日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



会計情報の収集されているリソースを表示します。

形式

SHOW ACCOUNTING


説明

システムのノードごとに,現在の会計情報ファイルがあります。 SHOW ACCOUNTING コマンドを使用すれば,このファイルで追跡されているリソースがわかります。

SHOW ACCOUNTING コマンドを実行しても,プロセスによって使用されるリソースが追跡されない場合が 2 つあります。

  • /NOACCOUNTING 修飾子を指定した RUN( プロセス ) コマンドを使用する場合

  • PRC$M_NOACNT 状態フラグをセットして $CREPRC システム・サービスを使用する場合

同様に,SHOW ACCOUNTING コマンドを実行しても,イメージによって使用されるリソースが常に追跡される場合が1つあります。

  • Install ユーティリティの /ACCOUNTING 修飾子を使用して,イメージをインストールする場合

SHOW ACCOUNTING コマンドは,画面表示を出力します (「例」を参照してください )。表示のキーワード ( 大文字 ) は,2 つのカテゴリに分類されます。

  • 追跡されているリソースの種類を示すキーワード

    キーワード リソースの種類
    IMAGE イメージが使用するリソース
    LOGIN_FAILURE ログイン失敗で使用されるリソース
    MESSAGE ($SNDJBCシステム・サービスを呼び出して) 会計情報ファイルへ書き込まれる未フォーマット・リソース・レコード
    PRINT プリント・ジョブが使用するリソース
    PROCESS プロセスが使用するリソース

  • 追跡されているプロセスの種類を示すキーワード。プロセスまたはイメージのリソースが追跡される場合,次のキーワードはプロセス・タイプを表します。

    キーワード プロセスの種類
    BATCH バッチ・プロセス
    DETACHED 独立プロセス
    INTERACTIVE 会話型プロセス
    NETWORK ネットワーク・プロセス
    SUBPROCESS サブプロセス(親プロセスは,バッチ,独立,会話型,またはネットワーク・プロセス)


修飾子



/OUTPUT[=ファイル指定]

指定したファイルが作成されるディレクトリに対して,読み込み (R) および書き込み (R) のアクセス権が必要です。

アカウント情報の出力先を指定します。省略時の設定では,現在の SYS$OUTPUT デバイスへ出力されます。出力をファイルに書き込む場合は, /OUTPUT 修飾子を使用してファイル名を指定します。

/OUTPUT 修飾子に部分的なファイル指定を指定すると,省略時の設定によりファイル名には .SHOW,ファイル・タイプには .LIS が使用されます。


#1
$ SHOW ACCOUNTING
 
Accounting is currently enabled to log the following activities: 
 
      PROCESS        any process termination 
      IMAGE          image execution 
      INTERACTIVE    interactive job termination 
      LOGIN_FAILURE  login failures 
      NETWORK        network job termination 
      PRINT          all print jobs 
 

例に示されているキーワードは,以下によって使用されているリソースの会計情報を収集していることを示しています。

  • 会話型およびネットワーク・プロセス

  • 会話型およびネットワーク・プロセスで実行されるイメージ

  • ログインの失敗

  • プリント・ジョブ


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項