コマンドでのフォームの使用
第 14 章:プリント・ジョブでのセットアップ・モジュールの使用
第 15 章:ファイル・セパレータ・ページの制御
第 16 章:仕上げオプションの選択
第 17 章:デバッグのためのエラー・ハンドラの使用
第 18 章:印刷に関する問題の解決
第 19 章:プリンタ固有の情報
付録 A :システム・メッセージとエラーからの回復
付録 B :PRINT コマンド修飾子
付録 C :PRINTコマンドのパラメータ
付録 D :フォント・カートリッジをエミュレートするためのSoftFontキット
付録 E :追加された文字エンコーディング
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


目次 索引



ページ・サイズは/PARAMETERS=PAGE_SIZE修飾子を使用して選択することができます。 Proprinterトランスレータでは,すべてのページ・サイズ値がサポートされます。トランスレータはページの端の領域を除き, PAGE_SIZEパラメータに指定されたページ領域内に印刷します。ページの端の領域は上部オフセットと左オフセットによって指定します( 表 9-2 を参照)。

上部オフセットはページの1行目のベース・ラインの位置を指定し,同時にページの下部の省略時のマージンも設定します。省略時の上部オフセットは1/2インチです。

左オフセットはページの左端の領域を指定し,同時にページの右端の省略時のマージンも指定します。省略時の左オフセットは1/4インチです。

アプリケーションでページの周囲にマージンを確保できる場合には,これらのオフセットの値を小さくしてもかまいません。

DECprint Supervisor でサポートされないページ・サイズが必要な場合には, Form LengthとMarginsに対するフロント・パネル・モード・エスケープ・シーケンスを使用してページ・サイズを明示的に指定することができます ( 表 9-2 を参照)。これらのエスケープ・シーケンスは,オフセットから測定されたページの長さと幅を指定します。

9.5 Proprinterプリント・ジョブの給紙トレイの指定

Proprinterファイルには,Proprinterのプリンタ給紙トレイを選択するための命令が登録されている可能性があります。このファイルを別の種類のプリンタで印刷するときに,指定した給紙トレイをそのプリンタで使用できない場合には,プリント・ジョブは異常終了します。その場合には,適切なPostScriptオペレータを再定義する PostScriptセットアップ・モジュールを作成して,選択される給紙トレイを変更することができます。次の例では,上段給紙トレイに対してトレイ3を選択し,下段給紙トレイに対してトレイ1を選択するための PostScriptセットアップ・モジュールを示しています。


/settoptray {statusdict begin 3 setpapertray end} def 
/setbottomtray {statusdict begin 1 setpapertray end} def 

給紙トレイの値はプリンタ固有の値です。PostScriptプリンタの給紙トレイ番号を判断する場合は,各プリンタ付属のマニュアルを参照してください。

給紙トレイ選択コマンドと,Proprinterトランスレータがそれらのコマンドを変換した後のPostScriptオペレータは 表 9-3 に示すとおりです。setpapertray の省略時の値は,他の値が定義されていないときにトランスレータが使用する値です。異なる値を指定したセットアップ・モジュールを定義した場合には,省略時の値は無効になります。

表 9-3 ProprinterからPostScriptへの給紙トレイ・コマンドの変換
ビン 意味 PostScript拡張オペレータ setpapertrayの省略時の値
0 変更されない    
1 上部トレイ settoptray 1
2 下部トレイ setbottomtray 2
3 封筒トレイ setenvelopefeedertray 3



9.6 Proprinterプリント・ジョブでのソフト・フォントの指定

Proprinterファイルを印刷するためにソフト・フォントをプリンタにロードしておかなければならない場合には,Proprinterセットアップ・モジュールを使用してフォントをダウンロードすることができます。

システム管理者はProprinterセットアップ・モジュールを登録するための装置制御ライブラリを作成しなければならず,『 DCPS システム管理者ガイド』の説明に従って,そのライブラリをDCPS$STARTUP.COMの検索リストに登録しなければなりません。

Proprinter装置制御ライブラリからのProprinterセットアップ・モジュールは, ANSIおよびPostScriptセットアップ・モジュールとは異なる方法で処理されます。 Proprinterセットアップ・モジュールからのレコードには,最後にキャリッジ制御文字 (<CR><LF>)が追加されません。これは, Proprinterセットアップ・モジュールにProprinterフォントやラスタ・グラフィックスなどのバイナリ・データを登録できるようにするためです。 Proprinterセットアップ・モジュールにキャリッジ制御文字で区切らなければならないテキスト行が含まれる場合には,これらのキャリッジ制御文字を Proprinterセットアップ・モジュールに明示的に指定しなければなりません。

Proprinterセットアップ・モジュールを処理する場合には,最後に排紙コマンドは実行されません。したがって,セットアップ・モジュールによって印刷された結果はファイルの1ページ目に表示されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