日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

U
UAF (利用者登録ファイル)
    独立プロセス
UIC(利用者識別コード)
    指定
    ディレクトリに指定
    ファイルに指定
アクセス日
    DIRECTORY/DATE コマンド
    DUMP/HEADER コマンド
    SET VOLUME コマンド #1
    SET VOLUME コマンド #2
アプリケーション
    リモートで動作
    ローカルで動作
暗号化
    前提条件 #1
    前提条件 #2
アンロードできないデバイス
    DISMOUNTコマンドで
一時停止状態からのキューの解除
イメージ
    EXITコマンドによる終了
    RUNコマンドを使用したサイズの指定
    サブプロセスで実行
    実行
    実行の再開
    実行の続行
    独立プロセスで実行
イメージ・ファイル
    PATCH コマンドも参照
    エラー分析
    起動
    グローバル・シンボル・テーブルの分析
    フィックスアップ・セクションの分析
    分析
インターチェンジ環境
    保護
ウィンドウ
    オープンされているファイルのサイズと数の表示
ウェイクアップ要求
    RUNコマンドによるスケジューリング
    取り消し #1
    取り消し #2
上書き
    所有者識別子フィールド
    磁気テープの重ね書き保護
エラー
    エラー・チェックの制御
    報告
        イメージ・ファイルの
        オブジェクト・ファイル
エラー・ストリーム
    作成されたプロセスの定義
エラー・メッセージ
    オンライン・ドキュメント
大文字小文字の区別
    CREATEコマンド
    F$GETJPIレキシカル関数
    RENAMEコマンド
    SET PROCESSコマンド
オブジェクト・ファイル
    識別
        エラー
    分析
オブジェクト・モジュール
    分析 #1
    分析 #2
    分析 #3
        ファイルの終端レコード
オブジェクト・ライブラリ
オプション・ファイル
    CONVERT/DOCUMENTコマンド
    作成
オペレータ(コンピュータ)
    オペレータ端末としての使用許可
    オペレータ端末としての使用禁止
    要求の送信
    要求への応答
    ログ・ファイルのオープン
    ログ・ファイルのクローズ
オンライン・ヘルプ
カード
    バッチ・ジョブの登録
カードのバッチ・ジョブの最後
カード・リーダ
    バッチ・ジョブの最後
会計
    ターミナル・セッション
会計情報
    独立プロセス
解除
    論理名の割り当て
回復
    EDT編集画面
会話型ヘルプ
書き込みチェック
    APPENDコマンドによる
    COPYコマンドによる
    INITIALIZEコマンドによる
各国語文字セット(NCS)ユーティリティ
仮想端末
    接続
    切断
仮想デバイス
仮想メモリ
    内容の置換
    内容を表示
可用性
    キューの #1
    キューの #2
    キューの #3
画面指向エディタ
    EDT
画面用エディタ
    EVE エディタ
キー
    削除
        ENCRYPT/REMOVE_KEY コマンド
            構文
    作成
        ENCRYPT/CREATE_KEY コマンド
            構文
キーパッド・アプリケーション
    DECtermに定義
記述子ダンプ
基本優先順位
    バッチ・ジョブに設定 #1
    バッチ・ジョブに設定 #2
機密
    オブジェクト保護
    保護オブジェクト
機密保護監査
キャッシング属性
    省略時の値
    設定
    定義済み
    表示
    ライトスルー #1
    ライトスルー #2
    ライトスルー #3
    ライトスルー #4
キュー
    異常終了の設定
    一時停止
    一時停止状態からの解除
    エントリの削除
    エントリの表示
    オプションをオンに変更 #1
    オプションをオンに変更 #2
    可用性の保証 #1
    可用性の保証 #2
    可用性の保証 #3
    既存のキューの再初期化
    起動
    キュー・マネージャの起動
    サーバ
    再起動 #1
    再起動 #2
