日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



指定したノード上のすべてのキューを終了します。このコマンドは, 1 つのコマンドだけでノードのキューをまとめて終了したい ( たとえば,ノードをシャットダウンする前など ) が, OpenVMS Cluster 全体ではキュー・マネージャを終了したくない場合に使用すると便利です。

/QUEUES 修飾子は省略できますが,/ON_NODE 修飾子は必須です。

OPER(オペレータ)特権が必要です。


形式

STOP/QUEUES/ON_NODE[=ノード]


説明

STOP/QUEUES/ON_NODE コマンドは,次のタスクを実行するようにキュー・マネージャに通知します。

  • 現在処理中の,再起動できないすべてのジョブ ( 該当するノードにあるキュー・マネージャの実行キュー内にあるすべてのジョブ ) の強制終了と,再起動できるすべての現在のジョブのキューへの再登録。

  • 該当するノードにあるすべてのキュー・マネージャの実行キューの終了。自動起動が許可されていて,キューのフェイルオーバ・リスト ( 存在する場合 ) 内で次に使用できるノードへの,ノードのキュー・マネージャの自動起動キューの強制的なフェイルオーバ。

  • キュー・マネージャの自動起動キューの,ノードへのフェイルオーバの禁止。

省略時の設定では,このコマンドは,コマンドを入力したノードに対して作用します。異なるノードのキューを終了するには,/ON_NODE 修飾子でノード名を指定します。

省略時の設定では,このコマンドは,省略時の設定のキュー・マネージャ SYS$QUEUE_MANAGER によって管理されている自動起動キューに作用します。 /NAME_OF_MANAGER 修飾子を使用すると,( そのノードにある ) 別のキュー・マネージャの自動起動キューの自動起動を禁止します。

STOP/QUEUES/ON_NODE コマンドは,キュー・マネージャによって管理されている,該当するノードのすべての自動起動と非自動機能の実行キューに作用します。このコマンドによって終了した自動起動キューは自動起動が有効のままとなり,作用されるノード,またはキューをフェイルオーバできるノードで ENABLE AUTOSTART コマンドが実行されると再起動します。このコマンドによって終了した自動起動しないキューはそれぞれ,キュー名を指定した START/QUEUE コマンドで起動しなければなりません。

自動起動キューを使用している場合は,DISABLE AUTOSTART/QUEUES コマンドも実行します。DISABLE AUTOSTART/QUEUES と STOP/QUEUES/ON_NODE の関係についての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』のキューに関する章の,システムをシャットダウンする前のキューの終了の節を参照してください。

STOP/QUEUES/ON_NODE コマンドは,シャットダウン・コマンド・プロシージャ SYS$SYSTEM:SHUTDOWN.COM に含まれています。SHUTDOWN.COM を使用しないでノードをシャットダウンする場合は,はじめに STOP/QUEUES/ON_NODE コマンドを実行します。ノードをシャットダウンする前のキューの終了についての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』のキューに関する章を参照してください。


修飾子



/NAME_OF_MANAGER=名前

キューを制御しているキュー・マネージャで終了させるもの名前を指定します。

/NAME_OF_MANAGER 修飾子を省略すると,省略時の設定のキュー・マネージャ SYS$QUEUE_MANAGER が使用されます。複数のキュー・マネージャについての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』のキュー・マネージャに関する章を参照してください。


#1
$ STOP/QUEUES/ON_NODE

この例で STOP/QUEUES/ON_NODE コマンドは,コマンドを発行したノードのキューをすべて終了します。自動起動機能は,このノードのすべての自動起動キューに対して禁止されます。

だだし,キュー・マネージャ・プロセスは実行を続けて,OpenVMS Cluster にある他のノードの終了していないキューにある,実行を要求されているジョブをスケジューリングします。

/NAME_OF_MANAGER 修飾子が指定されていないため,このコマンドは,省略時の設定のキュー・マネージャ SYS$QUEUE_MANAGER によって管理されるキューにだけ作用します。

#2
$INITIALIZE/QUEUE-
_$/AUTOSTART_ON=(JADE::,RUBY::,OPAL::)/BATCH/START BATCH_1
$ENABLE AUTOSTART/QUEUES/ON_NODE=JADE
$ENABLE AUTOSTART/QUEUES/ON_NODE=RUBY
   .
   .
   .
$ STOP/QUEUES/ON_NODE=JADE
$ SHOW QUEUE BATCH_1
Batch queue BATCH_1, idle, on RUBY:: 
 

この例で INITIALIZE/QUEUE コマンドは,ノード JADE,RUBY,または OPAL で実行できる自動起動キュー BATCH_1 を作成します。 /START 修飾子は,このキューの自動起動を有効にします。最初の ENABLE AUTOSTART/QUEUES コマンドは,ノード JADE にあるすべての自動起動キューの自動起動を有効にするため,そのノードで BATCH_1 キューの処理が開始されます。2 番目の ENABLE AUTOSTART/QUEUES コマンドは,ノード RUBY にあるすべての自動起動キューの自動起動を有効にします。

後から,ノード JADE をクラスタから削除する場合を考えます。この例で STOP/QUEUES/ON_NODE コマンドは,クラスタ全体のキュー・マネージャを終了させずに,ノード JADE のすべてのキューを終了します。これによって,自動起動キュー BATCH_1 は,フェイルオーバ・リスト内で次に使用できるノード RUBY にフェイルオーバします。 STOP QUEUES/ON_NODE コマンドが自動起動を禁止するため,後からノード JADE で自動起動キューを実行するには,リブート時にそのノードで ENABLE AUTOSTART/QUEUES コマンドを実行しなければなりません。

/NAME_OF_MANAGER 修飾子が指定されていないため,このコマンドは,省略時の設定のキュー・マネージャ SYS$QUEUE_MANAGER に管理されるキューにだけ作用します。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項