日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



実行中のジョブの処理がすべて終了した後で,指定したキューを終了します。新しいジョブの処理は開始されません。

/QUEUE 修飾子は省略できますが,/NEXT 修飾子は必須です。

キューへの管理(M)アクセス権が必要です。


形式

STOP/QUEUE/NEXT キュー名[:]


パラメータ



キュー名[:]

終了させるキューの名前を指定します。

説明

STOP/QUEUE/NEXT コマンドは,現在処理中のジョブがすべて実行されてから,キューを終了します。新しく開始されるジョブはありません。

キューの割り当ての解除,削除,またはマージを行う場合は,その前に STOP/QUEUE/NEXT コマンドを実行してください。これは,STOP/QUEUE/NEXT コマンドによって,キューを変更する前に,現在実行中のすべてのジョブの処理を終了できるためです。プリント・デバイスの保守を実行する必要がある場合も,このコマンドを使用してキューを終了することができます。キューを再起動するには,START/QUEUE コマンドを使用します。

自動起動キューの場合,STOP/QUEUE/NEXT コマンドはキューを終了して,自動起動を無効にするため,キューが自動的に起動することはありません。このため,プリント・デバイスが予定した保守を実行する必要がある場合には,このコマンドを使用して,自動起動キューが誤って再起動しないようにできます。キューの自動起動を再度有効にするには,START/QUEUE コマンドを使用します。


#1
$ STOP/QUEUE/NEXT LASER_PRINT
 

この例で STOP/QUEUE/NEXT コマンドは,LASER_PRINT キューを終了する準備をします。現在プリント中のジョブは完了しますが,新しいジョブの開始は許可されません。現在処理中のジョブが完了すると,キューが終了します。

LASER_PRINT が自動起動キューの場合は, START/QUEUE コマンドを実行するまで自動的に起動することはありません。

#2
$ STOP/QUEUE/NEXT BATCH_1
$ SHOW QUEUE/ALL BATCH_1
Batch queue BATCH_1, stopped, on JADE::
$ DELETE/QUEUE BATCH_1
 

この例では,BATCH_1 バッチ・キューを削除する方法を示します。はじめに STOP/QUEUE/NEXT コマンドを実行して,キューにある現在処理中のジョブが終了した後にキューを終了します。次に,SHOW QUEUE/ALL コマンドを実行して,キューに待ち状態のジョブがないことを確認します。画面には,待ち状態のジョブがないと表示されています。最後に,DELETE/QUEUEコマンドを実行して,BATCH_1 キューを削除します。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項