日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

キューの利用者識別コード (UIC) を変更します。『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』の説明に従って,標準形式を使用して UIC を指定します。

/PROCESSOR=ファイル名

/NOPROCESSOR

キューが初期化されたファイルのファイル名を変更するには, OPER ( オペレータ ) 特権が必要です。

出力実行キューに標準以外のプリント・シンビオントを指定できます。 /PROCESSOR 修飾子のパラメータには,任意の有効なファイル名を指定することができます。システムは,デバイスおよびディレクトリ名の SYS$SYSTEM とファイル・タイプ .EXE を追加します。出力キューにこの修飾子を使用すると,実行するシンビオント・イメージは SYS$SYSTEM:filename.EXE になります。

省略時の設定では,SYS$SYSTEM:PRTSMB.EXE が,出力実行キューに対応したシンビオント・イメージです。

/NOPROCESSOR 修飾子を指定すると,/PROCESSOR 修飾子を使用して設定した前の設定はすべて取り消され,SYS$SYSTEM:PRTSMB.EXE が使用されます。

/PROTECTION=(所有権[:アクセス],...)

OPER(オペレータ) 特権,またはキューへの制御 (C) および実行 (E) アクセス権が必要です。

キューの保護を指定します。

  • 所有権パラメータには,システム (S),オーナ (O),グループ (G),ワールド (W) のいずれか 1 つを指定します。

  • アクセス・パラメータには,読み込み (R),キューに登録 (S),管理 (M),または削除 (D) を指定します。アクセス・パラメータの指定がないときは,アクセスできないことを意味します。

保護コードを 1 つだけ指定する場合は,括弧を省略できます。

保護コードの指定についての詳細は,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』を参照してください。利用者識別コードに基づいた保護によるキュー操作の制御についての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。

/RAD=n

キューに割り当てられたバッチ・ジョブを実行する RAD 番号を指定します。 RAD 番号に指定できる有効な値は,0 から $GETSYI アイテム・コード SYI$_RAD_MAX_RADS によって戻される値までの正の整数です。

RAD は, AlphaServer GS シリーズ・システムでサポートされ, OpenVMS V8.4 以降は NUMA 対応の Integrity サーバでもサポートされます。

/RECORD_BLOCKING

/NORECORD_BLOCKING

シンビオントが出力デバイスへ転送する出力レコードを連結 ( ブロック化 ) できるかどうかを決めます。/NORECORD_BLOCKING 修飾子を指定すると,シンビオントは,入出力要求ごとに各レコードを出力デバイスに送信します。標準の OpenVMS プリント・シンビオントの場合は,レコードをブロック化すれば,シングル・レコード・モードよりも性能を大幅に向上させることができます。

/RETAIN[=オプション]

/NORETAIN

ジョブを実行した後に,それらを保持状態でキューに保留します。 /NORETAIN 修飾子を使用すると,そのキューを省略時の設定に再設定できます。使用可能なオプションは,次のとおりです。

ALL 実行後,キューのジョブをすべて保留します。
ERROR 正常に終了できなかったジョブだけを保留します。

PRINT,SUBMIT,または SET ENTRY コマンドに /RETAIN 修飾子を指定すると,ジョブに対するジョブ保持オプションを要求できます。ただし,キューに指定したジョブ保持オプションは,そのキューに要求されたすべてのジョブの保持オプションを無効にします。

/SCHEDULE=[NO]SIZE

出力キューで待ち状態にあるジョブが,ジョブのサイズに基づいてプリント・キューにスケジューリングされるかどうかを指定します。 /SCHEDULE=SIZE 修飾子が有効な場合は,小さいジョブから大きいジョブの順にプリントされます。/SCHEDULE=NOSIZE 修飾子が有効な場合には,ジョブはサイズに関係なく,キューに登録された順序でプリントされます。

キューのいずれかに待ち状態のジョブがあるときにこのコマンドを実行すると,その後のジョブの順序は予測できなくなります。

/SEARCH="検索文字列"

指定した文字列を含むページからプリントを再開するように指定します。文字列の検索は順方向に行われ,現在のページの次のページから開始されます。検索の間,連続するタブとスペースは単一のスペースとみなされ,大文字小文字の区別はありません。検索文字列には 1 〜 63 文字の文字列を指定します。また,文字列全体を二重引用符(" ")で囲みます。この修飾子は,一時停止状態の出力実行キューを再起動する場合にだけ使用します。

/SEPARATE=(オプション[,...])

