日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引


ノード名
    表示
ハード・リンク
    SET FILE/ENTER コマンド
    SET VOLUME コマンド #1
    SET VOLUME コマンド #2
8進数でダンプ
汎用キュー
    起動
    終了
    初期化 #1
    初期化 #2
汎用デバイス名
バージョン数の制限
    ディレクトリのファイル
バージョン番号
    ファイルへの割り当て
バイト単位のダンプ
バッチ型エディタ
バッチ・ジョブ
    CPU時間の制限 #1
    CPU時間の制限 #2
    CPUの最大時間制限の定義
    カードからの登録
    カードのジョブの最後
    出力バッファのフラッシュ
    省略時のワーキング・セット
    省略時のワーキング・セットの定義 #1
    省略時のワーキング・セットの定義 #2
    停止
    パスワード
    パラメータを渡す
    ファイルの削除
        処理後
    プロセスとの同期
    保持 #1
    保持 #2
    優先順位
    リモート・ネットワーク・ノード
    ログ・ファイル
    ログ・ファイルの削除 #1
    ログ・ファイルの削除 #2
    ログ・ファイルの保持
    ログ・ファイルの保存
    ワーキング・セット
        クォータ値の定義 #1
        クォータ値の定義 #2
        クォータの定義
        省略時の値の定義 #1
        省略時の値の定義 #2
        省略時の設定の定義
        省略時の定義 #1
        省略時の定義 #2
        制限の定義
        超過値の定義 #1
        超過値の定義 #2
        超過値の定義 #3
        超過値の定義 #4
        超過値の定義 #5
    ワーキング・セット・クォータ値の定義 #1
    ワーキング・セット・クォータ値の定義 #2
    ワーキング・セット・クォータ値の定義 #3
    ワーキング・セット制限の定義
    ワーキング・セット超過値の定義 #1
    ワーキング・セット超過値の定義 #2
    ワーキング・セット超過値の定義 #3
    ワーキング・セット超過値の定義 #4
    ワーキング・セット超過値の定義 #5
    ワーキング・セットの省略時の値の定義 #1
    ワーキング・セットの省略時の値の定義 #2
パイプライン
パスワード
    設定
    変更
    ログイン時に指定
パラメータ
    コマンド・プロシージャ
    コマンド・プロシージャへの引き渡し
    指定
        コマンド・プロシージャ
    バッチ・ジョブへ渡す
比較
    ファイル
    レコード内の文字
非ページング動的メモリ
    可用性と使用状況の表示
表示
    インストールされているファイルの名前 #1
    インストールされているファイルの名前 #2
    インストールされているファイルの名前 #3
    オープンされているファイルの名前
    現在の出力デバイス
    コマンド・プロシージャ
    システムの状態
    時刻
    デバイスの状態 #1
    デバイスの状態 #2
    日付
    プロセスの現在の状態
    プロセスの状態
    ワーキング・セットの下限値またはクォータ値
    割り当てられているデバイス
ファイル
    RMSがファイル操作のために使用する省略時の値の修正
    SUMSLPエディタで更新
    印刷
    オープン
    キュー・データベースのクローズ
    キューに登録されているエントリの変更
    キュー・ファイルとジャーナル・ファイル
    クローズ
    コピー #1
    コピー #2
    削除
    作成 #1
    作成 #2
    作成 #3
        EDTエディタ
        TECOエディタ
        所有者のUIC
    属性の変更
    ダンプ
    追加
    転送
    ディスクでの最大数
    ディスクの省略時の設定の拡張サイズ
    ディレクトリ内のリスト
    名前の変更
    バージョン数の制限
        ディレクトリ作成時の定義
    バッチ・ジョブ
        処理後の削除
    パージ
    比較
    表示
        インストールされているファイルの名前 #1
        インストールされているファイルの名前 #2
        インストールされているファイルの名前 #3
        オープンされているファイルの名前 #1
        オープンされているファイルの名前 #2
        現在の出力デバイス
        最新のバージョン
        作成時刻
        作成日
        システムがオープンしたファイル
        所有者のUIC
        使用ブロック数
        ターミナル
        バックアップ時刻
        バックアップ日
        ヘルプ
        変更時刻
        変更日
        保護
        満了時刻
        満了日
        割り当てブロック数
    ヘッダの割り当て
    編集
