日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



現ノード上で,大容量記憶制御プロトコル (MSCP) サーバによって制御されているデバイスに関する情報を表示します。/SERVED 修飾子は必須です。

形式

SHOW DEVICES/SERVED


説明

SHOW DEVICES/SERVED コマンドは, MSCP サーバとそれがサービスするデバイスについての情報を表示します。この情報は,主にシステム管理者が使用します。テープ・サーバがロードされていない場合にユーザが SHOW DEVICE/SERVED コマンドを実行すると,次のメッセージが表示されます。

%SHOW-E-TMSCPNOTLD, TMSCP-Server code not loaded 


修飾子



/ALL

この修飾子は,次に示されているすべての修飾子 ( ただし /OUTPUT 修飾子を除く ) によって表示される情報を表示します。

/COUNT

終了した転送操作の数を,転送のサイズによって並べ換えて表示します。また,MSCP サーバが開始してから実行された MSCP 操作の回数を表示します。

/EXACT

/PAGE=SAVE および /SEARCH 修飾子とともに使用し,大文字と小文字を区別した文字列検索を指定します。この場合,検索文字列は二重引用符で囲まなければなりません。

/SEARCH 修飾子を指定せずに /EXACT 修飾子を指定した場合, "Find キー" (E1)を押すと文字列検索が有効になります。

/HIGHLIGHT[=キーワード]

/PAGE=SAVE および /SEARCH 修飾子とともに使用し,一致した検索文字列の強調表示方法を指定します。一致した検索文字列があった場合は,行全体が強調されます。キーワードには,BOLD, BLINK, REVERSE, および UNDERLINE を指定できます。省略時の設定は BOLD です。

/HOST

MSCP に制御されているオンライン状態のデバイスを持つ,プロセッサ名を表示します。 SYSGEN(System Generation ユーティリティ ) の MSCP/HOST コマンドは, OpenVMS Cluster 内で一度に MSCP サーバに対して接続できるホスト数を決定します。

/OUTPUT=[ファイル指定]

ターミナルへの出力を,指定したファイルに出力します。ファイルを指定しなかった場合や,この修飾子を使用しなかった場合には, SYS$OUTPUT に出力されます。

/PAGE[=キーワード]

/NOPAGE (省略時の設定)

コマンド出力の画面表示の方法を制御します。

/PAGE 修飾子には次のキーワードを指定できます。

CLEAR_SCREEN ページモードで表示(毎回画面を消去する)
SCROLL スクロールモードで表示(毎回画面を消去しない)
SAVE[= n] n ページ分の履歴を保持する(前ページに戻ること等が可能)

/PAGE=SAVE 修飾子を指定すると最大 5 画面(最大 255 カラムまで)分の履歴を保存できます。画面移動には以下のキーを使用します。

キー・シーケンス 説明
Up arrow key, Ctrl/B 1行スクロールアップ
Down arrow key 1行スクロールダウン
Left arrow key 1カラム左シフト
Right arrow key 1カラム右シフト
Find (E1) 文字列検索を起動
Insert Here (E2) 半画面右シフト
Remove (E3) 半画面左シフト
Select (E4) 80/132 カラム切替え
Prev Screen (E5) 前ページに移動
Next Screen (E6), Return, Enter, Space 次ページに移動
F10, Ctrl/Z 終了(ユーティリティによっては異なる)
Help (F15) ヘルプ・テキストを表示
Do (F16) 最新(現在)画面と(履歴内で)最古画面の切り替え
Ctrl/W 再表示

/PAGE 修飾子は /OUTPUT 修飾子とは同時に使用できません。

/RESOURCE

MSCP サーバの制御するデバイスへの入出力要求を処理するときに, MSCP サーバが使用できるリソースに関する情報を表示します。

MSCP サーバを開始するために SYSGEN の MSCP コマンドで MSCP_BUFFER, MSCP_CREDITS,MSCP_LOAD,MSCP_SERVE_ALL などのシステム・パラメータを使用することで,これらのリソースを使用できるようになります。

詳細については,『OpenVMS Cluster システム』あるいは SYSGEN のオンライン・ヘルプを参照してください。

/SEARCH="検索文字列"

/PAGE=SAVE 修飾子とともに使用し,表示される情報内で検索したい文字列を指定します。文字列にスペース文字等を入れたい場合は,検索文字列は二重引用符で囲まなければなりません。

情報が表示されている時に Find(E1) キーを押すと,検索文字列を動的に変更することができます。この場合は,引用符は必要ありません。


#1
$ SHOW DEVICES/SERVED
       MSCP-Served Devices on BIAK 28-MAY-2001 13:48:01.32 
 
                                             Queue Requests 
Device:          Status   Total Size     Current    Max    Hosts 
    11$DUA8      Online      2376153           0      2        6 
    11$DUA9       Avail      2376153           0      0        0 
    11$DUA10     Online      2376153           0      2        8 
    11$DUA11     Online      2376153           0      2        7 
    11$DUA13     Online      2376153           0      2        7 
    11$DUA14      Avail      2376153           0      0        0 
    11$DUA16      Avail      2376153           0      0        0 
    11$DUA17      Avail      2376153           0      0        0 
    11$DUA18     Online      2376153           0      1        4 
    11$DUA19     Online      2376153           0      4        7 
    11$DUA20     Online      2376153           0      1        7 
    11$DUA21     Online      2376153           0     17       12 

