日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



マルチブロック数,マルチバッファ数,ネットワーク転送サイズ,プロローグ・レベル,拡張サイズ,およびクエリー・ロック・オプションの現在の省略時の値を表示します。

形式

SHOW RMS_DEFAULT


説明

SHOW RMS_DEFAULT コマンドは,OpenVMS レコード管理サービス (RMS) がファイル操作に使用する省略時のマルチバッファ数,マルチブロック数,ネットワーク・ブロック数,プロローグ・レベル,拡張サイズ,およびクエリー・ロック・オプションの情報を表示します。これらの値は,現在のプロセス・レベルとシステム・レベルの両方で提供されます。

SHOW RMS_DEFAULT コマンドは,順編成ファイルの3つのクラス (ディスク,磁気テープ,ユニット・レコード) の値を含め,ファイル・タイプごとのマルチバッファ数値をリストします。


修飾子



/OUTPUT[=ファイル指定]

/NOOUTPUT

コマンドの出力先を指定します。省略時の設定は SYS$OUTPUT です。ファイル指定にワイルドカード文字は使用できません。 /OUTPUT 修飾子に,部分的なファイル指定(たとえば,ディレクトリだけ) を指定した場合は,SHOW という省略時のファイル名と, LIS という省略時のファイル・タイプが使用されます。

/NOOUTPUT 修飾子を指定した場合は,何も出力されません。


#1
$ SHOW RMS_DEFAULT
        MULTI- |               MULTIBUFFER COUNTS            | NETWORK
        BLOCK  | Indexed Relative         Sequential         | BLOCK
        COUNT  |                  Disk  Magtape  Unit Record | COUNT
Process   0    |    0        0      0      0         0       |   0
System   16    |    0        0      0      0         0       |   8
         Prolog    Extend Quantity      VCC_DFW     QUERY_LOCK
Process    0              0                0        System
System     0              0                0        Enabled
         CONTENTION_POLICY
Process      System
System       Never
 
 

この SHOW RMS_DEFAULT コマンドは,システム・マルチブロック数が 16 であり,ネットワーク・ブロック数が 8 であることを示しています。これらの値は典型的な値です。プレースホルダ VCC_DFW は,現在弊社に予約されています。




システム・ルートの現在の値,および定義されている場合はプロセス・ルートを表示します。

形式

SHOW ROOT


#1
$  SHOW ROOT
DISK1:[000000]
$  SET ROOT DISK5:[ PSX$ROOT]
 
$ SHOW ROOT
DISK5:[ PSX$ROOT]
$

この例の SHOW ROOT コマンドは,現在のルート・パスを表示します。 SET ROOT コマンドはデフォルト値を変更し,次の SHOW ROOT コマンドでは新しいデフォルト・ルートが表示されます。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項