        EDTエディタ
        SUMSLPエディタ
        TECOエディタ
    文字,文字列,またはレコードの無視
    文字列の検索
    レコードの書き込み
    レコードの読み込み
    連結
    論理名の解除
ファイル・イメージ
    フィックスアップ・セクションの分析
    分析
        ページ・ブレークの指定
ファイル・ウィンドウ
    マッピング・ポインタ数の指定
    マッピング・ポインタの割り当て #1
    マッピング・ポインタの割り当て #2
ファイル・オブジェクト
    識別
        エラー #1
        エラー #2
    分析
        グローバル・シンボル・ディレクトリ・レコード
        テキスト
        デバッガ情報レコード
        ページ・ブレークの指定
        モジュール・トレースバック・レコード
        モジュール・ヘッダ・レコード
        リンク・オプション指定レコード
        レコードの再配置
ファイル共用可能イメージ
    分析 #1
    分析 #2
ファイル・システムからの要求
    応答
ファイル指定
    変更
ファイル・タイプ
    変更
ファイル転送
    ファイル転送が可能であるかの判断
ファイル転送モード
ファイルの移動を許可するかどうかの制御
ファイルのオープン
    名前の表示
ファイルのバージョン番号
    変更
ファイルのパージ
    削除を参照
ファイルの保護
    EXCHANGE/NETWORKコマンドの使用
    省略時の設定による定義 #1
    省略時の設定による定義 #2
ファイルの満了日
    保持時間の指定
ファイルの連結 #1
ファイルの連結 #2
ファイルへのレコードの書き込み
ファイル保護
    省略時の設定
    ファイル作成時の定義
    ボリュームの省略時の値の変更
ファストパス
    表示
フェイルオーバ
    キューの自動起動 #1
    キューの自動起動 #2
    キュー・マネージャの
    自動起動
    自動起動キュー #1
    自動起動キュー #2
    自動起動キュー #3
    抑止
フォーリン・ボリューム
    マウント
復号化
    前提条件
不良ブロック・データ
    ディスク
物理メモリ
    可用性と使用状況の表示
ブロック・サイズ・オプション
    ディスクのクラスタ・サイズの指定
    ファイル用
文書変換
    出力形式
分析
    イメージ・ファイル
        ページ・ブレークの指定
    イメージ・ファイルの
    イメージ・ファイルのフィックスアップ・セクション
    オブジェクト・ファイル
        /DISASSEMBLE修飾子
        グローバル・シンボル・ディレクトリ・レコード
        テキスト
        デバッガ情報レコード
        ページ・ブレークの指定
        モジュール・トレースバック・レコード
        モジュールの終端レコード
        モジュール・ヘッダ・レコード
        リンク・オプション指定レコード
        レコードの再配置
    オブジェクト・ファイルの
    オブジェクト・モジュールの
    共用可能イメージ・ファイルの
    グローバル・シンボル・テーブルの
    出力コンバータ
        処理オプション
    制限事項
    ダンプ・ファイル
    フラグ値
プログラム
    実行の再開
    実行の続行
    入力ストリームの終わりを示す
    入力ストリームの先頭を示す
プロシージャ
    省略時のデバイスまたはディレクトリの設定
プロセス
    イメージ・ウェイクアップ
    状態
        現在の表示
    スワップ
        作成されたプロセス
    スワップ・モード
        許可または禁止
    属性の変更
    ダンプ
        分析
    特権
        サブプロセス用に指定
    入力ストリームの制御の切り替え
    ハイバネート
        ATTACHコマンド
    バッチ・ジョブとの同期
    表示
        オープンされているファイル数
        現在の物理メモリ占有量
        現在のワーキング・セット・サイズ
        更新情報 #1
        更新情報 #2
        識別
        システムのプロセス・リスト
        使用されているCPU時間
        状態
        情報
        属性
        特権
        名前
        バッファ付き入出力カウント
        ページ・フォルト
    待ち状態
    優先順位
        サブプロセス用
        独立プロセス用
    ワーキング・セット
        クォータ値と下限値の表示
    ワーキング・セットの省略時のサイズの修正
プロセッサ
    接続状態の表示
    二次状態の表示
    付加されたプロセッサの起動
    付加されたプロセッサの終了
    副プロセッサの起動
    副プロセッサの終了
プロンプト
    コマンド・プロシージャでの表示


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