/NOSEPARATE

出力実行キューに必須のキュー・オプションまたはジョブ区切りオプションを指定します。ジョブ区切りオプションは,PRINTコマンドでは変更できません。

/SEPARATE 修飾子と /GENERIC 修飾子は同時に使用できません。

ジョブの区切りに関するオプション次のとおりです。

[NO]BURST バースト・ページのバーを含む 2 つのジョブ・フラグ・ページを,各ジョブの先頭にプリントするかどうかを指定します。
[NO]FLAG ジョブのフラグ・ページを各ジョブの先頭にプリントするかどうかを指定します。
[NO]TRAILER ジョブのトレーラ・ページを各ジョブの末尾にプリントするかどうかを指定します。
[NO]RESET=(モジュール[,...]) このキューで使用するジョブ・リセット・シーケンスをデバイス制御ライブラリの中から指定します。指定されたモジュールがデバイス制御ライブラリから取り出されて,各ジョブの終わりにデバイスをリセットします。リセット動作はファイル・トレーラの後とジョブ・コントローラの前に行われます。したがって,ジョブの区切りのためのページはすべて,デバイスがリセット状態においてプリントされることになります。

/SEPARATE=BURST を指定すると,[NO]FLAG 区切りオプションは,ジョブの前にプリントされる 2 つのフラグ・ページに対して,フラグ・ページの追加(または削除)を行いません。

変更できるキュー・オプションの設定についての詳細は, /DEFAULT 修飾子の説明を参照してください。

必須のキュー・オプションの指定についての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。

/TOP_OF_FILE

出力実行キューが一時停止したときに処理中であったファイルの先頭から,プリントを再開します。この修飾子は,一時停止状態の出力実行キューを再起動する場合にだけ使用します。

/WSDEFAULT=n

バッチ・ジョブに対して,ワーキング・セットの省略時の設定の値,つまりジョブが使用できる物理ページ数の省略時の設定の値を定義します。この修飾子を指定すると,UAF に指定された値は使用されず,修飾子の値が使用されます。

この修飾子は,出力実行キューにも指定できます。その場合,シンビオント・プロセスが作成されるときに, /WSDEFAULT 修飾子が,実行キューのシンビオント・プロセスに対するワーキング・セットの省略時の値を設定します。

Alpha システムの場合はページレット単位 (1 ページレットは 512 バイト) で n の値を指定します。オペレーティング・システムは,この値は,内部でページ単位に切り上げられるため ( 1 ページの大きさは,CPU によって異なることがあります),Alpha システムでは,実際に使用できる物理メモリの量は指定したものより大きくなることがあります。

値 0 または NONE を指定すると,UAF または SUBMIT コマンドで指定した値がワーキング・セットの省略時の設定の値になります。

ワーキング・セットの省略時の設定によるバッチ・ジョブの影響についての詳細は, 表 DCLII-22 を参照してください。

/WSEXTENT=n

バッチ・ジョブに対して,ワーキング・セット超過値,つまりジョブが使用できる物理メモリの最大値を定義します。ジョブは,システムに未使用ページが余っている場合にだけ,物理メモリの最大値を使用します。この修飾子を指定すると, UAF に指定された値は使用されず,修飾子の値が使用されます。

この修飾子は,出力実行キューにも指定できます。その場合,シンビオント・プロセスが作成されるときに, /WSEXTENT修飾子が,出力実行キューのシンビオント・プロセスに対するワーキング・セットの省略時の値を設定します。

Alpha システムの場合はページレット単位 (1 ページレットは 512 バイト) で n の値を指定します。オペレーティング・システムは,この値は,内部でページ単位に切り上げられるため (1 ページの大きさは, CPU によって異なることがあります),Alpha システムでは,実際に使用できる物理メモリの量は指定したものより大きくなることがあります。

