日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引


スワップ
    作成されたプロセス
    プロセス
        スワップ・モードの許可または禁止
続行
    割り込みDCLコマンド
    割り込みコマンド・プロシージャ
    割り込みプログラム
ターミナル
    SET TERMINALコマンドを参照
    省略時の属性
    スプールとしての設定
    属性の修正
    属性の表示
    ファイルの表示
ターミナル・エミュレータ
    作成
ターミナル・セッション
    ログアウト
    ログイン
端末
    仮想 #1
    仮想 #2
    メッセージを送る
ダンプの形式
    8進数
    バイト
ダンプ
    ファイルの
    ボリュームの
ダンプの形式
    記述子
    識別子
    16進数
    10進数
    ロングワード #1
    ロングワード #2
    ワード
ダンプの読み込み
チェックサム・ユーティリティ
    ファイルとデータのチェックサムのためのアルゴリズム
重複ラベル
    関係するコマンド・インタプリタの規則
    コマンド割り込み規則 #1
    コマンド割り込み規則 #2
テープ
    ANSI ラベルのマウント #1
    ANSI ラベルのマウント #2
    REPLYコマンドを使用して初期化
    RMSがファイル操作のために使用する省略時の値の修正
    オペレータ端末としての使用許可
    オペレータ端末としての使用禁止
    操作状態の設定
    ディスマウント
    複数のフォーリン・ボリュームのマウント
    ブロック・サイズ指定
    保護チェックを無効にする
    密度指定
    レコード・サイズ指定
テープの暴走
    停止方法
テープ密度
    ボリューム・マウント
テキスト
    オブジェクト・ファイルの分析
テキスト出力コンバータ
    処理オプション
テキスト入力コンバータ
テスト
    式の値
デバイス
    DISMOUNTコマンドでアンロード
    アクセス
    仮想
    作成
    磁気テープ
        省略時の属性の定義
    スプールとしての設定
    占有
    占有を解除
    操作状態の設定
    ディスマウント
    表示
        エラー回数
        キュー・エントリ #1
        キュー・エントリ #2
        省略時
        状態
        情報
        マウントされているボリューム
    変更
    論理キュー名の割り当て
    論理名の割り当て
デバイスの占有
デバイスの占有を解除
デバイス名
    論理名の割り当て #1
    論理名の割り当て #2
転送モード
    EXCHANGE/NETWORKコマンド
データ・ストリーム
    終わりを示す
    先頭を示す
データ・ストリームの終わり
データ・チェック
    省略時の設定の変更
データの圧縮
    ボリューム・マウント
データ・レコードの圧縮
    TA90Eサポート
ディスク
    DECramディスクのサイズの指定
    RMSがファイル操作のために使用する省略時の値の修正
    オペレータ端末としての使用許可
    オペレータ端末としての使用禁止
    共用可能ボリューム指定
    共用可能ボリュームの定義
    記録密度の指定
    クォータの表示
    クラスタ・サイズの指定
    クラスタワイドのマウント
    構造レベルの定義
    公用ディスク・ボリュームの作成
    最大ファイル数の指定
    索引ファイルの配置
    省略時の設定のファイル拡張サイズの指定
    順編成ファイルの作成
    操作状態の設定
    ディスマウント
    ディレクトリ・スペース割り当て
    ディレクトリ名の変更
    ファイル
        削除
        比較
    ファイル名の変更
    不良ブロック・データの指定
    不良領域の指定
    ボリューム・シャドウイングによるマウント #1
    ボリューム・シャドウイングによるマウント #2
    ボリューム・セットのディスマウント
    マウント
        クラスタ単位の
        ボリューム・シャドウイング
    マッピング・ポインタの割り当て
ディスク・クォータ
    表示
ディスク・ボリューム
    初期化
    自動リビルドの禁止
    ディスクも参照
    物理ロード #1
    物理ロード #2
    保護チェックを無効にする
    リビルド
ディスマウント
    共用デバイス
    クラスタ全体でのボリュームの
    テープの
    ディスクの
ディレクトリ
    コピー
    作成
    シェルブドのファイル
    システム領域での数の修正
        Files-11ボリューム
    指定の変更
    省略時の表示
    ディスクでのスペース事前割り当て
    内容の表示
    ファイルのバージョン数の制限
        作成時の定義
    変更
    保護
        作成時の定義
    レディ・アクセス
ディレクトリのコピー
ディレクトリのファイルのリスト
デバイス・ドライバ・イメージ
    パッチ
デバッガ
    DEPOSITコマンド
    RUN コマンド
    オブジェクト・ファイル中のデバッガの分析
    起動 #1
    起動 #2
    情報レコード分析
    保持デバッガ
等価名
    論理名の表示
    論理名への割り当て #1
    論理名への割り当て #2
特権
    サブプロセス用に指定
    プロセスの表示
取り消し
    サブプロセス・ウェイクアップ要求
    独立プロセス・ウェイクアップ要求の取り消し
独立プロセス
    イメージ・ハイバネート
    作成
    ワーキング・セットの指定
ドメイン・コンバータ
    処理オプション
ドル記号($)
    DECKコマンド
    EODコマンド
    EOJコマンド
名前
    サブプロセス
    シンボル定義 #1
    シンボル定義 #2
    汎用デバイス
    論理名
        解除 #1
        解除 #2
二重引用符(")
    リモート・ファイル指定
入力コンバータ
    DDIF
    DTIF
    テキスト
入力ストリーム
    作成されたプロセスの定義
    他のプロセスへの制御の切り替え
    リダイレクト
入力データ・ストリーム
    終わりを示す
    先頭を示す
認証
    ENCRYPT/AUTHENTICATE コマンド
        構文
ネットワーク
    一時停止
    一時停止を解除
    開始
    再開
    停止
ネットワーク・ノード
    HSCへの接続
    記憶域制御デバイスへの接続
    バッチ・ジョブ
    リモート・プロセッサに接続
ネットワークの一時停止
ネットワークの一時停止を解除
ネットワークの開始


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項