    再起動 #3
    作成
    システム・プリント・キューの省略時の属性の表示
    シャットダウンの準備
    終了 #1
    終了 #2
    終了 #3
        キュー・マネージャ
        シャットダウン
        すべて
    初期化
    処理中の自動起動キュー
    シンビオント
    実行
        自動起動またはその無効の指定
    自動起動 #1
    自動起動 #2
    自動起動 #3
    自動起動キューのスタート
    自動起動の起動 #1
    自動起動の起動 #2
    自動起動の禁止 #1
    自動起動の禁止 #2
    自動起動の無効化 #1
    自動起動の無効化 #2
    自動起動またはその無効の指定
    自動起動を無効にした後の再起動 #1
    自動起動を無効にした後の再起動 #2
    ジョブの削除
    ジョブのマージ
    タイプ
    チェック
        エントリの表示
    停止
        シャットダウン前
    デバイス・エントリの表示 #1
    デバイス・エントリの表示 #2
    デバイスへの割り当て
    汎用
    バッチおよびプリント・ジョブのエントリの変更
    バッチ・ジョブ
        エントリの表示
        コマンド・プロシージャの入力
        ワーキング・セット
    バッチ・ジョブのCPU時間制限
    バッチ・ジョブのCPU時間制限の定義 #1
    バッチ・ジョブのCPU時間制限の定義 #2
    バッチ・ジョブのCPU時間制限の定義 #3
    バッチ・ジョブのCPU時間制限の定義 #4
    バッチ・ジョブのCPU時間制限の定義 #5
    バッチ・ジョブの基本優先順位の設定 #1
    バッチ・ジョブの基本優先順位の設定 #2
    バッチ・ジョブの省略時のワーキング・セットの定義 #1
    バッチ・ジョブの省略時のワーキング・セットの定義 #2
    バッチ・ジョブの省略時のワーキング・セットの定義 #3
    バッチ・ジョブのワーキング・セット・クォータ値の定義 #1
    バッチ・ジョブのワーキング・セット・クォータ値の定義 #2
    バッチ・ジョブのワーキング・セット・クォータ値の定義 #3
    バッチ・ジョブのワーキング・セット制限の定義
    バッチ・ジョブのワーキング・セット超過値の定義 #1
    バッチ・ジョブのワーキング・セット超過値の定義 #2
    バッチ・ジョブのワーキング・セット超過値の定義 #3
    バッチ・ジョブのワーキング・セット超過値の定義 #4
    バッチ・ジョブのワーキング・セット超過値の定義 #5
    バッチ・ジョブのワーキング・セットの省略時の値の定義 #1
    バッチ・ジョブのワーキング・セットの省略時の値の定義 #2
    バッチまたはプリント・キューの削除
    フェイルオーバ #1
    フェイルオーバ #2
    フェイルオーバ #3
    フェイルオーバの設定 #1
    フェイルオーバの設定 #2
    フェイルオーバの抑止
    プリント・キューの属性の変更
    プリント・キューをスプールとしての設定
    論理
    論理名テーブルの割り当て
    ワーキング・セット
        バッチ・ジョブ
    割り当て
    割り当て解除
キュー・オプション
    変更 #1
    変更 #2
    変更 #3
    割り当て
キュー・オプションの変更 #1
キュー・オプションの変更 #2
キュー・データベース・ファイル
    クローズ
キューの一時停止
キューの起動
    キュー・マネージャ
    自動起動 #1
    自動起動 #2
    非自動起動
キューの作成
キューの終了 #1
キューの終了 #2
キューのスタート
    自動起動
キュー・ファイルとジャーナル・ファイル
キュー・ファイルとジャーナル・ファイルのオープン
キュー・マネージャ
    起動
    再起動 #1
    再起動 #2
    終了
    フェイルオーバ
キュー・マネージャの終了
キューの終了
共有イメージ
    パッチ
共用可能イメージ
    ファイルの分析
    分析
共用可能ボリューム
    ディスクの初期化
    ディスマウント
共用デバイス
    ディスマウント
偽の式
    IFコマンド


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項