値 0 または NONE を指定すると,UAF または SUBMIT コマンドで指定した値がワーキング・セットの省略時の設定の値になります。

ワーキング・セット超過値によるバッチ・ジョブの影響についての詳細は, 表 DCLII-22 を参照してください。

/WSQUOTA=n

バッチ・ジョブに対して,ワーキング・セット制限値,つまりジョブに対して保証される物理メモリの量を定義します。この修飾子を指定すると,UAF に指定された値は使用されず,修飾子の値が使用されます。

この修飾子は,出力実行キューにも指定できます。その場合,シンビオント・プロセスが作成されるときに, /WSQUOTA修飾子が,出力実行キューのシンビオント・プロセスに対するワーキング・セットの省略時の値を設定します。

OpenVMS Alpha の場合はページレット単位(1 ページレットは 512 バイト)で nの値を指定します。オペレーティング・システムは,この値は,内部でページ単位に切り上げられるため (1 ページの大きさは CPU によって異なることがあります),Alpha システムでは,実際に使用できる物理メモリ量は指定したものより大きくなる可能性があります。

値 0 または NONE を指定すると,UAF または SUBMIT コマンドで指定した値 (指定している場合) がワーキング・セット制限値の省略時の設定になります。

ワーキング・セットの省略時の設定の値,ワーキング・セット制限値,およびワーキング・セット超過値は,UAF システムの各ユーザ・レコードに含まれています。キュー中の各ジョブに対して,またはすべてのジョブに対して,ワーキング・セット値を指定できます。ワーキング・セット・サイズとワーキング・セット制限値を含むさまざまな組み合わせの指定,およびその処理を, 表 DCLII-22 に示します。

表 DCLII-22 ワーキング・セットの省略時の設定,超過値,および制限値の決定
SUBMIT
コマンドによって
指定される値
キュー
に指定される値
処理
No No UAF値を使用します。
No Yes キューの値を使用します。
Yes Yes 2つの値のうち小さい方を使用します。
Yes No 指定した値とUAFを比較して,小さい方を使用します。


#1
$ STOP/QUEUE  LPA0
$ START/QUEUE/TOP_OF_FILE  LPA0
 

この例で STOP/QUEUE コマンドは,プリント・キュー LPA0 で現在実行中のジョブを中断して,そのキューを一時停止状態にします。 START/QUEUE コマンドは,そのキューを一時停止状態から解除します。 /TOP_OF_FILE 修飾子を指定しているので,中断されたジョブは,割り込まれた箇所ではなくファイルの先頭からプリントを再開します。

#2
$ INITIALIZE/QUEUE  LPA0
   .
   .
   .
$ START/QUEUE/DEFAULT=FLAG  LPA0
 

この例で INITIALIZE/QUEUE コマンドは,LPA0 という名前のキューを初期化します。その後,START/QUEUE コマンドを使用して,このキューを起動します。 /DEFAULT 修飾子を指定しているので,各ジョブのそれぞれのファイルの先頭にフラグ・ページが付きます。

#3
$ START/QUEUE/DEFAULT=FORM=LN01_PORTRAIT LN01_PRINT

この例で START/QUEUE コマンドは,省略時の設定のプリント形式 LN01_PORTRAIT で LN01_PRINT キューを再起動します。

#4
$ INITIALIZE/QUEUE/START/GENERIC=(A,B)  MYQUEUE
.
.  [new printers X and Y are brought in at a later date]
.
$ STOP/QUEUE/NEXT MYQUEUE
$ START/QUEUE/GENERIC=(X,Y) MYQUEUE
 

この例では,汎用キュー用のターゲット・ノードのリストを変更します。なお,このキューは,以前に汎用キューとして初期化されています。

#5
$ START/QUEUE/RAD=1 BATCHQ1
 
$ SHOW QUEUE/FULL BATCHQ1
Batch queue BATCHQ1, idle, on QUEBID::
 /BASE_PRIORITY=4 /JOB_LIMIT=3 /OWNER=[SYSTEM]
 /PROTECTION=(S:M,O:D,G:R,W:S) /RAD=1

この例は,割り当てられたすべてのジョブを RAD 1 の QUEBID で実行するように BATCHQ1 を変更し,キューが処理のためのジョブを受け入れられるように準備します。


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