日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



キューを終了させ,制御をシステムに戻します。再起動していないジョブはただちに強制終了されます。

/QUEUE 修飾子はオプションですが,/RESET 修飾子は指定しなければなりません。

キューへの管理(M)アクセス権が必要です。


形式

STOP/QUEUE/RESET キュー名[:]


パラメータ



キュー名[:]

リセットしたいキューの名前を指定します。

説明

STOP/QUEUE/RESET コマンドを実行すると,システムがコマンドを受け取るとすぐに,そのキューは終了します。キュー・マネージャは実行中のジョブを終了するよう要求しますが,ジョブの終了を待たず,これらのジョブは強制終了またはキューに再登録されます。再起動できる現在実行中のジョブは,キューに再登録され処理されます。再起動できない現在実行中のジョブは強制終了されるので,再度キューに登録しなければなりません。省略時の設定では,プリント・ジョブは再起動できます。SUBMIT/RESTART コマンドを使用していれば,バッチ・ジョブは再起動できます。 キューを再起動させるには,START/QUEUE コマンドを使用します。

自動起動キューの場合,STOP/QUEUE/RESET コマンドはキューを終了させ自動機能を無効にし,自動的に起動させることはできなくなります。そのため,プリンティング・デバイスに故障があり修理する時には,このコマンドを使用して自動起動キューが自動的に起動しないようにします。自動機能キューを再度有効にするには,START/QUEUE コマンドを使用します。


#1
$ INITIALIZE/QUEUE/AUTOSTART_ON=MYNODE::LPAO/START LPA0
$ENABLE AUTOSTART/QUEUES/ON_NODE=MYNODE
   .
   .
   .
$STOP/QUEUE/RESET LPA0
$START/QUEUE LPA0

この例の INITIALIZE/QUEUE コマンドは,LPA0 という名前の自動起動出力キューを作成します。/START 修飾子が指定されているので,キューは自動起動キューになります。ENABLE AUTOSTART/QUEUE コマンドによりキューは実行されます。

プリンタ LPA0:: の用紙がなくなった場合を考えてみます。 STOP/QUEUE/RESET コマンドでキュー LPA0 を終了させます。現在実行中のジョブは止められキューに再登録されます。また STOP/QUEUE/RESET コマンドは,キューの自動起動を無効にします。そのためプリンタ用紙を補充している間に,キューが再起動することはありません。

用紙を補充しプリンタがロードされたら,START/QUEUE コマンドを実行して自動起動を有効にします。これにより,キュー・マネージャは自動的にキューを起動することができます。

#2
$ STOP/QUEUE/RESET TEXBATCH

この例の STOP/QUEUE/RESET コマンドは,バッチ・キュー TEXBATCH を終了させます。/RESTART 修飾子を指定して登録した現在実行中のジョブは,キューが再起動するとキューに再登録され処理されます。 /RESTART 修飾子を指定せずに登録した現在実行中のジョブは,ユーザがキューに再登録する必要があります。


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