SHOW DEVICES/SERVED コマンドの出力例を示しています。第 1 カラムは MSCP サーバの管理するデバイスを,第 2 カラムはそのデバイスの状態を,第 3 カラムはそのデバイスの総サイズをブロック単位で示しています。

第 4 カラム (Queue Requests) はそのデバイスに対する,現在の待ち I/O 要求数,および現在までの待ち I/O 要求数の最大値です。最後のカラムは,そのデバイスがオンライン状態となっているノードの数です。

#2
$ SHOW DEVICES/SERVED/COUNT
       MSCP-Served Devices on BIAK 28-MAY-2001 13:49:52.41 
  . 
  . 
  . 
Request Count: 
     0-7:   951154      32-39:     2168        88-103:     1618 
    8-15:   197224      40-55:     2543       104-127:      189 
   16-23:   137707      56-71:     8343 
   24-31:      982      72-87:      141 
 
Operations Count: 
   ABORT            0   ERASE          22772   READ       1042206 
   ACCESS           0   FLUSH              0   REPLACE          0 
   AVAILABLE      611   GET COM STS        0   SET CTL CHR    176 
   CMP CTL DAT      0   GET UNT STS  4026024   SET UNT CHR   3630 
   CMP HST DAT      0   ONLINE           427   WRITE       259953 
   Total      5355799 

SHOW DEVICES/SERVED/COUNT コマンドの出力例を示しています。コロン (:) の左側にあるハイフン (-) で区切られた数字は I/O 要求のページ数です。コロンの右側にあるのは,MSCP サーバの処理した要求数です。

次の Operations Count というラベルの付いた表示は, MSCP サーバが処理した MSCP 操作の回数です。この例では, set-controller-characteristics (SET CTL CHR) 操作を 176 回実行し, set-unit-characteristics (SET UNT CHR) 操作を 3630 回実行しています。

#3
$ SHOW DEVICES/SERVED/RESOURCE
       MSCP-Served Devices on BIAK 28-MAY-2001 13:51:32.01 
  . 
  . 
  . 
Resources:         Total      Free      In Use 
    Buffer Area:     400       400           0 
    I/O Packets:       0         0 
 
                 Current   Maximum 
    Buffer Wait:       0         0 

SHOW DEVICES/SERVED/RESOURCE コマンドの出力例を示しています。 Total カラムは,バッファ領域のサイズ ( ページ数 ) と MSCP サーバが使用するために確保されている I/O 要求パケット数の総数を示します。 Free カラムは,バッファ領域の空きサイズ ( ページ数 ) と I/O 要求パケット数の空き数を示しています。

In Use カラムは,バッファ領域内で使用中のページ数を示しています。

Buffer Wait というラベルのついた行は,バッファ領域の確保待ちをしている I/O 要求数と,その数の今までの最大値です。

#4
$ SHOW DEVICES/SERVED/HOST
       MSCP-Served Devices on BIAK 28-NOV-2001 13:54:41.99 
  . 
  . 
  . 
                                           Queue Requests 
Host:            Time of Connection      Current    Max   Devices 
    IPL31     25-MAY-2001 21:44:06.44          0      1         0 
    DELAND    25-MAY-2001 21:44:09.98          0      1         0 
    HEAVEN    25-MAY-2001 22:03:15.67          0      7        10 
    VIVA      26-MAY-2001 09:44:11.96          0      1         0 
  . 
  . 
  . 

SHOW DEVICES/SERVED/HOST コマンドの出力例を示しています。第 1 カラムは,MSCP サーバに接続したクラス・ドライバ持つホスト名,次のカラムはその接続時刻を示しています。

Queue Requests カラムは,デバイスで現在実行中している I/O 要求の値,一度に処理した I/O 要求の最大値,およびそのホストでオン・ライン状態にあるデバイスの数です。

#5
$ SHOW DEVICES/SERVED
       MSCP-Served Devices on HEN  3-DEC-2001 09:09:08.49 
                                         Queue Requests 
Device:         Status   Total Size    Current   Max  Hosts 
   254$DJB1      Avail            0          0     0      0 
   254$DUA2     Online      1216665          0     0      1 
   254$DUA4006   Avail            0          0     0      0 
 
      TMSCP-Served Devices on HEN  3-DEC-2001 09:09:08.74 
                                         Queue Requests 
Device:         Status    Position     Current   Max  Hosts 
   90$MUA7       Avail            0          0     0      0 
   90$MUA8       Avail            0          0     0      0 
   90$MUA50     Online         3804          0     0      0 

これは MSCP サーバと TMSCP サーバ・デバイスの両方を接続しているノードからの SHOW DEVICES/SERVED コマンドの出力例を示しています。 MSCP サーバディスク・デバイスの第 3 カラムは,ディスク・デバイスのサイズを示しています。 TMSCP サーバの同じカラムには各テープの位置を示してします。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項